実感としておっそろしく、伸びるというか、増えるというか、のアルマードのアイケア

11月11日がなぜか「美しいまつ毛の日」ということで、毎年かならず、アイケア製品のビッグセールがあります。

2017年は11月8日から13日までですが、アルマードの場合は終了時間は午後5時ですので、気を付けてくださいね(@_@)

個人的にはチュルラー「透明ケア・アイアイ」のほうは、現在の筆のようなタイプより、以前のマスカラタイプのほうが、ぶきっちょなわたくしには使いやすかったのですが・・・

若い方と違い、つかまつ毛とか、エクステとか、は面倒くさいので、それに比べたら、ちょっとくらい使いにくくても、透明だし、はみ出してもどってことない、透明なアイケアは重宝。

以前はケチって、最後までなんとか使おう、と頑張っていたのですが、美容外科の先生に、一年くらいで、スッパリ諦めて、買い替えたほうがいいです、と言われて以来、涙を呑んで?まだ残ってるのを処分しています。

どうしても、目元につかって、また、液に戻す使い方をする性質上、変質のリスクがある、と言われれば、そりゃそうだ。

さらに、使うところがデリケートな部位で、皮膚のうすい目元ということもあり、炎症を起こしてしまうと、やっかいですよ、と追い打ちをかけられると、これはもう、従うほうが無難でございましょう。

まぁ、こっそり、残りは眉毛に使っておりますんですが(^o^;)

最初はまつ毛に使って、残った分を眉毛に使い、新しいのを買った時点で、まつ毛用だったのを、眉毛用にして、眉毛用だったものを処分する、というローテーションですね。

わたくしの主義として、難によらず、いくつかの製品をローテーションして使うのですが、チュルラーの「透明ケア・アイアイEX」は、その中の不動の一つです。

他のメーカー製と交代でつかうようにしてから、いちいち、古いものにマーキングする手間もないし、わかりやすくて、便利です。

マスカラにも、アルマードの卵殻膜の成分は使われているし、使い勝手も良いので、もっぱらチュルラーとフローフシのモテマスカラを交互につかっております。

デジャヴとか、自然派、ミネラルメイクのメーカーさんの製品も使ったことはあるのですが、ブラシと自分の目の相性もあるので、同じメーカーのものでも、ブラシが違うと、ダメだったりと、難しいですね。

いちど、熱中してあれこれ、比べたこともあるですが、さすかに数年まえのことなので、また比べてみてもいいかもなぁ~とは思うのですが、特に不満が無いので、そのままになっております。

マスカラはブラシが使いにくいと、失敗したら色がつくだけに、成長成分とか、落ちやすさより、ブラシ優先になりますが、

まつ毛美容液は、効果優先で選べるし、色が無いので、使いやすくていいです。
アルマード・まつ毛美溶液を見る 》》》



スポンサードリンク

スポンサードリンク