現在はカタログハウス:通販生活さんでのみあつかっている クレイツ「ルーツアップ」 ドライヤー

髪の毛の量が多いかたは止めたほうが良いと思います。

逆に言えば、細いとか、軽いかたにはよろしんじゃないでしょうか。

レビューを見ると、ヘッドがとんでいく、と書いておられる方がけっこういましたが、わたくしの手元に届いた機器には、そういうことはおきませんでした。

ヘッドの先にも空気孔?があって、掻きあげながら乾かせるので、たしかに、地肌を乾かしやすいドライヤーといえます。

ただ、セットのキープ力などは、毛量が多いと、無理です。

改めて、購入時に広告にのっていた方の御髪を見ると、ショートで軽そうな感じ。

こういう方々なら、たしかに「頭頂部がふわっ」と「朝セットすれば午後になってもキープ」できているかもしれないなぁ~と思います。

前髪が顔とおなじくらいのワンレングスのボブなんかだと、頭頂部のふわっ、は、よほど軽い毛質の方でないと難しいのでわ?と思います。

毛量が多くて、ふつうのドライヤーだと、地肌が乾きにくい、というのであれば、それはそれでOKですが、じつは、このフィンガーアタッチメントで最初から乾かすことは推奨されてません(^o^;)

記事に書いたスカルプドライヤーも、アタッチメントはある程度乾かしてから、というのは同じですが、遠赤外線のおかげで、60度でも乾きが早く、温かいので気持ちもいいです。

「ルーツアップ」を購入した当時、スカルプドライヤーは知らなかったので、わたくしの場合は選択肢が無かったので、しょうがないですが、購入を検討されているなら、比べてからでも遅くないと思いますよ(^o^;)

まぁ、実際使ってみないとわからないってのも、ありますけどね(@_@)

毛量が多くてワンレングスのかたには、自身をもって、アドバイスできますが、正直、他のタイプのかただと、どう思われるかは、わかりません(ノ_ _)ノ

価格も一万円ちかく違いますし「ルーツアップ」のほうが、本体がかなり軽いので、扱いやすい、と思う方もいらっしゃるでしょう。

スカルプドライヤーにも似たアタッチメントはありますが、丸いせいか髪が逃げてしまいます。

クレイツ「ルーツアップ」 のほうは、細長い形状で、本体からのびていますので、髪の毛は上下に分かれる分、セットしやすい気はします(@_@)

スカルプドライヤーを見る 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク