ハワイ島に行きたいんだ、と、頼まれて探してみたら、JALも9月にハワイ島直行を開設したばかりなので、リキ入れてますね~

そのせいか、ジャルパックにも、微妙に、HISよりいいツアーもあったり、人それぞれではあるとはいえ、いままで眼中にもなかったジャルパックも今後はみてくかな~~と( ..)φメモメモ

ハワイ路線今昔

その昔JALのハワイ路線と言えば、黙っていても席が埋まるせいか、高ピーというか、絶対使いたくない!エアラインNo1でした。

機材はオンボロ。乗務員には日本語が通じない、ごはんが美味しくない、とマイナスイメージ総決算で、さんざんな路線でしたが、今はお食事も、和洋の指定だけとはいえ、できるようになっていたり
JALビジネス機内食・和食
ビジネスもスカイスイートⅡのフルフラットにまで出世。

以前の名前だけビジネスで、機体はいつの?というくらい酷かったのが、ウソのように良くなり、隔世の感があります。

今度からは、ハワイ島へも直に乗り入れられるので、ホノルルに興味ない人には、楽ですよね~。飛行場ものどかだし・・・ほんとに命の洗濯ができる場所、という感じ。
JalSkysuite2

関西からの乗り継ぎ2パターン

とはいえ 関西からだと、直行の恩恵を受けるには、「乗り換え」ハードルがあるんですけどね(^o^;)

伊丹から成田の間は、16:00頃に着く便があるですが、ここがなかなか押えられない。3ヶ月くらい前に決定しておかないと、直前では大抵無理なんですよね。

さらに、たとえ接続便がゲットできても、成田で、4時間程度の待ち時間ができます。

さらに関空は要注意で、関空~東京というのが、羽田に着く便、ということがあります。羽田~成田の移動が必要な接続だったりすると、かなり疲れますので、要注意です(^o^;)
JAL機内食 珈琲
だもんで友人には、オアフ島には一歩も入らないのに、実質乗り継ぎが1時間程度ですむメリットをとって、オアフ乗り継ぎを選ぶ人もいたりします。

ただ、これだと、せっかく運航がはじまったJALでの直行ではなく、今まで通り、ホノルル着。ホノルル~コナはハワイアン航空になります。

ホノルル行きは会社終わりでも使えるように、関空でも10時20分発なので、出発日、日本での時間が有効に使えますが、コナ着は、2時頃にずれ込みます。

伊丹から成田乗り継ぎで、JALの直行便を使う場合は、伊丹発が、14時台の便ですから、出発日、日本では、一日つぶれて、仕事はできない代わりに、コナへは朝9時半につくので、ハワイ島に着いてからの時間が長く使えます。
ハワイ風景
直行便は成田が21:25分発なので、関東の方なら、ジャスト5時半に会社を出ることができれば、ギリギリ乘れる時間かな?な時間帯で、ハワイ島でも、着いてすぐ観光に!というワカモノ向け設定かな。

ホテルに一旦入りたいひとは、9時台に着いても、通常のチェックインは12時までできないんで、関西からハワイ島へいく場合。どうせどこかで乗り継ぐので、そこらあたりまで、考えておくといいかも。

わたくしの場合年齢的に、ゆっくりついて、ホテルで一旦旅装を解くほうが、楽かな~~という気もしました。ビジネスなら席はスカイスイート777というタイプで、ハワイ島直行便とはちがいますが、フルフラットなのは同じ。
フィッシュポンド
JALのハワイ特設ページ で空席検索も可能ですが、このページは説明がまるでないので、余り親切ではありません。

とりあえず右の「▼」を押してみたらば、便の乗り継ぎ内容が出て、
「変更」を押すと他の乗り継ぎ候補も出てきましたので、ご参考までに。

わざわざ「月曜日の朝は混むから避けろ」と書いてあるくらいなので、できるならサーチは月曜朝を避けたほうがいいかも。ハワイだけでなく全部の路線サーチになるから、会社が動く月曜日の朝は集中するんでしょうね。

マウラ ナニ ベイ

どうせJAL使うなら、ジャルパックが意外といい仕事してます。
今回は友人がマウラ ナニ ベイに宿泊希望だったので、ツアーホテルに入っていてさらにランクも選べたのが、イイネでした。

ホテルで多いのは、ヒルトンやシェラトンですが、パワースポットとして急に注目度がアップしたらしく、最近は結構見るようになりましたね。


ジャルパック・ハワイ島コースを見る 》》》

エアとマウラ ナニ ベイホテルを別にとった場合と、パッケージで、価格比較してみたんですが、マイレージでJAL無料とかホテルサイトでなにか特別のメリットでもない限り、ツアーにかなり軍配があがりました。

ここは、昔王族の保養地だった場所で、昔ホノルルに住んでいた友人が、ハワイ島にいくならここに泊るべき、と言っていたのですが、セドナ・ルルドに次ぐパワースポットとかで、今や、かなりの注目度みたい。
マウラ ナニ ベイのパワースポット
近くにほとんどなにもないので、人によって、評価がかなり割れるホテルでもあるみたいですが、せっかく敷地内にパワースポットがあるんだし、ゆったりした日程を組んで、ホテルを堪能しないと、損ですね。

こういう、近場にホテル以外の食事処がない場所では、滞在のはじめのほうに、フルーツとかスナックをスーパーで買い込んで、ある程度の食糧確保しておくと、気楽です。
ハワイの小エビ
コンドミニアムでなくても、ラップのちいさいのを、持参すると、なにかと便利。ジップロックは現地調達もアリですが、ちまっと小さいラップはなかった気がしますんで(^o^;)

ツアーの迎付きは何気にメリット

ホテルまでの送迎が大抵あるのも、ツアーのいい点ですね。

ジャルパックだと、ホテル到着までに珈琲園を回るプラン(※無料だけれど、事前に予約が必要で先着順※)などもあるので、ドトールの珈琲園で到着日に、さっさとお土産買っておく、という手もあり。

それでなくも、ホテルまではとりあえず、送ってくれるので、ホテルで待つにしても、タクシー探しやチップなどが要らないのは気楽。

ビジネスのメリット

もう我々世代になると、ビジネスでないと、身体がついていかないので
最近はビジネスから探すことも多くなりましたが・・・

やはり席が広いと到着後の疲れが違いますね(^o^;)
やっと!!やっと!!ハワイ路線でもフルフラットになったし!
JAL ビジネス・フルフラットシート
ハワイ線はアメニティキットがないようですが、日本のエアラインのは優等生過ぎて面白みもないので、特になくても。。。

お食事も、まぁそれなりに、良い・・・山田チカラさんとか、関西じゃ食べられないしな・・・

食事を見ていて、贅沢な!と思ったのがキッズメニュー

かわいすぎるだろっ!!
JALのチャイルドミール
わたくし、これでよろしゅうございますけど・・・ほほほ

あと、やはり、ラウンジが助かりますね・・・

ハワイで乗り継ぐときは、待ち時間も大してないし、空港内の移動が楽ですが、成田乗り継ぎだと、ラウンジのあるなしは、結構キク。
JAL旧KIXのラウンジ
関西からだと、ターミナル移動もあるし、成田では最短でも、おおむね4時間の待ち時間があるので、その間、荷物にピリピリせずにすむのが、まず楽。

のどが渇いたといってはいちいちカフェに移動する必要がないのは、数時間もの時間つぶし、となると、やはり便利。

シャワーなども使えるので、足シャワーとかで、リフレッシュしたり、本館であれば、仮眠スペースもある。

まぁ、椅子がおおむねいいし、運よく空いていればマッサージチェアも使えるので、まぁ出したお金相応の快適はありますね。
ハワイ島のサンセット
JALのラウンジの内容も、昔はほんっとショボかったのが、とくに成田は、かなり改善された模様。シンガポールへ行ったときは、改装前で、ショボかったのが残念です(ノ_ _)ノ
ジャルパック・ビジネスで行くハワイ 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク