夏場の暑さで溶けてて、うっかり見忘れていた
ミニオンズ
やぁあ=-っと、観てきました!
ミニオンズのパンフレット表紙
ふつうは字幕で見たい派ですが、もともとあまり上映されてなかったので、今回は吹き替え~~
3Dもあったようですが、すでに終了していた!ショック!

まぁ ほとんどは「ミニオン語」だけなので、何語でみても変わらない???か?
「なかま~~」とか叫ぶのは、字幕版でも同じなのか?が気になったけど、ミニオンズ語は触らないようなので、きっと同じでしょう。

吹き替え予告編のナレーションがなんとっ 「真田弘之」???えええっ
そうだったんだ!!!

ロスではレッドカーペットならぬ、イエローカーペットで盛り上がってた模様。天海祐希さんも参加されていました。

スカーレットの吹き替え?というかアテレコだよね?
天海祐希が、すんごく楽しそう

途中から、スカーレットが画面でうごいてるのに
脳内では天海祐希に変換され、困りました(><;)
宝塚の舞台がコラージュで、でてくるのだよ、まいった

う=ん そういえば、ミニオンズ、宝塚で、できそうだな
minonsのフィギュア
真田弘之はスモウレスラーの声も担当されていたようですが
それは、英語バージョンでのことだったんですね~~

字幕で見る時は気を付けようっと!と思ったけど、ほとんど唸るってるだけだから意味ないかな。

音楽が60年代ぶっちぎりで、これはもはや、中年通り越した
老人キラー映画でわ?と思いました。

子供とみる、というより孫と、観て「おじーちゃんの時代はね・・・」とかウンチクたれて、尊敬される・・・いや、煙たがられる?
かも・・・

ケビンがギターを弾いて、叩き壊してた・・・いたよなそーゆーパフォーマー。
今も、あるのかな?この手のバンド。
ミニオンズ・ボブ
昔懐かしの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でも、ギンギンにギター弾く場面では、会場がドン引きしていましたが、ミニオンズでも、お約束のように、その図式でした。

スカーレットの戦利品の山にもいくつかギターがあったので、きっと有名どころの銘品なんでしょうね。

アビーロードは、ネームプレートだけで、すでに涙腺が緩むのに
「そ~ゆーのルール違反だろ=!」
なエピソードも、しっかりある。

が、これが、即わかるのは何歳???
ビートルズは、すでに古典だし、今もツーリズムがあって、ずっと再生産されているから、世代間格差がないのかなぁ~

そういえば、「レッツラゴー」
懐かしいなぁ~今の子にも、語感だけで受けるかな?英語では特になんのこともないセリフなので、日本語のほうが、むしろ楽しめる。本編のグルーのほうは個人的には字幕のほうが好きだったので、ちょっと違うな。

すでに、だれが使っていたかなどわからないけど、ズーダラ節とかいろいろあった時代が懐かしい。
ミニオンズ・ケビン・スチュアート・ボブ・
エリザベス女王がアクションしてるの場面は予告編にも登場してるけど、あーゆーのは英国王室に許可とってるのか?とる必要もないのか?

ミニオンのクセに、みんなでなんだかお高そうなティールームでティーを優雅に飲んでいたり、バルコニーで新聞読む貴族っぽい人など、背景に英国的なものが沢山ちりばめられていたのも、いかにも英国な風情が、ちょこちょこ挟まれるのも、ナイスな感覚ですね。

かなり自由奔放に行動されている女王さまも素敵でしたが。

女王様ネタといえば、ここまでやっていいんかい?というくらい過激だった気がする「モンキーパイソン」久々に見たくなりました。
すべての むかし若かった人
におすすめの映画です

スポンサードリンク

スポンサードリンク