デカデカと、どうみても「ほうれい線」とは縁がなさそうな美女の一面広告が新聞にでてました。豊麗という大学発のコスメブランド。マリアンナ医大生まれです。
豊麗omote.jpg
え=最初は、わたしもね、ビックリしたのよ
この、いかにも「中華」な色!
ほんとに?大学の?と思いました。

ドクターズコスメって、白とかが多いイメージでしたもの。

見た目の年齢は、まず口のシワって、確かに・・・(-“”-;)
そう、無関係と思ってるあなたでも、半世紀を過ぎた頃から
うっそ==な現実に直面するんです! キッパリ!!!そうよ
豊麗.jpg
やはりシワができる原因の多くは「乾燥」だそうで
これは、ほんっと実感があります(><;) だって、お風呂あがりとか、保湿ジェル塗りたてとか、 「まだまだ、まんざらでもないわね」とキケンな誤解ができちゃいますもん でも、それってスグにガラガラと…ガラスののように崩れ落ち 半時間もたてば、どこに隠れてたか、シワが、シワシワと なかなか、年齢には勝てません そんななか、皮膚科に通う友人が教えてくれたのが、医大発の美容液 「豊麗」口もと年齢美容液…すごい名前だな… 肌全体ではなく、ほうれい線に特化しているところも、研究機関チックですね= もともと、患者さんのために開発されたものがベースなので、安心感があります。 肌には防護のためのバリア機能があるので、ただ、塗ったくらいでは おいそれと、中に入らない。皮膚科学研究チームが、だした結論は「ナノエッグという カプセルで、バリアをかいくぐり、表皮の角層といわれる部分まで、運ぶ」 「豊麗」の凄いところは、まさにソコ。 カプセルも、肌とおなじ成分。 カプセルの中身も、もともと体内にある成分。 なので無理がないのかな、と思います。 このあたり、さすがに、医大だな、という感じ 公式ページのu-tubeの8分くらいのところから、詳しく述べられています。 社名にもなっている特許のナノエッグの構造とか、わかり易い画像で、なかなか面白いですよ。 なまじ、童顔だったりすると、気づくのが遅れて 逆に、お手当もおくれてしまいがち(はい、体験者です) 40代も末近く、になったら、「わたしは大丈夫」って人も 予防する越したことないです 一旦、れれっ、いつのまに、シワ?ってくらいになると、消すのに、最低でも一ヶ月。 28日のターンオーバーまえに、本当に「消える」ことは、無いです。 しかもターンオーバーは年齢につれ、どんどんと周期が長くなっていくので、手ごたえを得るのにも、時間がかかるようになります。 困るのは、お化粧したて、の時くらいは、なんとかなるんですよね。 でも、午後ともなると、どうしても、出てきます。朝しか、ちゃんと鏡をみられないような仕事だと、この変化になかなか気づけず、「朝のイメージ」でずっとキープできてるもんだと誤解してました。 こまめに、下地から、お化粧直しをしても、特に冬は…ダメですねぇ でも、黙って使えば、ぴたりと当たる!もとい、消える! まぁいくら、即効性があるっても、使い切ったころからですが 伸びが良いので、ほうれい線だけってこともなく使えます 半額なら、お試しすべし!です! 医大でありながら、ベンチャー企業として、表彰もされているんですね。 まさに産学一体の株式会社ナノエッグ 公式ページはこちら ↓↓↓↓↓↓↓ 株式会社ナノエッグ

スポンサードリンク

スポンサードリンク