機内で何度となく使うのは
ラ・ロッシュ・ポゼのターマルウォーター
ラ ロッシュ ポゼ
一時エビアンをシューが流行りましたが、そのお仲間です

温泉がサーマルではなくターマルというトコロがHを発音しないフレンチ風
ラ ロッシュ ポゼ 温泉水
慣れないせか、ちょっとお間抜けなかんじ(^o^;)

機内では、スプレーって、いいですよね!
肌もリフレッシュ!!ですが
気持ちもリフレッシュします。
ラ ロッシュ ポゼ・スプレー
もっとも、スプレーしたままだと、逆に肌の水分をもっていかれちゃいますので、ティッシュでそっ、と押さえて、水分は直ぐに肌からとります。

メイクの崩れ具合により、こりゃダメだ!というような時は、メイクオフしてもいいですが、まだ持ちそう?なら、スプレーなので、崩れかかったメイクの定着も兼ねられます。

ラ・ロッシュ・ポゼの一番の売りはここの温泉水の「セレン」という成分らしいです。
セレンという成分
希少なミネラルを含んでいて云々とありますが
使い心地が非常にいいのと、変に成分が添加されていないので、変な化粧水より良いのは確か。

旅先で肌トラブルがでてしまった友人に貸すと、
大抵これだけで治まります(^o^;)

水って偉大ですね~

スプレー式で、コットンなど使わないので、
肌をこすらないってのもあると思いますが・・・
ラ ロッシュ ポゼのスプレー
エビアンではダメで、ボゼなら良いのは
硬度とか「セレン」のおかげなのでしょうか?
成分みてると、炭酸塩もはいってます

ふつう、水でスプレーなんかしたら、あとがバリバリですが、
温泉水は大丈夫なんですね。

慣れないうちは、つい缶を振ってしまったんですが、
ポゼは振ってはいけませ~~ん
ラ ロッシュ ポゼは缶を振ってはいけない
旅行には50gが便利
オンラインショップでは、よくオマケでついてくるので、
チェックですよ!
ラ ロッシュ ポゼ オマケつきセット
あ、例の機内持込制限、液体は100mlですが、
缶入りのスプレータイプは50(ー_ー)!!です

気を付けましょう!!!

この辺はどんどん、規制が細かくなっていて、スプレー缶の中身によっては持ち込めないものがあります。虫よけスプレーは、50mlでも、ダメだそうです。
参考までに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
成田空港のセキュリティガイド

もともとが医療用だったので、今も薬局の扱いが多く、扱う店もみつけにくいのですが、オンラインショップではよくオマケがつきます。

ある程度買うと、ポイントが溜まるので、製品がもらえます(^o^)♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク