肌断食の平野卿子さんのご本にのっていた情報ですが、わすれそうなので( ..)φメモメモ

知らなかったけど「病原体」ってウイルス・細菌・真菌すべてひっくるめた呼び名だったんですね。

たしかに、どれも、「病」の原因になる(ノ_ _)ノ

たまたま「肌断食」のなかで、過剰な洗浄つながりでかいてあった文章ですが、ウイルスはともかく、他の菌も水だけでおちるのか?ちょっと気になるところです。

たしかにインフルエンザの予防に手洗いはとっても大事だが、ウイルスは粘膜で繁殖するため、粘膜のない手を殺菌する必要はない。手についたウイルスは洗い流すだけで落ちる。
 引用元: p156 最新版 肌断食:スキンケア、やめました:
平野 卿子 ISBN-13: 978-4309278261

 

手洗いについて、特に「真菌」に関してが気になってのでサーチしたら、でてきたサイトです。↓↓↓↓↓↓
「常在細菌と手洗い効果」

なんと、コメントを寄せているのは「肌断食」ゆかりの「北里大学」の准教授。すごい偶然ですね。

水だけでも、丁寧によく洗えばいいようですが、表面の汚れがおちたため、潜んでいた菌が検出されることもある、らしいです。

感染症の病原体それぞれについて・・・

ウイルス:Virus

ウイルスは生物学上は「非生物」で、寄生することができないと、自分だけでは増殖できないんですね(ノ_ _)ノ

インフルエンザや、ノロウイルス、風疹、ヘルペス、肝炎等

非生物なので、細胞膜が無く、人の細胞に寄生しているため、治療薬のあるものが少ない。

予防接種・ワクチンで対応

細菌:Bacterium

細菌はウイルスの次に大きいもので、一ミクロン程度。
こちらは「生物」で水分が50%以上必要。

納豆菌やお漬物・ヨーグルトの乳酸菌は細菌
発酵食品にも関与している。

おなじ発酵食品でも、清酒・ビールやイースト、ワインなどの酵母は「真菌」

病原体のほうは
体内に定着し、毒素を出して、人の細胞を攻撃する

O-157、大腸菌、ボツリヌス菌、破傷風菌など

抗生物質や、抗菌薬で対応する。

真菌:Fungs Fungi

細菌より大きく、ヒトの細の胞よりは小さい。5~10ミクロン程度。
人間と同じように細胞核があり、遺伝子もある。

ビール酵母やイースト、ワイン酵母など、発酵の過程で炭酸ガスをつくるものがあり、腐敗防止効果がある。

酵母とおなじく、カビも真菌の一種。
味噌、しょうゆ、チーズ・麹カビなど、は真菌。
カツオ節も、カビをつけて作る

人の細胞に定着して、菌糸が枝分かれして発育・増殖していくもの
キノコがまさに真菌で「フンギ:fungi」ってまんまですね(ノ_ _)ノ

病原体としては
いわゆる水虫の白癬菌・カンジダ

抗真菌薬で、真菌の細胞膜を破壊したり、細胞膜がつくられないよう阻害する薬で対応
なんでも抗生物質で、治ると勘違いしてる人が多々いるらしいけれど、真菌類に抗生物質はききません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク