年末最後の洗濯ものをほしている時に「ビチッ」と痛みがきて、指をみたら
なんとっ 蜂が指にへばりついているではありませんか!!!

手をふったら直ぐに離れた、というか、蜂のほうは死んじゃったんでしょうが、針がしっかり指に刺ってるので、大急ぎで指を高くあげて、毛抜きを探しに走りました。

輪ゴムでしばってから、針をぬいたんですが、
蜂の毒は水溶性なので、そんなコトするより
水で洗うほうが良いそうです(..)

針の根元には毒がたまっている袋があって、
当然というか、すみやかに敵の体内に注入するようになっていますから、
モチロン直ぐ抜くのも大事。

と、後々いろんなサイトで勉強しました(遅っ(^o^;)

虫などの毒を吸い出すキットがあって、使いたかったのですが、
小指のキワだったので、使えず、ちょっと残念。

この時点では、針の周りが赤い程度で、特に何もなかったので、そのまま放置
ほんとに”ぽちっ”とした傷だし、バンドエイドもせず
ラベンダーを時折塗る程度

お風呂にはいったら、その時ちょっと痛みがぶり返すかな~ 程度でした。
これが、4日目の夜から驚愕の事態へと…

お風呂あがりに、妙~~~に指がかゆい。
多分、治るときのカサブタが痒いようなものだろう、と
大して気にせずにいたら、

翌朝は指がパンッパンにはれて、針でさしたら
ピューっとみずが飛びだしそう。
まさしく蜂毒という風情

指の腹はキャンディーのようにパンパン。

しかも血の気が感じられないくらい白っぽく、その下は写真のごとく不気味な様相。左右の指のサイズも、1.5倍ほど違うんです。

正月でなければ、医者に行くところですが、痛みがないので、とりあえず、様子を見ることに・・・

このまま、固まると怖いので、気がつく限り指を動かす。

実は、この時はじめてサイトで検索した、というお間抜けぶり。ボケてるというか、パニックの常というか

最初の15~30分程度で、全身症状
顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ、口やのどの中のかゆみ等、
が出ないかぎりは大丈夫そうなので、
ちょっと、ほっ、としました。

それにしても、こういう時に出向くのは何科なんでしょうね?

その疑問に答えていたお医者さんによると
もし薬を飲むなら、鼻水と熱冷ましの入っている風邪薬だそうです。

ハチ毒の対する抗体は肥満細胞と結合するそうで、あのプックリはその所為?
なんらかの科学物質が放出されて、大変なことになっていたんでしょうね
(^o^;)

で、治りだすと、ハレが引くのはもちろんですが、パンパンだった指の腹からまず、カワが、まるで、フケのように、ポロポロと剥がれだし・・・

次いで、指の中ほどが、同様に、と、指が太ったからカワがはげるのか、壮絶な白血球との闘いがあったのか

膝すりむいて、砂だらけでも、たいしたことなく治るのに、ポチッとした傷でも、毒があるとね~

蜂にすれば捨て身の特攻なのだから、速やかに、効果的に毒を使いたいのは、まぁ当然といえば当然か・・・

蜂の天敵といえばクマ

クマ用に開発された兵器だとすれば、ニンゲンなんて、チョロかったりして…
指の先だけで、済んだのは不幸中の幸いだったのかも(^o^;)

バラのトゲで死んだリルケは、怪我がもとで、白血病になったとか…

このぷくぷくの指の中で、血の塊ができて、それが毛細血管につまったら
エコノミー症候群だよな、などなど

自分のものとは思えない指を眺めつつ
走馬灯のように、いろいろな思いが巡った新春の日々でした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク