スリムな美魔女に勧められたOM-Xという酵素サプリ

かなり衝撃的に良かったので、( ..)φメモメモ
生酵素サプOM-X
最初、飲んだとき、気のせいか、さわやかな風が身体に入ったような感覚があって・・・まさかね、でしたが

就寝前がおススメよ、とのことで、夜のみましたら、翌朝、即、結果が・・・

きっかけは美魔女

とはいえ、わたくしは便秘症ではないので、「結果」と言っていいかどうかは、ちょっと微妙ですが、いつもは朝食後なのが、起床直後というか、そのために起きる気になりました。

この時短に、意味があるかどうかはともかく(^o^;)
悪くはならなかったわけです、

で、2日目

爽やかな風が身体に入る感覚は、ちょっと薄れたものの、やはり、まだあって、これは凄く不思議~~

だって、飲んで、わりと直ぐって、そんなに反応早いはずない・・・ですよね?

衣というかカプセルに、なにか、秘密でもあるんでしょうかねぇ~

お便りで知る変化

まぁ、可もなく不可もなく、という感じでいた、4日目くらいでしょうか、ふと気づくと、色がバナナ!!!

便秘症ではなかったけれど、ここまで「理想的」で「健康的」なお便りは、稀かも!

これは、ど==考えても、「OM-X」というサプリが関与していると思ワレルわけで。

さっそく美魔女にご報告すると「でしょ~~ ♥ お=っほっほほ」というお答えでした。

モノグサなわたくしとは違い、きちんとジムでプロのトレーナーから指導を受けて、エクササイズするような、ストイックな友人なので、食事にも、もちろん気を使ってきたわけですが、

それでも、まだ足りなかった、というか、上には上があった、というか、とにかく手ごたえがとてもパワフルで、驚いたのだと、言っておりました。

なんだかんだいっても、結局は「食べたもの」でしか「身体の細胞」は変えられないので、腸が元気になることで、吸収力もよくなるでしょうし、なにより、毒素の排出が早くなるだけでも、とっても良いはず・・・

5、6日目は旅行にでたので、都合3日間、飲まない日が続いてしまったのですが、まぁなんとか遺産で?しのげたようでした。

ただ、たかだか4日くらいしか「OM-X」を摂っていなかったため、さすがに戻りも早かったです(^o^;)

パンフをよんだら、「OM-X」を飲み始めた多くの方が一か月以内で変化を実感!とありました。

じゃぁわたくしの実感は、ものすんごく早かったんですね(@_@)

まぁ「こんな悩み」抱えていませんか?というリストにあった5つのうち、4つに該当しなかったので、そのせいでしょうか?

該当した「悩み」は「ぐったりして出かけるのもおっくう」なのですが、これは腸とかいう前に、お年頃のせいかも(ノ_ _)ノ

あ、そう思っていたら、やはり「年齢に伴って、酵素の活性力は減少します」と、次のページに出てきました(~o~)ご==ん!

酵素は補えないって知ってた?

で、ここで初めて知ったことですが「酵素」って直接からだに補うことってできないものだったんですね(ノ_ _)ノ

酵素って、腸内で細菌が作り出すものらしいです。

「これで補えます」って宣伝されているタイプのは、自分の体内の酵素ではなく「植物酵素」

今はやりの「生:ロウフード:raw food」も、「植物酵素」の一種だけど、ヘルパーにはなっても「体内酵素」の代替品にはなりえないのね(^o^;)

う==ん 無知って恐ろしい。

名前が同じなだけで、安心していたワ

胃薬でおなじみの「消化酵素」も、「体内酵素」で、文字通り、食物を消化してエネルギーとして使えるようにするものです。

新陳代謝とか、だるい~~とかに、かかわる酵素などは、消化酵素で得られたエネルギーを、使う時に必要なものは、ひっくるめて「代謝酵素」というそうです。

この二つを合わせた総量が、実は決まっていて

たとえば風邪で熱を出すと「代謝酵素」を沢山つかうので、「消化」に回せる酵素が減るわけで、熱の時に食欲が落ちるのは、体力もあるけど、「酵素」がたりない、という側面も、あるかもしれないですね(@_@)

腸が荒れる

抗生物質をとると、病原体の「バクテリア:細菌」はやっつけてくれるわけですが、同じ細菌類である「乳酸菌」など、善玉菌もやられてしまうので、抗生物質をとった後は、ヤクルトとか、ヨーグルトなどをとらないとダメ!と、

これくらいのことは、まぁ、わりと知られていることかと思いますが

健康的なイメージが強い、スポーツマンも、やはり、運動にエネルギーがとられてしまうせいで、腸は荒れていることが多いそうです。

強化合宿などで、カロリーが足りていないから、身体は欲しいはずなのに、段々食が細くなる、などいう現象は、腸が荒れているから、脳がセーブするからだそうです。

今では、まともなスポーツインストラクターなら、運動のメニューだけでなく、食事など、腸活メニューにも気を配るのが常識とか・・・

なんと、妊娠中のお母さんも、栄養が赤ちゃんにとられるので、酵素も減るせいか、腸が荒れていることが多いんだそうです。

腸が荒れると、栄養の吸収力も落ちるので、自分もしんどいし、赤ちゃんにも栄養状態の影響がでます。

産後は産後で、赤ちゃんがいなくなることで、ホルモンバランスが急変して、それが、腸内環境に影響する。

人間に最初にできる器官のひとつが小腸というくらいですから、基本なんでしょうね。
脳は騙せても、小腸は騙せないそうなので、腸がととのうことは、すごく大事みたいです。

若さは酵素の量でキマる

肌の新陳代謝も、老廃物の排出も・・・いわゆる「若さ」は酵素の量で決まると言ってもいいとか(@_@)

消化酵素のほうは、植物酵素でも多少は、補えるようですが、体内酵素のほうは、自前でつくるっきゃないわけで、老体に鞭打つしかないのが、哀しいトコロですね(-“”-;)

で、この「OM-X」は、つまりはわたくしのように、年齢に不自由していない人間でも「体内酵素」を効率よく作り出せるよう

「無駄なく・使いやすい原材料・エサ」を「体内の腸内細菌」に提供し「酵素」を作りだしやすいようサポートしてくれるサプリというわけ。

ふだん食べている食べ物からだけだと、偏りがあるし、消化するのに「消化酵素」も必要ですが、サプリだとそこはスキップ。すぐに「使える」状態で届くので効率がいい。

細菌にも、細菌様のご都合があり、それぞれにお好みの栄養があるようで、なるべくなら、いわゆる善玉菌が増えてくれるような「原材料」を供給できれば腸内フローラのバランスも良くなりましょう。

腸内細菌のバランスが良ければ、肌や髪の毛にも栄養が行き渡るようになるので、若返るまで行かないにしても、老化の速度を鈍らせることはできそうな気がします。

急がば回れ

同じことなら化粧品ではなく、身体の内からのキレイに投資するほうが、結局は利回りがいいかもしれないですね(^o^;)

サプリ王国アメリカで、5年連続一位らしいですが、それも効率の良さが支持されているからでしょうか。

誕生ヒストリー

OM-Xというなんだか映画のタイトルみたいな名前は「Ohhira’s Mountain fruits eXtract:大平博士が山の実から抽出したもの」からきたネーミング。

「OM-X:Ohhira’s Mountain fruits eXtract」を開発された「Ohhira:大平博士」ご自身が、マレーシアで体調をくずしたときに、マレーシアの発酵食品で救われた体験が、原点だそうです。

乳酸菌の研究からできた、OM-Xを、大平博士は、恩返しとして、まずは、マレーシアに持ち込まれたそうです。フィリピンでは現在、医薬品としても処方されているくらい、上質でレベルが高いものです。

乳酸菌という細菌の一種を扱うだけに、工場も医薬品レベル。

博士の発見した発酵力の強い「TH-10」という乳酸菌を筆頭に、12種類の乳酸菌が、65種類の「山の幸」を発酵させたものを、「生」のまま、カプセルに入れられたのが「OM-X」

発酵パワー

発酵食品が体にいい、と、わかったからといって、はいそうですか、と、手軽に摂ることは、なかなか難しいのが実情ですよね。

黒酢には、「D-アミノ酸」「D-アスパラギン酸」など、肌によいと成分がふくまれていることがわかる、など、発酵食品のメリットとしては、まだまだ、発見途上。研究の余地が沢山あるようです。

いままでは土壌から抽出していた成分のため、有害物質の浄化など、余分な手間がかかっていた成分「フルボ酸」

食品からは発見されたことのなかった「フルボ酸」も、発酵の最終段階で、見つかったとか(@_@)

「フルボ酸」は、養分吸収に欠かせない成分で、腸細胞の活性化、抗酸化作用だけでなく、骨密度や筋持久力など、効果が多岐にわたるので、期待をもって研究されている成分のようです。

発酵して初めて発揮されるパワーというのが、いろいろあるんですね。

加熱処理はしない

酵素、といわれるものが、一時盛り上がったのに、がく==っと急激に落ちた、一つの理由に「加熱処理」がありました。

粉末や錠剤だと、製造過程で、加熱処理されてしまうので、かなりの部分が失われているようで、新聞などでも、問題視されていたとか

飲料では、「非加熱」の製品も、あるにはあるんですが、特殊なので通販限定でしかうられておらず、一般に流通している、というか、流通させるには、加熱する必要があるようです。

非加熱だと、発酵が進むため、キャップが飛ぶなどの現象がおきるためで、逆にいえば、そういうことが起きないということは、加熱で、菌は死んでいるということですね(-“”-;)

死んだ乳酸菌でも、意味はあるそうですが、生きていてくれるほうが、多分、腸内環境改善力は高いよね?きっと。

免疫力

発酵食品の妙、として、非常に素晴らしいのは、免疫力についてだそうです。

免疫力アップ、と言われるものは、ほかにもあるわけですが、過ぎたるは及ばざるがごとし。

花粉症などは、免疫力が上がりすぎた結果、抗体ができてしまうので、免疫も、上がりすぎないことが、実は重要。

発酵食品を食べてつく免疫力は、丁度いいくらいのレベルまでだそうで、まさに「天網恢恢疎にして漏らさず」な感じですね。

免疫が上がると、回復力もあがるので、結果として熱が下がったり、デトックスになるんでしょう。

品質へのこだわり

「OM-X」は原材料も国産なのは勿論、使う種類・発酵年数なども、試行錯誤の結果、ベストだと思われる組み合わせで造られているそうです。

生酵素のレシピは門外不出。

これは、友人がきいた話ですが工場見学を申し込んだら「納豆を食べたら、工場に入ってもらえませんので、食事に気をつけてくださいね」と、言われたそうで(@_@)菌が混じって、品質に影響したりするんでしょうか?

医薬品レベルの工場で発酵熟成が管理されています。

OM-Xはエキスの粘度が高いため、流れにくく、カプセルもカプセル工場とともに開発しなければならなかったくらい、充填もたいへんだったそうです。

パンフレットにも載っていましたが、安全試験も自分の社だけでなく、第三者機関、をいくつか使うという徹底ぶり。

「夏場の配送はクール便」という、配慮にも品質に対する自信とコダワリを感じることができます。

たしかに美魔女が、「上には上がある」と言っていたのも、ナットクです。

じぶんの「お便り」をみても、これでいいのだ!(バカボンのパパ)と思ったわたくしですが、さらにお上等な、5年物もあるようです。

メラノイジンが増加することで抗酸化作用がさらに強化されているらしいので、病後とか、インフルエンザで抗生物質を使った、とかいう時には、強力バージョンがいいのかもしれないですね。

OM-X生酵素サプリを見る 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク