パディントン2:Paddington2
年の始めに観る映画として、超よかったです。

おもっきり笑えました!ゲラゲラって、擬音書けるくらい、つい、大声で笑っちゃう感じがいいですぅ~~

出典:www.paddington-movie.jp

全編上質な漫才みたい。ダンディーで品のよかった「いとし%26こいし」さんのみたい・・・(^o^)♪

予定調和の世界も、ほんとうに丁寧に丁寧に作ると、ここまで上質になる、という、お手本のような映画。

パディントンの声が、ベン・ウイショー:Ben Whishaw だそうですが、なるほど芸達者で端正ですね。礼儀正しいのに天然な雰囲気がほんわか漂って、いかにもパディントンらしい。

ベン・ウイショーといえば、未だに「パフューム」のインパクトから抜けられず・・・007の「Q」の役はお似合いとは思うのの、なんとな~~く薄気味悪いイメージはぬぐえなかったのが、今回、一気にパディントンで、印象がぬくくなりました(^o^;)

ブラウン氏一家のパーソナリティもなかなかに曲者なキュートさで、あぁあ英国テイストだな~~とウキウキしちゃいます。

細部のエピソードの積み上げが、ほんっと、定番なのに、毎回笑える!!!
さすがはモンティパイソンのお国です。

タイミングというか、設定というか、のツボは、見事ですね~~

出典:www.BritishComedyGuide

パディントンのせいで様変わりしたらしい刑務所がなんか可笑しい。

刑務所のメンバーも強面なのに、意外と常識人で、ブラウン一家との対比もおかしい。悪党っぽいところもかもしだしつつ、そこは、最後は子供向けですから~~

泣く子も黙るような「ナックルズ」が、ハリーポッターでは片目のマッド・アイ・ムーディー役だったブレンダン・グリーソン:Brendan Gleeson

そういえば、スターウォーズの悪側にはブレンダン・グリーソンの息子のドーナル・グリーソン:Domhnall Gleesonが出ていましたっけ。ハックス将軍さんでした。

年末スターウォーズ8を観てしまったせいで、半月くらい、気分悪かったのが、この2時間弱で吹っ飛びました♪るんるん♪パディントン凄いわ

出典:www.BritishComedyGuide

この映画では、刑務所の連中より悪役なのが、ブキャナン。
ドンピシャだな~~と観ていたら、当て書きだったんですねヒュー・グラント:Hugh Grantの・・・
そのせいか、いろんな意味で見せ場が満杯。

出典:StudiocanalUK

いや、それにしても歌って踊れたんですね(@_@)ヒュー・グラント!
最後のシーンでは、思わず、ヒュー足腰大丈夫?と心配しちゃいましたが・・・

UK版のブルーレイにはヒュー様のダンス・フルバージョンがおまけでついてるらしいですが、日本版にもつけてくれるよね???なんてったってヒュー様の日本での人気は高いんだもん。

ブキャナンが何度も言うセリフも良いというか、哀愁をさそうというか、巧いなぁ~~としか言えません。

ちょっと「Re:LIFE〜リライフ〜」でのヒュー様を思い出しましたけど、ほんとうに「落ち目」とか「ちょっとスノッブ」とか、演じるのを楽しんでるよなぁ~ってのが、画面からにじみ出てる。

たしかに造作のいい役者さんだけど、目撃証言で、あんな美人はみたことない、と言わせているとこが、また憎いです。

わたくしたちが観た映画館では「え?!」と思わず叫んだ客がいて、それに我々他の客が反応して大爆笑!というハプニングもありました。

パディントンの1のほうは、残念ながらみていないので、オープニングがどこまで被っているのか、などはわからないのですが、まぁルーシー叔母さんの男前なこと!

出典:www.Warner Bros.Pictures

なるほど、あの女性のためなら、頑張っちゃうわね、と納得させるに充分なインパクト。

しかも、オープニングのあの短時間にロンドンへの伏線まで仕込むあたり、タダモノではない。

ダウントンアビーの伯爵さま ♥ ヒュー・ボネヴィルも懐かしの「ノッティングヒルの恋人」みたいないい人だけど、お仕事で評価されないのね、みたいな感じの役柄ながら、締めるところはビシッと・・・ヨガで(ーoー)・・・

こういう映画ではお約束ですが、エンドロールも端折ってはいけません。
最後まで観ましょう~~うるうるだシーンけでなく、各種取り揃えてあって、なんだか得した気になります(^o^;)

ブラウンさん一家の住まい。チャルコットクレッセント通り:Chalcot CR.は、ハリーポッターでも重要な場所だったロンドンZOOのある、リージェンンツパーク:Regent’s Parkの北側

プリムローズ・ヒルPrimrose Hill東側にある住宅街で撮影されたそうです。

いまは、グーグルマップでもみえますが、ほんとにきれいなパステルカラーの壁が並ぶ一角のようですね。

う=ん ロンドン行きたいな

リトルベニスはパディントン駅の近くの運河?

ロンドンは不思議と、マジでクマのぬいぐるみが歩いてても、気にならないような気がするから、違和感もさほどなかったけど・・・これってハリーポッターの後遺症かな

スポンサードリンク

スポンサードリンク