毎年、参加するのが恒例になっている梅田・阪急本店のバレンタインセミナー

2018年の阪急のバレンタインセミナーは、チョッコレート♪チョッコレート♪チョコレートはめ・い・じ♪~~

の明治チョコレートのセミナーに参加いたしました。

なにが凄いって、このレベルのチョコレートがスーパーで買えるってトコでしょうけどね。とにかく、美味しいです(@_@)

あまりチョコレートに興味がない人でも、おなじ明治の半額以下のチョコレートと食べ比べたら、美味しいかどうかはともかく「チガウ」ことは、わかってしまう!と思います。

まぁチガウからといって、あのパリンッと割れる、薄くて、甘~いミルクの板チョコのほうが好き ♥ ってひとは、それなりに多いでしょうし、好みと価格の問題はありますが…

種々の事情でどうしてもお高くなる凝った大人のチョコレートがここまで廉価だと、ほんっとうに嬉しい( ;∀;)

ミニマルなお店が多い中、流石に大企業

スマホのアプリまで開発してくれてます(^o^;)

Google Playか App Storeで
「HHE Chocolate Tasting Note:テイスティングノート」
で検索してみてください。

チョコの名前とメーカー
価格・カカオ産地・含有量・総合評価などを自分でノートして保存しておけます。
プロっぽいな、と思ったのは、最後に「天気」や「マリアージュ」の欄があるところ

たしかに、お天気でね、かわるんですよ。
感想が・・・

Flavour NotesはTHEのパッケージにある7つ
ダークミルクがメインのせいか「ミルク感」「ビター感」というものもあって、面白いです。

数年前にI.C.Aのテイスティングを阪急のセミナーで行っていた時はFlavour Notesは8つでした。

スマホの中にあると、え=と、この産地のチョコはすきだったんだっけ?とか、悩まずにすむので、いいですね。

来年のバレンタインはちょっと、悩みが減りそう(^o^;)

他にも、パッケージを、なんとっ!お札入れとか、栞にしたり、というフツーな転用どころか、アクセサリーをつくっちゃう人とか、アートな作品がザックザク

#ザチョコパッケージアート#thechocolate

でmeiji自体もサポートして盛り上げてます。

たしかに、丁度いい感じで手になじむ薄さだし、カカオ豆の模様がエンボスで盛り上がっていたり、とオシャレです。

なにが凄いって、このレベルのチョコレートがスーパーで買えるってトコでしょうけどね。

あまりチョコレートに興味がない人でも、さすがに、半額以下のチョコレートと食べ比べたら、美味しいかどうかはともかく「チガウ」ことは、わかってしまう!と思います。

まぁチガウからといって、あのパリンッと割れる、薄くて、甘~いミルクの板チョコのほうが好き ♥ ってひとは、それなりに多いでしょうし、好みと価格の問題はありますが

スケールメリットが良い方向にでた典型として、THE には脱帽します。
あああ これからは、翌年のバレンタインまで我慢しなくてもいつでもダークミルクのチョコレートが食べられるんだわぁ~~

スポンサードリンク

スポンサードリンク