ワセリンが、まさかのアレルギーで使えないことがわかった
わたくし(ーoー)

ま、それなら、と、ふつーに化粧品で対応していましたが
友人に教えてもらった「Fam’s Baby:ファムズベビー」なる製品が代替として使えるんじゃないか、と思い、購入してみました。

検査結果でも、ワセリンや生理食塩水と同等の結果がでてるようですので、肌断食で起きやすい、初期のトラブルに使えそうです。

「ファムズベビー」そのものには、薬効などなく、肌表面にバリアをはるだけ、ということで、これならむしろ、鉱物油であるワセリンより、いいんじゃなかろうか?

[ファムズベビー」は、母子手帳の副読本にも「ワセリン」みたいに使えるものとして。載っているらしく、教えてくれた友人も、知ったのは孫経由だそうです。

バリアで自己回復

よだれ子ちゃんだった孫の口周りが、ガビガビだったのが、ひと月ほどでキレイに治ったそうで、それみて、冬場は、ハンドクリーム代わりに使ってみたそうです。

ワセリンも塗ってみたけれど、本人がものすごく嫌がるのと、べたつくので、よだれも、食べこぼしも、逆にとれにくく。。。すぐやめたそうです(^o^;)

理屈としては、ワセリンとおなじで、皮膚表面にバリアを張ることができ「ファムズベビー」そのものに「薬効」はないのだそうです。

皮膚を保護はするけど、治すのは、本人の力

大人にもつかえます~~

「おむつかぶれ用」なんて聞くと大人には使えないのかな、と思っちゃいますが、むしろ大人のほうが、使いたいシーンが多いくらい。

特に、肌断食に挑戦しようと思い立った「乾燥肌」の人には、重宝だろうと思います。

ただ「宇津木先生の言葉通りにしたい」と思うなら、合成ポリマーや、界面活性剤は入っていますので、ご自身がどこまで許容する気になるか、によるでしょう。

「界面活性剤」の文字だけが独り歩きしてる感がありますが、宇津木先生が問題視されているのは、主に洗顔料に含まれる「界面活性剤」

乳液やクリームは、肌本来の力を取り戻せば、必要ない、との見解なので、あまり丁寧な記述はなかったように記憶しています。

それだけで、立派に一分野を形成している「界面活性」ですから、最初の本に対する反応もあり、避けたのかな==とも思えますが。。。(^o^;)

ポリマーについては、特に記述はなかった気がしますが、「ワセリンは肌上部の保護膜になり、肌内部にまで浸透しないので問題ない」と書いておられるので、肌内部に入れるほど分子が小さくないポリマーは、おなじリクツから、大丈夫でわ、と個人的には判断しています。

泡なので扱いやすい ♥

ファムズベビーは、ワセリンのようにべたつく軟膏状ではなく
泡状!!!なのも、個人的に好きなところです。

缶から、出たばっかりの、出来立ての泡を見る限りでは柔らかそうですが、ピンポン玉みたいに、摘まめるくらい、しっかりしていて、だら~~っと、垂れたりしません。

赤ちゃんの口まわりのような場所でも、液ダレにならないし、すこしづつ塗りこめます。

泡を肌に塗りこむと、す==っと消えていきます。

あとは、まるで、何事もなかったかのよう(^o^;)に、べたつきもなく、オムツや、パジャマにひっつくこともありません。

ポリマー感は、肌がつるっ、となり、若干光沢がでるので、感じることができます。ファムズベビーは、バリアをつくるために、かなり多めに配合されているだろうとおもいますが、似た感触の化粧品を思い出す人も、多いと思います。

塗ったとたん、肌がピーンと張るような化粧品は、多分こゆのが入ってたのね~~と、正体見たり枯れ薄、のような体験も?できます(^o^;)

最初はMade in USA だったせいで、いかにもアメリカ~~なキツイ香料が使われていて、顔につかうには、それがネックだったようですが、国産に切り替わった現在は、香りも抑えられ、使いやすくなったようです。

ステロイドではない

皮膚科のお世話になると、どうしてもステロイドの入ったものが処方されてしまうので、塗った時はいいんですが、治ったと思ってやめたら、ぶり返すことが多い。

「老人性皮膚掻痒症」といわれて、3年ほど、父に皮膚科の先生からいただいたお薬を使ってきました。

なんどか、薬も変わったのですが、かゆみなど、別の場所に移動するだけ、で、モグラたたき状態のまま、ぐるぐるぐるぐる。

こんなで完治なんてするの?という無力感があったとき、ふと「ファムズベビー」を使ってみたら、ぐるぐるがやんだので、ほっとしました。

全体に一気に塗るせいか、あっちが治ったら、こっち

缶を見て、なんで「ベビー」なの?
と突っ込まれましたが

赤ちゃんみたいな肌になるように、じゃない~
とかわしておきました・・・おほほほ
こんなとこだけ目ざとくなくてもいいのに( 一一)

「おむつかぶれ用」なんて聞くと
せっかく治ってたのがブリ返さないでもない(^o^;)

ファムズベビーのうら

用途も多彩なバリア機能

ファムズベビーの、説明をじっくり読んでみると、
花粉とかPM2.5など、いろんなものから、守ってくれそう

ビフォアケアともいってますが

バリアを作るので、金属アレルギーなどのアレルゲンや、
エアコンの風からもまもってくれるようです。

表面に幕をはり、外から
エアコンの風が直接肌に当たらないようにする。

と、同時に
肌内部の水分を、キープしてもくれるわけで

なるほど「老人性皮膚掻痒症」にも、良かったワケですね。

言葉がじゃべれない赤ちゃんにも困りますが
「痒い」から「何とかしろ」という老人も、面倒です。
人生経験があるだけに、あれこれ、自分で試しちゃうし・・・

どう考えてもチガウだろ、とおもうのに、ムヒ塗りまくったり
するんですよね~~
孫の手で血が出るまで、かきむしるし・・・

ともあれ
図らずも家人で人体実験してしまったので
これからなにかあったら、安心して使えそう~(^.^)~ うふっ



出荷制限が

嫁から「あのぉ、あれ、返して貰えないんでしょうか」 と
催促されたので一個ずつ注文しようとHPへいくと

今は母子手帳の副読本にも載ってるそうで、そのせいか、出荷制限が(^o^;)

ネット販売が多くなったせいか、
最近、こういうこと、多くなりましたね。

店舗に置いて、売れたら補充、というシステムから、
直に、顧客に販売するせいか、管理がしやすくなったのか~~という気がします。

個別に買おうとすると、売り切れてるんですが、
定期購入してるいる人の分はある。

定期で契約してるので、いわばずっと予約してるわけですから、
その分は勿論確保してあるのは、当たり前ですが・・・

ファムズベビーも、現状では毎日受付数がきまってるみたいです。

返金保証のある「定期プラン」

まさかのための備えとして、買いたかっただけで、急いでないし
5本買うと一本プレゼントって、のが魅力でそれにしましたが

とりあえず試すなら、一つ頼む・・・のが常道。
ただ、それだと送料がかかるのと、
なにより、合わなかった時の返金保証がないので、

お試しの場合でも、ファムズベビーを買うなら、
返金保証のある、「定期ケアプラン」が、いいように思えます。

「定期ケアプラン」の場合、一応、3回、
つまりは3か月分は、最低買わないといけない代わりに、
送料が無料。初回に限っては28日以内に、返品できます。

一応「定期」なので、3回以上は買うことが条件ですが、
最初の一本を使ったところで、肌にあわない時は返せます。

もちろん、返品したあとの、残り2回は購入する必要はありません(^.^)/

とりあえず、近場では、買えないので、届くペースを自分で決められる
こういう、自由度の高い定期購入は助かりますぅ~
ファムズベビーを見る 》》》


スポンサードリンク

スポンサードリンク