土曜日のお楽しみ ♥「旅サラダ」という番組をみていて。素敵だったので、行ってみたいな~~と思ったのが長崎オリーブベイホテル

特に、お食事が美味しそうで、気になりましたので( ..)φメモ

長崎市からはちょっと離れた西海市の大島というところにあるんですね。
〒857-2427 長崎県西海市大島町1577-8
オリーブベイホテル:http://www.olivebayhotel.co.jp


造船所の経営者がオーナーで、元々は船の引き渡しに訪れるお客様のために作られた迎賓館のような施設だった、ということです。
規模が小さめなのに、お食事が充実しているのは、そのせいでしょうか?

海の幸が特に美味しそうでした~~~ ♥

たしか、尾道のベラビスタ スパ&マリーナも、やはり、同じ目的で作られた施設をホテルにしたように聞いたことがありますが、さすがに、船の引き渡しだと、打ち合わせなどがあって、ホテルが必要なくらい長丁場になるんでしょうか?

銀座の歌舞伎座などを設計された、隈研吾氏による設計で、全室ベイビュー・テラス付き。

我が家的に需要なお風呂も、見る限りでは、洗い場付きのいわゆる和式・・・だと思う(^o^;)

55㎡のデラックスルームやスイートからだと、お風呂からスケスケで外がみえるみたいですが・・・外からはみえないのでしょうか?(@_@)ドキドキ

内装デザインはセントレジスのバーや、パレスホテル東京なそどをてがけた G|A|DESIGN INTERNATIONAL社だそうです。

英国ベースのデザイン会社のせいか、ディティールの曲線や小物選びのせいで、シャープになりすぎず、わりといい感じにまとっているなぁ~と感じました。

大昔、出来立てのパーク・ハイアットに泊まったはいいが、落ち着かなくて、3泊だった予定をその場で残りをキャンセル。残り2泊は、今はもうないクラシカルな「アリマックス」というホテルに移動したくらい・・・

一泊ならまだしも、連泊するとなると、シャープなインテリアは、駄目なんだ~と、このとき、初めて、自分の趣味嗜好を痛感いたしました(@_@)

オリーブベイホテルは、名前にオリーブがついているくらいなので、近辺では、多分オリーブが名産なんでしょうね???

オリーブの花って桜に似ているので、満開の時にいくとキレイかもしれない。

長崎といえば、そうでした ハウステンボス
ハウステンボスでは年間通じて、なんらかの花が楽しめるように企画しているようで、これはやはりオランダにちなんでのことでしょうか

個人的には電気が使われるイルミネーションには、ちょっと複雑な気持ちもあるんですが、11月からの「光の王国」は5月の連休まで開催だそうです。
あれ?なんか最後はハウステンボスになっちゃった???

ハウステンボスまでも割と近いようなので、そのあと、こちらでゆったりするのもいいのかもしれないですね。

オリーブベイホテル:一休.com 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク