かの炭酸ミストのハンディ版、プロ―ジョン 炭酸ミストハンディが出た!というじゃありませんか!

なんという朗報!

持ち運べる炭酸美容・プロージョン

プロージョンは、たしかに良いんですが
流石に、持ち運びはできませんでした。

一日二日の国内旅行なら、いざ知らず
一週間近くなる海外

お肌の垂れ下がり・・・もとい
調子を整えるのに、本当に、「あったら」と願っていたんですよねぇ

飛行機の機内へ持ち込めるプロージョン!の、希望にこたえるべく
設計されているので、空港でのまさかの没収!
が起こらない設定なのも、ほんとうに、ありがたい!

プロージョン・ハンディミストの炭酸カートリッジの様子

スポーツ用の酸素スプレーは、持ち込みも、預けもできません

ヘアカーラーも、本体と、セットしてあるもの以外、予備のカートリッジは持ち込むことも預ける荷物に入れることも出来ません。

ちなみにJALとANAの規定です
↓↓↓↓↓↓
JAL機内持ち込みに制限のある品

ANA機内持ち込みが制限または禁止されているスプレー缶

海外で探したくないから、予備のカートリッジを準備していたのに、空港で、スーツケースは開けさせられるわ、没収されるわ、で、まさに泣きっ面に蜂だった、あの時のことは忘れられません

予備がなければ、意味ないじゃん!
ですが、まぁ安全上のことで仕方ない。

炭酸ガスの場合、50ml以下のシリンダーが4つまで
(とはいえ、航空会社で違う可能性はあるので、必ずチェックしてください)

ハンディの15gなら、容量的にも大丈夫
本体の1個と予備3本、合わせて4本可能!!

ただし、海外では国ごとにちがうので、よほどの長期でない限り
予備は一本でもいいかも・・・
没収されたときのダメージが大きいですもんね

ちなみに、ひとくちにガスと言っても、窒素、酸素、炭酸ガス、で取扱いは全てちがいます。問い合わせる時は、正確に・・・

プロージョンのハンディミストのカートリッジは
「炭酸ガスカートリッジ」ですが

炭酸バブルウォツシュの缶では
「LPガスと炭酸ガス」です。

おなじ炭酸をつかった製品であっても、カートリッジとは、種別がちがいます

ANAの規定では機内もスーツケースも不可な種別なのですが
「肌につける化粧品」は例外なので、OK。

ただ、こ~ゆ~ものは、頻度がそれほどないせいか、検査官の慣れや判断で、没収される可能性があります(^o^;)理不尽すが、同じ飛行機に乗ったのに、友人Aは没収されて、友人Bは大丈夫だったといことが・・・

規定ではちゃんと大丈夫なので、プリントアウトして持参するか、か
そのページをスマホでブックマークしておくといいかも。

ハンディ専用の美容液は、Plosion の本体用とも、成分が違う美容液です。

小さいせいかプロテオグリカンが配合され、パワーアップされたバージョンだそう。

ハンディミストにセットされているエッセンシャルローション

ハンディ・プロージョンは、とっても見た目がゴージャス!で
おんな心をくすぐるくすぐる ♥

つい、賀来千香子になったような妄想が・・・

一日二日の国内でも、移動というのは、疲れます。特に機内は乾燥しますから、旅先のプロージョンは、癒されるし、持ってきてよかったなぁ~な、アイテムではあります

ひと時、夢にひたるのも、またビタミン剤かと

MTG・PlosionHandyハンディ版プロージョン

スポンサードリンク

スポンサードリンク