以前 「ダウントンアビーの時代と豪華な室礼に思ふこと」 に書いたダウントンアビーのエキジビション 「Downton Abbey The Exhibition」

残念ながら日本での開催はまだまだのようですが・・・(..)

サイトにメールを登録すれば、この展示会の最新情報が届くらしい、というので、メールを登録していましたが、どうも、展示会専門の会社に登録しただけで、肝心の「ダウントンアビーの世界展:Downton Abbey The Exhibition」には、登録されていないのでわ?と疑っておりました( 一一)

が!!

2017年11月18日からニューヨークで開催というメールが、開催10日ほど前に届きました(^o^;)

メールを登録すれば、エキジビションの情報を届けてくれる、というお約束は、ちゃんと稼働?しているようです。

まぁ、わたくしはニューヨークまではいけませんが、皆様方で、ご近所へおいでの際はぜひ?

英語のみですが、メールを登録されたい方のためにエキジビションの公式サイトを載せておきます。
↓↓↓↓↓↓
http://www.downtonexhibition.com/
下のほうまでスクロールすると「THE TOUR」の下にメールを登録するようになっています。

すべて英語のメールを拒否していると届かない可能性がありますので、設定などはご自分でご確認くださいませね。


↑↑↑↑はStephen Colbert氏の番組。どんな展示があるかが紹介されていて、なかなかに興味深いです。

Downton Abbey The Exhibitionを機に、2017年NYではダウントン・アビーで大盛り上がりを見せているようです。

↓↓↓↓はいかにもアメリカ的に、英国風のアクセントではなく、アメリカ風にしゃべってくれ!といわれて、レディ・メアリー、伯爵、トムの3人がアメリカンアクセントで台本を読むんですが、これがオオウケ(@_@)

正直、いったいぜんたいナニがそんなに可笑しいのか、なぜ、そんなに爆笑できるのか、と~んとわかりません(^o^;)が

演じてるほうも聴衆も大満足!のご様子。

同じようなネタが、「ラブ・アクチュアリー」でも使われていて、英国青年がアクセントだけでアメリカで女の子にモテまくる、というエピソードがあったんですが

そんなに面白いのかなぁ~~

アクセント、と言われていますが、実際には発音そのものも違うし、イントネーションなど、総合した「話し方」を指します。

いまだ、英国ではアクセントを聞くだけで、あるていど、そのひとの育った環境などがわかるようですね。

エリザベス女王は非常にはっきりとお話になるので、貴族といってもまた、ちょっと印象がちがいますが、ダイアナ妃やチャールズ皇太子のしゃべり方は、たしかに独特。

萩尾望都の「新ポーの一族」でも、ちらっと、このアクセントのことはでていました。そういえば、エドガーはもともと貴族のおぼっちゃまだったなぁ、とあらためて認識した次第。

日本でもお公家さんの口調は、滑るような、鼻にかかったような女性的な喋り方なので、肉体労働をしない階級のひとは世界的に、男女とわずそうなるのかも?

フランス語はそもそも、そんなにイントネーションがきつくない言葉ですが、ベルギー人のフランス語、というのは、独特のからかいのタネ、に使われているらしいです。

アガサ・クリスティの「エルキュール・ポアロ」ではそのネタが結構でてくるし、ポアロが「灰色の頭脳」とかいうのは、プライドの表現なのかな。

通訳レベルの友人であっても「ベルギー訛り」の、どこがどう違うのか、わからないけど、フランス人には簡単に見分けが(聞き分け?)がつくみたいと言っていました。

あれ?なんか話がどんどん「ダウントン」からズレましたね。

「ダウントンアビーのエキジビション:Downton Abbey The Exhibition」いつになったら日本にも来るのかな~~

万が一日本上陸するときは東京だけでなく、ぜひ全国巡回してもらいたい(..)

まだ、ドラマのほうの日本の公式サイトも健在のようなので、リンクを貼っておきますね
↓↓↓↓↓↓
ダウントンアビー・日本オフィシャルサイト
ブルーレイなどの販売もありますし、出演者がでた映画の情報や、いまでも、時折プレゼント企画などもあって、なかなかに盛況のようす。

2018年4月には3女役のジェシカ・ブラウン・フィンドレイが主演の「マイビューティフル ガーデン」の情報が載っていました。

「マイビューティフル ガーデン」にはシャーロックでモリアーティを演じたアンドリュー・スコットも出演しています。

長尺のダウントンアビーですが、いますぐ観たい!となった場合は、2018年5月時点では、動画配信の「U-NEXT」で、全シーズン・全話「見放題」で観ることができます。記事を見てくださる時期によっては、U-NEXTでは配信されていない可能性があります。詳細は公式ホームページでご確認くださいませね。

一応クレジットカードは登録しないとダメですが、一か月はお試し期間として無料で視聴可能ですよ。

エキジビションでは、メアリーの部屋・キッチン・使用人部屋・お食事のテーブルなど、セットがそのままのような形で再現されているほか、衣装なども展示されています。

FIRMDALE HOTELSという英国ロンドンのタウンハウスホテルグループがNYにもホテルを展開していて「WHITBY Hotel」では特別パッケージもあるようです。

ほとんど情報がないなか、Downton Abbey The Exhibitionの展示の様子を見ることができるので、リンクを張っておきますね。
↓↓↓↓↓↓

いつまでこのリンクが生きているかはわかりませんが・・・(^o^;)

またまたダウントンから脱線しちゃったけど、いろんなものを巻き込んで、まだまだ楽しませてくれそうですね。

映画も、まだ撮影には入っていないようですが、企画は決定なようですし、それも楽しみ~~

今すぐ観たい!場合は上にも書きましたが↓↓↓↓

U-NEXTで「31日間無料お試し」体験 ができます。

内容の入れ替わりがありますので、この記事を見てくださる時期によっては、U-NEXTでは配信されていない可能性があります。詳細は公式ホームページでご確認くださいませね。

登録前になにが観られるかをチェックしたい場合は U-NEXT登録前に見放題作品などサーチする方法 を記事にしてありますので、参考にしていただければと思います。
U-NEXT洋画

スポンサードリンク

スポンサードリンク