プレッシャーキングプロでつくったおでん

圧力鍋のメリット・デメリット

味が浸み込みやすい状態にまで、早く持っていけるのが圧力鍋のいいトコロ♥
電気圧力鍋プレッシャーキングプロ
しかもプレッシャーキングプロは電気式のため放置しておけるので、抜群に使い勝手がいいんです ♥

その反面電気式のため、強火調理ができません!ので、プレッシャーキングプロでは加圧までに2~30分はかかります。

減圧にはもう少し長くかかりますので、短いレシピでも都合1時間程度は見ておくほうがいい、のもコツと言えばコツかもしれません。
「プレッシャーキングプロ」タイマーで肉じゃが楽々~
プレッシャーキングプロでつくった肉ジャガ
のほうの記事に肉じゃがとスペアリブ、大根煮のレシピについては書いたのですが、カレーやシチューは、圧力鍋独特のつくり方があると気付きました。

一般的なガスの圧力鍋レシピがプレッシャーキングプロでは失敗したものもありましたので、忘れないよう( ..)φメモ

プレッシャーキングプロの煮豆

乾燥豆は一日、水に漬けて戻しておきます。
豆を一晩水に漬ける
お米と蒸し野菜を同時に調理できるみたいに書いてあったので、わたくしの好きな蒸し豆と、家人の好きな煮豆が一緒に出来るはず!と我が家にある蒸し用のプレートを使ったのがまずかったのか?
蒸しプレート
クックパッドでは3分ということだったので、柔らかいのが好きな家人のため お米ボタン加圧5分 でやってみたけど・・・てんで駄目!
上は蒸し豆下は煮豆
そのまま お米ボタンで追加7分 でも、あんまり変化なしでした。

煮豆の味は甘めにしたのですが、なんと!足台が短いせいで、蒸し豆になるはずのほうへも出汁の味がまわってしまい、まるで同じ味に仕上がっていたのも想定外でした・・・(><)

プレッシャーキングプロで使うなら、やはり蒸し器は足が長い、専属の「蒸しプレート」のほうが、使い勝手がいいみたいです(-“”-;)↓↓↓↓
プレッシャーキングプロの蒸しプレートは脚が長くて便利そう
プレッシャーキングプロ ページの下のほうに、関連商品として出てきます。

あああ塩味つけたかったなぁ~~と思いながら、甘くなってしまった蒸し豆をいただいたのでありました。

※追記 煮豆は大量にできてしまったので、こんにゃくと合わせて 再度プレッシャーキングプロのお米ボタン・5分加圧 で煮込んだら、やわらかぁ~~い、本来こうであらまほしかった!ような素敵な煮豆になりました~~
プレッシャーキングプロで再加熱
お豆様には長めのお時間がよろしいようで・・・ちゃんちゃん♪

おでん・シチューボタン加圧13分

味がなかなかしみこまない、と考えたので、大根だけ先に圧力で調理したので、結び糸こんにゃく、板こんにゃく、牛スジ(おでん種として下処理されたもの)だけで おでん・シチューボタン加圧15分しました。
おでん準備
結果はジャガイモは15分だとやりすぎでした!
切らずに丸ごと入れたメークインも割れていました。

こんにゃくには、ちゃんと味が浸みこんでいましたし、牛すじも良いカンジでした。
プレッシャーキングプロで大きなままのメークインも割れてる
大根に関しては、わざわざ別にする必要はなく、10分超える加圧なら、一緒で大丈夫。

というわけで、おでんの場合はおでん・シチューボタン加圧13分 くらいがいいのでわ?が今のところの結論です。

出来たてだと具材の味はお出汁に出たままなので、一旦冷やして具材の中に味を戻し、浸みこんませないと美味しくありません。

加圧が終われば、減圧中はコード抜いてしまうか、キャンセルボタンで、保温をやめるのも、コツといえばコツです。
プレッシャーキングプロでつくったおでん
加圧時間より、一旦温度を下げる時間的余裕をもってつくれるかどうか、のほうが、味への影響は大きかったです。

プレッシャーキングプロで牛スジ下準備

おでんの種で好きなのが牛スジなのですが、我が家の近所で売っている下処理したものは、正直あんまり美味しくない~~~

スペアリブがあそこまでホロホロとろとろになったんだよね?と、牛すじにチャレンジ
圧力鍋で牛スジの下準備・下茹で
鍋の底が見えないくらいの量を目分離量で買いました。300~500g程度でしょうか。で、まずは、ヒタヒタの水だけで 肉ボタンで加圧15分

で、煮あがると、プリップリッ!これは期待できそうな予感です。
高圧鍋で牛すじのゼラチン質がプリプリ
この時点ではまだよくわかっていなかったのですが、圧力鍋で調理した時点(温かい状態)では、食材の中身の味や風味は水に溶けだしている状態で、食材のほうには、あまり味はしみこんでいません。

牛すじのようなものだと、煮汁が使えるか、あるいは、捨てたほうがいいくらい臭みがあるか、は、その時々の食材により変わると思います。

水で炊いておくのは理にかなってなぁと、思いました。

たまたま、使った牛すじの煮汁には臭みも無く、風味もよかったので、スープに加えようかな、と冷蔵庫にいれておきました。
牛すじからでたスープと脂
牛すじの場合、1回目は「下処理」と割り切って、2回に分けてプレッシャーキングプロで煮込むほうがいいようです。

牛スジをポン酢とネギでたべる、とか、甘辛く煮たい場合は 再度 肉ボタンで10分程度加圧 すればOKです。

おでんの時は、もちろん おでん・シチューボタン加圧13分 のように、ほかのおでん種と合わせて、おでんの出汁を加えて「シチューで13分」くらいで、おいしくいただけました(^o^)♪

で、下茹でした煮汁、冷やしたら、脂肪が固まったので、余分な脂肪も取り除きやすかたです。コクがでるので、コンソメ足して、野菜のあんかけに使いました(^-^)

圧力鍋の具とスープの関係

圧力鍋で調理した直後だと、むしろ具からスープに味が出てしまって、具のほうに、だしの味が戻っていくまではいってません。
出来たばかりのシチュー
スープが冷めていく過程で、具材のほうに味が浸みこんでいきます。

加圧が終われば、もう電気は要りませんから、キャンセルボタンで、保温をやめたり、電源コードを抜いて、風通しのいいところに移動させ、早く冷ましましょう!

圧力切り替えバルブを「蒸気開放」にしてもいいけど、勢いよく蒸気が出て火傷とかにも注意が必要になりますので、もし、されるなら、取扱説明書の方法を参考に、充分気を付けておこなってくださいね。

ルーを使う料理はダメ

これも、ちょっと盲点でした。

タイマーでカレー!
作れれば、と思いますよね?ね?
これが、圧力鍋では無理なんですね~~(ノ_ _)ノ

カレーやホワイトシチューのように、どろっと、濃度の高い液体・発泡するもの は、蒸気との兼ね合いのためか、ガス・電気を問わず、 圧力鍋で調理してはいけない んです。

皮つきの肉など、破裂する可能性があるものもダメ なので、ソーセージなども止めたほうがいいです。鶏肉も、シッカリ皮には穴や切り目を入れる必要があります。
プレッシャーキングプロから別鍋に移す
カレーなどは、別鍋に移して、ルーを入れることになります。
どのみち、食材に味がつくのは。圧力鍋での調理のあとになりますので、理屈にはあっています。

さいしょは、手間が増えて、不便だな~と感じましたが、リクツにはあっているし、鍋だと温度管理もしやすく、早く温度を下げられますし、温め直すときも、丁度いいころ合いに調節しやすいので、むしろ便利です。

ホワイトシチュー・肉ボタン分+シチューボタン加圧13分

シチュー用牛肉・500g程度
玉ねぎ:1個
ジャガイモ:3個
人参:1本
マッシュルーム:6個
ローリエ:2枚
ブイヨン:100cc
お肉は一度加圧しておく
塩コショウしたお肉を 肉ボタンで5分加圧 します。
減圧したら、玉ねぎ・人参・マッシュルーム水をひたひた程度・約100ml入れて、 シチューボタン加圧13分

それぞれ、加圧時間の前後に20分内外の予熱・減圧時間がかかりますので、一時間超はかります。
加圧したシチュー用のゼラチンの多いお肉
もっと長く加圧するレシピもあるようですが、別鍋にうつしてから、また火にかけますので、圧力鍋での調理時間は、この程度で充分ではないか、と思います。

加圧後は、玉ねぎやマッシュルームから出た水分もくわわるので汁がふえこんな感じになります。
出来たばかりのシチュー
このまま、この中にルーを入れることもできますが、ルーをキレイに混ぜたかったので、別鍋に移すことにしました。

具材は別の鍋にとりだして、ホワイトシチューのルーをプレッシャーキングプロでできたスープで溶き、ダマが気になるなら網でこし、具材のほうの鍋に加えます。

混ぜすぎてホワイトではなくなってますが(*_*)いちおー、小麦粉と牛乳で作ったルーを使ったホワイトシチューです。

カレーでも、行程では同じになります。
出来上がったシチュー
ここで、もう一つ気づきましたが、圧力鍋でカレー作ったら、パッキンにかなり匂いがしみついて、以後の料理が、そこはかとなく、カレー風味になっちゃう気がするので、やはり、別鍋にするメリットは大きいですね。

鮭と酒粕で作れば、かす汁にも応用できると思います。
鮭だと、肉の下準備がいりませんので、一度だけの加圧でOKでしょう。

煮込み料理の下準備にプレッシャーキングプロ

プレッシャーキングプロは、煮込み料理の下準備として、すんごく便利。

どんな味にせよ、 加圧したあとに味付けするしかない と知ってからは、随分、気楽に使えるようになりました。
圧力鍋で下味用の野菜とか
細胞壁がこわれてて、味が浸み込みやすい状態にまで、早く持っていけるのが圧力鍋のいいことろですが、プレッシャーキングプロは電気式なので、放置して置ける点でも、抜群に使い勝手がいいです。

水分量にもそれほど神経つかわなくていい、とわかったので、想像以上に楽です。
プレッシャーキングプロ内鍋MIN
MINの線以下ではいけないみたいに書いてあったけど、MINは350ml程度です。
水分だけだと、確かにMIN以下ではダメだと思いますが、具材があれば大丈夫です。

具材も、杓子定規にグラム数ではかるより、 鍋の底に敷き詰められるよう切る などして調節したほうが、温度の偏りを防ぐ意味でも大事ではないかな、と思います。

味が浸み込みやすい状態にまで、早く持っていける圧力鍋。
プレッシャーキングプロは 電気式なので、下準備の時間、放置しておける のが、抜群に使い勝手がよく、今さならながら、煮込み料理に自信がつきました(^-^)
プレッシャーキングプロ を見る》》》
ショップジャパン公式ページ 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク