イマドキは、ハローウィン用に仮装衣装を手縫いする方も多いみたいですね。

以前に ミシンで名前が刺繍できるOEKAKI 50 の記事に書いた「アイシン精機」さんの「笑顔のたまご」というミシン

刺繍の初心者でも、名前が刺繍できるので、入園・入学用に便利なミシンですが、仮装用衣装などにも、活躍しそうですね(^-^)

なんたってミシンなのに、フリーハンドの刺繍、というのか、おしきせでない、自由な動きができます。

もし、図案転写したいとか、ならこちらに ⇒コツを書いた記事 も、ありますので、参考にしてやってくださいませ。
スマプリという転写シート を使うと、シロウトでも、図案の転写が簡単ですし、刺繍もしやすかったですよ(^.^)/

最近知ったけど「OEKAKI 50」の フリーレースパッケージ についてくるキットを使えば、家庭用ミシンではなかなかできない(らしい)薄物で、妖精みたいな衣装もできそうです。

2017年秋限定の、お得なキャンペーンは、ミシンのなかでも一番基本的な「SP10」というミシンのアップリケパッケージ。
クマのアップリケをSP10で
ミシン刺繍はいらない、という方には、「SP10」は必要にして充分なわけですが、特にアップリケしない人でも、お得な内容の限定販売です。

名前を直に刺繍するより、名前を書いたネームタグを縫い付ける、という方も多いと思いますが、そう言う方にも、便利なのが「透明押え」が付くアップリケパッケージ 》》》

単純に価格でいうと、4374円お得になってるので、2割引き相当になりますでしょうか。

フットコントローラーだけ買っても5000円しますから、他はほぼ無料といっていいので、フットコントローラーをオプションで考えているなら、今でしょ!ですね(^o^;)
フットコントローラー
昔のミシンはもれなくついていたフットコントローラー、ですが、イマドキはついていないのがフツーなんですね(@_@)

昔は、それ以外の方法が、まだ開発されていなかったんでしょうか?
わたくしなどは、ミシンと言えば、ぎっこんばったん、と漕ぐようなミシンで遊んだ世代なものですから、いまだに、足でやらずにどこでやる?という感じでなんですが・・・

でも、一番いいのは「透明押え」デス!
当たり前ですが、透明なので、自分が今どこをどう縫っているか、見て確認しながらミシンがけが、出来ます。
笑顔のたまごミシン・透明押え
わたくしは「「OEKAKI 50」しか使ったことがありませんが、刺繍用の押えは完全に透明だったので、たしかにアップリケに使った時も使いやすかったです。

アップリケ自体はジグザク縫い押さえがあれば、どんなミシンでもできますが、先がみえないのでは、やはり、シロウトにはむつかしい。
グラデーション糸でジグザク縫い
ジグザク縫いだと、隙間が無いぶん、あまり上手でなくても、さほど酷いことにはならないんですが、アップリケ縫いだと、縫い目の間隔が開くので、結構ヒサンな仕上がりになるときが・・・

はい、わたくしも、ヒサンなことになったので、そのまま、上から、が==っとジグザグ縫いで誤魔化したクチでございます。おほほほほ。
押えの比較
色糸もある程度の本数、手元にあると、便利ですよ~~

多分、アップリケ用というので、グラデーション糸を用意してくれてるんだと思うけど、これほんと、素人には便利です。

多少の縫い目のブレも、糸の色にブレがあるので、めだたないんです(^o^;)

お得な2017年のアップリケパッケージは11月20日まで!
SP10お得なパッケージを見る 》》》
グラデーション糸でジグザク縫い

スポンサードリンク

スポンサードリンク