洗剤でないのに洗濯できる????という代物
重曹とかじゃないんですよ!
babymag一個で洗ってみる
なんど首をひねろうが、ぜんぜんわかんないので、おもわず、ポチ(..)

なんであれ、消臭と除菌ができるなら、凄いよね

届いたのは、テトラポッド型のふゃふにゃした物体~~(..)
ベビーマグちゃんはふわふわしたテトラネットいり
中にマグネシウム粒が入っていて、これが水に入ると、水素を発生させて、それで洗える、ということらしい。

解体して中身をみてみたいところ、洗濯機でぐるんぐるん回すことを考えると、こわくて解体は・・・パス。箱にかかれてる絵を信じるしかないですね(@_@)
babymagの中身はマグネシウム
これも一応「水素水グッズ」になるんだろうか?それとも「アルカリイオングッズ」?

ともあれ、使ってみました。いきなりコレだけという、チャレンジャーなワタクシ。まダメでももっかい洗いなおせばすむことよね。

なにげにファンデーションがついたタートルも入ってたんですが、いつもは、後で、「あちゃー!!もっかい洗い直しだな~」となるのに、ベビーマグちゃんだけで、落ちてました~(@_@)

買う前に、よく読めばよかったんですが、
我が家の洗濯容量が、一個だと、足りず、2個だと多すぎる微妙==な容量。
babymagで洗える量の目安
あわてて、追加でもう一つ買って、ついでに、いろいろ試してみました。

ちなみに、一個で、3キロ。2個で5キロに対応する、とありました。
babymagで洗える量の目安
我が家の洗濯機は、13年くらい前のミーレ社製のドラム式洗濯機で、4キロくらいなんですよねぇ~じつに微妙~

ヨーロッパのメーカーなので、高温で洗えるけれど、あまり細かく動作は選べません。

通常コースだと2時間かかりますが、今回はすべて、50分程度で終わるクイックコースで試しました。
babymag一個で洗ってみる
ベビーマグちゃん1個で、洗濯してみた~~
ら、ぜんぜん普通に洗えてました!

うすい襟の汚れくらいなら、ちゃんと落ちて、匂いもきれいに消えてます!

ベビーマグちゃんのパンフには「消臭機能」も高い!!とありましたが、たしかにそうです。babymagで臭い対策
部屋干しになった日も数回ありますが、部屋干しの嫌ぁ~なニオイも全くナシでした!

ベビーマグちゃんという商品名なくらいですから、赤ちゃん向けに開発されてきたんでしょうか?

たしかに、汗やよだれなど、衣類が濡れちゃうことが多い、ですよね。衣類に残った洗剤成分が溶け出して、アレルギーを引き起こすことも、なくはないでしょう。

実際、我が家の洗剤が今まで「せっけん」なのも、エコロジーというよりは、肌の状態が改善したか、ということを考えると、衣類からしみ出す成分って、意外と馬鹿にならないんじゃないかと思います。

普通の洗濯ものと洗うこと自体に抵抗がある人は多いと思いますが、除菌力も強いのがマグネシウムの強みみたい。
babymagちゃんの除菌力
おむつ専用のつけ置き洗い洗剤もありますが、一度、ベビーマグちゃん試してみても、いいんじゃないかな、と思います。

使い捨ての紙おむつが全盛の今。どれだけのひとが「おむつ」を洗ってるかはわからないけど

おむつにつく匂いは独特で、普通の洗剤ではとれないし、殺菌力も気になるところで、つい漂白剤などに頼りがち。

洗剤併用するにしても、漂白剤より、安心度が高いので良い気がします。
babymagちゃんの除菌力

ベビーマグちゃんは泡の力で洗うのではなく、マグネシウムの還元力で洗うので、じつは「洗い」「すすぎ」という二工程にする必要がない。
babymag水素水

プログラムが大雑把な洗濯機だと、節約しようと思えば、それなりに気をつけてないとダメですが、細かくプログラムを選べる洗濯機なら、「洗い」行程だけとか、洗濯ものの量が少ないなら、むしろ「すすぎだけ」で十分かも。

時短になるのは、勿論のこと、使う水の量も減りますし、電力も減らせます。そのうえ、洗濯槽や排水管までキレイ?(ってほんとかな?)

ベビーマグちゃん自体は2500円と、普通の洗剤に比べれば、単価としては高くなりますが、
300回ということは一日一回で10か月。
一月にすれば250円?!

柔軟剤も不要になるので、コスパ的にも充分納得のベビーマグちゃん!ファンになりました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク