今回は海外の空港ラウンジの使い勝手からみたダイナースとアメックスカードの比較です。

ダイニングのほうは 「ダイナースとアメックスの「一名無料ダイニング」について比べてみた」 の記事で比較しましたが

空港ラウンジについても、同じようにみえても、ちょっとだけ違いがありましたので、ついでに( ..)φメモメモ

海外の空港ラウンジ

バブリーなころは、どこの上級カードでも通用した、海外の空港ラウンジ。今も国内の空港ラウンでジは、見せればいいだけですが、海外では違います。

なぜ、ダイナースとアメックスかというと、アメックスのほうは、実は「楽天ゴールド」など、ほかの上級カードでも使える「プライオリティ・パス」を使う方式で、ダイナースだけが違うからです。

あってもなくてもいいような「海外の空港ラウンジ」特典ですが、日本と違い、変更や欠航がよくある海外では、ラウンジが使えるかどうかで、疲れ方はかなり違います。

常にビジネスやファーストを使う人には、むしろ、特に意味のない「海外の空港ラウンジ」

椅子があるとかスナックがあるとか以前に、囲われている分、安心感がある。

子供や高齢者がいると、この差は大きいです。

ダイナース・海外の空港ラウンジ

通常のダイナースカードなら、今まで通り、提示するだけでいいので、国内と同じです。

特にログインしなくてもダイナースカード・トラベル・空港ラウンジ で、都市別のラウンジの案内を読めます。

一応ダイナース独自のラウンジサービスだということになっていますが、ほとんどのラウンジがプライオリティパスとかぶっています。

とりあえず、別に申し込んだり、別のカードを持つ必要がないので、急に海外へ行く必要が出たときに、助かります。

今まで、特にプライオリティパスとか使ってきていないので、海外へ行くときも、申し込むことを忘れていそうな気がしますが、それでも大丈夫ってのは助かる==

いまは国内でもですが、海外でも受付でダイナースクラブカードと当日の搭乗券を提示しなければいけません。

e-チケットなどでは、スマホなど確認画面か、印刷したものを持参してないとダメです。

家族カードを持っていないと、家族でも「同伴者」として、「同伴者料金」が発生しますので、その辺は注意が必要。

ダイナースも上級会員だとプライオリティパスの中でも上級会員のパスが、家族の分も頼めば来るそうですが、やはり毎年、申し込む必要があります。

とんと海外へも行かなくなったいまは、ふつーので充分ですが、年に数回海外へ行っていた時期なら、ありがたかっただろうなぁと思います。

年会費がバカ高い上級カードも、海外渡航が多いとか、家族カードが無料とかで、子供二人にジジババの分を作れば、おつりがくるくらい、メリットがあります。

ラウンジとはズレますが短期の語学留学なら、提出を求められる「海外旅行保険証書」として通用する証書も発行してもらえます。

アメックス・ゴールド・海外空港ラウンジ

どのレベルも 「プライオリティ・パスTM」サービス提供会社:Priority Pass Ltd. を別途、毎年申し込む必要があります。

カードの種類によって、会費とか同伴者特典が違うようですので、ダイナースと一番近い、ゴールドカードと比べてみました。

わたくしの保有カードはUFJニコスのカード「プラチナ」という名前なのですが、「名前だけ」で、ラウンジに関してはアメックスのゴールドと同じ扱いのようでした。

一つ上の招待制の眞正「プラチナ」カードだと、プライオリティパスの中でも上級会員のパスがもらえるので、家族カード保持者以外の同伴者も一名まで無料になります。

ビジネスや旅行でも、家族以外のだれかと同伴する機会が多いなら、助かる特典ですね。自分だけラウンジに行くのも気が引けるし、かといって、わざわざ料金が発生すると・・・と悩ましいですものね

「プライオリティ・パス」そのものは、どのクラスでも無料ですが、やはり事前に登録が必要です。

プレミアム・サービス・デスクに登録申込書を請求し、申し込んで、さらに届くまで、約4週間かかるので、急場の対応は難しそう。

そのほかのトラベル特典・アメックス

眞正プラチナカードだけの特典としては、アメックスだと年に1度、国内の対象ホテルに一泊できます。

JALと仲がいいこともあってか、空港近くのホテルはかならず入っているので、前後泊に使うと便利らしいです。

あと、カードランクで保証額などに差がありそうですが、アメックスには、キャンセルの際に損害を補償する「キャンセル・プロテクション」がつきます。

急な出張で海外旅行に行けなくなった場合や、突然の病気、ケガによる入院などで、コンサートに行かれなくなった場合、キャンセル費用などの損害を年間最高50万円まで。

また同伴者の事情によるキャンセルの場合も補償が適用されるという太っ腹です。

むかしホテル業界にいた友人がホテルと旅行に強いアメックスと言っていたのを思い出します。

そのほかのトラベル特典・ダイナース

とりあえず、海外で想定外の高額出費に耐える!!のがダイナース最大の特典?

特に、便利なのがクルーズですね。

クルーズだと長期になるので、金額に一律の上限がないダイナースカードがあると、非常に助かります。

他は、ダイナースもそこそこがんばってるけど、特にコレといった特色を出すまで行ってないのが現状かなぁ

日本だと意外と旅行はJCBが強いし・・・カスミがちですね(^o^;)

先ほどみたら一休とかホテルズコムなどと提携して、国内ならダイナース内トリバゴみたいなサイトが出来ていて、これは今後、便利そうかなと思いました。

海外だとホテル予約も部屋のタイプすら確約できないって、それなら自分でするよな=なくらいのサービスなので、使ったこと・ない( 一一)

ツアーに関してはお値引きがあるので、ダイナース使うならツアーでしょ!が正直なところ。クルーズツアーも多いですね。

年末年始の特別ツアーも「ウイーンフィル」とか席まで確保できてたツアーはダイナースだっけ?お上等なツアーがさすがに多いです。

ダイナースは年金生活になってから申し込んでも通らない気がするので、リタイアして海外旅行とか、クルーズを考えているなら、現役バリバリな時点でとりあえず取っておくほうが、いいかも・・・

提携カードは取得しやすいかもしれないですが、海外で使えないこともあるので、海外で使えるかは、必ずチェックしたほうがいいようです。

昔は使えるところが少なかったダイナースですが、近年USAではマスタ―カードのところで使えるようになった・・・と思っていたら、2017年現時点では「discover」に切り替わった?のかな?

日本人には意外ですが、アメリカではマスターカードがダントツに強いんですよね。

国内ではなぜかJCBと印字されたりしますが、使えるところは近年かなり増えました。ハワイはまずOKだそうです。

今は違うと思いますが、アメリカなのに意外と使えないとこの多いのが、アメックス。現地で驚くんですが、海外へ行くときはとりあえず、数枚のブランド違いを持参されることをお勧めします。

盗難への保険としても、カードは全部バラバラに保管しておきましょうね(^o^;)

超絶ブラックカード

ここはまた聞きですが、どちらのブラックも持っている友人によれば、旅行が好きとか、ビジネストリップが多いなら、年会費の高さに見合う特典があるそうです。

昔に比べアメックスの旅行関係のデスクの質が落ちた、と感じているその友人は、いまはダイナースはエクゼクティブダイニングとか、ダイニング関係が便利なので、出番はダイナースが多いと言っていました。

旅行手配も、ここまでネット手配ができるようになると、自分でするほうがよほど簡単なので、特に「手配してくれる」メリット感じなくなった、そうです。

持ちたいならブラック一枚と、VISA一枚、が、使える場所を考えると便利だ、とのこと。

大昔、海外旅行3人分と、一回の短期語学留学が重なった年、インビテーションが届いたことのある我が家ですが。。。年会費にコケて、スルーしました。

ファーストを正規料金で買えば、同伴者無料とか…誰がすんの?そんなこと?みたいな特典がいろいろ載っていて、夢物語の冊子みたいで、読ませていただくぶんには楽しゅうございました。

VISAはゴールドもいいけど、時と場合により、一般的なカードのほうが安全なこともあるので、会費無料のでいいからVISAやMasterは、一枚は持っておくべき!!だそうです(@_@)

「日本人=金持ちでトロイ」イメージは、このデフレの時代でも海外では健在で、不要なアクシデントを招かないためにも、高級ホテルや高級レストラン以外で使うなんて、あり得ない、と言っていました。

なんだか、どんどん話がズレましたが、とりあえず、海外の空港ラウンジを調べたい方のために再度、リンクを置いておきますね。

「プライオリティ・パスTM」Priority Pass Ltd.公式サイト 》》》
「ダイナースカード・トラベル・空港ラウンジ」公式サイト 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク