語学留学したいという、友人に頼まれて、久々にみたニュージーランド航空のサイト
既存の成田空港便に加えて、週3便、羽田空港からの便が増えたことで、NZでの行動の選択肢が増えました。

もともと、最安値が解かりやすい、ユーザーフレンドリーなサイトでしたが
なんと、今は、下のほうに、各ツアー会社へのリンクが!!!
ニュージランド航空・公式サイト
さすがに航空会社のリンクなら破産しそうな会社は入ってない・・・と信じたいけど、つい老舗に目がいくのは、仕方ないところ・・・

ニュージ―ランド航空のサイトがリニューアルしてトリバゴ化かと(^o^;)

羽田からの直行便が3便になったAirNZ

そういえば羽田-オークランド直行便ができるって、メール来てたなぁ、とチェックしてみたら、なんと、ビジネスが片道で10万くらい安い!
往復だと20万!!!

就航記念の破格値セールは6月5日までですが、
日本の夏休みに合わせてか、7月21日からの就航です。

ニュージーランド航空・東京便 時刻表

やはり、旅行者が増えてきたんでしょうか?

最近では安全な旅先の筆頭になっちゃった感もありますよね。

語学と言えば、やはりアメリカや英国が筆頭で、特にクライストチャーチの地震からは、ニュージーランドを選ぶ人はちょっと減ったようでしたが・・・

今や、入国するのが、なかなか面倒になったUSA(カナダ経由などは、空港で足止めになることがあるらしく、2017年現在は、日本人だからって、安心はできないんですよ)に比べたら、のどかだし(^o^;)

入国時はまだ英語に慣れてないし、これから勉強しようって時に、トラブルがあると、出鼻くじかれるような感じで、モチベーションも下がりますよね。

羽田就航記念価格のコスパ

エコノミーなら勿論、払うお金はもっとお安いんですが、どちらがコスパがいいか、となると、ビジネスです。

今回は往路が夜中の飛行になるので、フルフラットだと、直ぐ眠れそうです。

帰路は昼便ですから、寝ないから、フルフラットでなくていい、というなら「往路ビジネス・帰路プレミアムコノミー」という選択肢も、ニュージランド航空だと、サイトで選べるので、便利。

ただ、こういうイレギュラーな組み方すると時は、荷物の重量制限とかに気を付けてくださいね。

ビジネスだと、23㎏が3個という、荷物制限が、かなりポイントたかいです。

以前は、エコノミーしかない国内線では、全部超過料金を取られたんですが、それは解消されています。だって、どうかんがえても、エグかったもんね。

国際線では3個まで行けるから、と現地に着いたら、5kgごとにお金とるんだもん、サイテー( 一一)

今は、国際線に準じて荷物だけはそのままいけるようで、よかったです。

パソコンとか、本など、重い紙の資料や、長期滞在用の荷物などがあるときは、実際かなりコスパがいいです。

羽田便:往路のメリット

往路は月・木・土の3曜日です。

AM1:00発なので、都内在住なら、仕事帰りに乗れるってやつですね。

ラグビ―ファンなどで、弾丸ツアーしたい人には、良い時間帯かも~~

日本からは深夜発になり、子連れにはちょっとしんどいかもしれませんが、ニュージーランドでは、乗り継ぎしても、ロトルア、クライストチャーチやクイーンズタウン、ウェリントンなど主要都市なら夕方には着けるでしょう。

観光はどうしても2日目から、となりますが、キリが良いし、体力的には楽なはず。

不夜城に近い日本から行くと、夜は7時には、ほぼ全部店が閉まっているお国柄ゆえ、ショッピングなどはオークランドでも、せいぜいがDFSか巨人さんのお店。それも9時まですが、フードコートやレストランなどは開いてますので、ゆっくり食事して、寝てください(^o^;)

あ、ちなみにNZはホテルも街場のレストランのお値段が変わらないので、無理して街に繰り出す必要ないから、身体に楽なとこで、英気をやしなってくださいね。

羽田便:往路のデメリット

週に3便しかないことと、成田発だと、8時半ころ着いたので、到着日から、まるまる行動できたところ、15:00頃に着くので、到着日を有効に使えない場合もあるところ。

ニュージーランドへ着いてからは、特にオークランドならさほどのデメリットはないんですが、日本の地方都市からの乗り継ぎが・・・

公式サイトからだと、好きに「羽田」「成田」を選べないことが多いんです。特に関西などKIXがあるので、非常に煩雑。

予約するときは、慎重に読んでくださいね。

ちなみに価格表から便をを選ぶと、上のほうに、自分の選んだ往路・帰路の便が、反映されて出てくるんですが、「詳細」タブをクリックすると、くわしい乗り継ぎ便の情報を見ることができますから、乗り継ぐときは、慎重にチェックしてくださいね。

都内の方なら、単純に深夜発だというくらいで、特にデメリットはない気がするのが、うらやましい。

帰路のメリット

帰路:水・金・日の羽田便がオークランド14:50発になったのは、ウレピー

成田便でも、オークランド市中からは、6時台に出ないとダメだったんですが、他都市からだと朝3時、4時に起きて、も~ろ~として乗り継いでいたのが、人間らしい時間割で動けるようになりました。

いままでは、ヘロヘロで出発するか、乗り継ぎのためだけにオークランド一泊するか、せっかく来たので、オークランド2~3泊するか、なやみどころだったのが、オークランドを素面?でスルーできるようになったのは、わたくし世代にはありがたいことです。

オークランド近郊滞在なら、午前中はゆったりできるので、ロトルアや、ホビット村からなら、その日の朝出発しても、間に合いそうです。

帰路のデメリット

帰路の出発時間が遅いということは、その分、羽田着が遅くなるということ。
羽田着が23:00なので、事実上、税関出たら、24時でしょう。

自家用車ででもない限り、ちょっとでも遅れたら、帰宅がアウトな人も多いでしょうが、羽田に泊まって翌朝、羽田から勤務先へ直行~はできますから、翌日のスケジュールがある人には、日本にすでに到着しているかどうかの差は大きいでしょうね。

う~~ん 羽田は、やっぱりラグビー弾丸ツアー狙いかな?

羽田空港早朝深夜の交通

羽田空港公式・早朝深夜の案内

京急 品川・横浜方面とも24時頃
東京モノレール 終電は24:10 始発は05:17
羽田空港バス

空港直結のホテルは2つ============
国際線ターミナル内にはロイヤルパークホテル ザ羽田があります。

空港直結という利便性のため、価格設定が高めですが「ロイヤルパークホテル ザ羽田」には、ファミリールームというカテゴリーがあるので、家族で使う時は、便利そう。

国内線第二ターミナル(ANAがメインのほう)の出発ロビーに直結しているのが羽田エクセルホテル東急

レディースルームもありますが、スチーマーがあって、お部屋の内装に赤が使われているだけ、とのことで、特別フロアではなさそうです。

チェックイン時間が遅いことには、どちらも慣れていると思いますが、予約の際に、念には念を入れておくくらいでちょうどいいと思います。

なを、帰国時に泊まる場合は、出国するまえに、コートなど、お願いすればたいてい預かってもらえますので、季節が正反対になるニュージランドに行くときは、お願いしてみる、という手もあります。

関西など地方からは

羽田便への接続は、サイトから指定するのは無理みたいです。
ガックシ( 一一)

帰路はいいけど、往路くらいは、羽田乗り継ぎ、したの、ほしかったな(ーoー)
まぁ、そうすっと地方からの予約で、満杯になりそうだからでしょうか。

どうせ他から飛行機でくるのなら、成田でも羽田でもいっしょだろ、という感じですかね~

帰路など、羽田から、わざわざ成田まで移動させる乗り継ぎ便を載せてあったりします。深夜につくわりに羽田~成田間は自分で動けってのが多いので、かなりヒドイ気がするけど・・・

成田から羽田への乗り継ぎがほとんどかな・・・同じ乗り継ぐなら、一晩超えても羽田内でしたいけどねぇ~個人がネットで予約する限界かな。

イレギュラーを求めるなら、ネットは諦めて、旅行代理店にお願いするしかないってことですね。

成田発の国内線は少ないけど、羽田発は沢山あるだけに、釈然としませんが・・・コードシェアなど、複雑になってきたので、個人に開放するには、連動させないとダメだし、危険かもなぁ。

旅行手配で有名なアメックスならしてくれるんですかね~~家人が断りきれず、作らされたアメックス。無料期間が終わるまでに試してみたい気もするなぁ

スポンサードリンク

スポンサードリンク