トイスチャーのシャンパン・トリュフ・チョコレート

以前はどの百貨店のバレンタインでも、出ていたような気がする
トイスチャーですが、最近は、見過ごしてるのかなぁ

いまほど、ボンボンショコラが隆盛ではなかったころ
トイスチャーのシャンパントリュフは、そりゃあもうバレンタインに絶対買う
アイテムでした ♥

高級なチョコの代名詞として、今も健在なゴディバですが
ベルギー独特のコーティングの厚さと、濃厚な甘さに
ヨーロッパのチョコレートってこんなに「くどい」んだなぁ~と

本場モノという先入観と、たまにしか口に入らないから、特に追及もしなかった
ものですが、トイチャーで、味見をさせてもらったとたん
新しい世界が、ぱぁ~っと開いたような

口の中で、さぁ===っと無くなる感覚と同時に
シャンパンの香りが、ぶわぁ~っと押し寄せて
マジで衝撃的だったものです

今や、トリュフは、むしろ自分でも材料さえよければ、簡単に作れるんで
買わなくなったアイテムですが、それでも、こちらのシャンパンは別

全部がカナッシュに溶け込んだ英国のシャボネル・エ・ウォーカーと
中にシャンパンのコアが入って外にガナッシュがある、トイスチャー

どちらも、変らず美味しいのが、嬉しいですね。
多分30年前に感動したのと、そうは変わらないと思います。
毎年新しい趣向も、勿論いいけど、いつも変わらないものも
また、いいものです

シャンパンということもあるけど、このトリュフがワカルのは
やっぱりオ・ト・ナ
シャンパンとでもいいし、甘めの白ワインとでも

極上の夜を召上がれ

スポンサードリンク

スポンサードリンク