とにかく作品数が多いU-NEXT。配信中の作品だけでも4000以上もあるので、大方は埋もれています。
U-NEXT洋画31日無料トライアルバナー
目立つところに出ているのは、ほんの一部なので、登録前にどんな作品が視聴できるか、わかればなぁ~~と思いませんか?

いわゆるB級コメディが好きだと、ぱっと見ではほとんど見つからないので「結局は登録しないと作品名も判らないんだ」と思って、「丁か半か!」で登録したのですが、

ファミリー登録しようとした時、U-NEXTでも登録前に知る方法がある!と気づいたので、U-NEXT「無料お試し!」登録する前に知る方法 をメモ(^-^)

別に裏技とか、アヤシイ方法ではないので安心してください。

いかに無料とはいえ、無駄に自分の情報は登録したくないですもんね。
以下登録前でもできる「埋もれている作品のサーチ方法」です。

下準備

こういうバナーを見た方は多いと思います↓↓↓↓

U-NEXT

このバナーから飛ぶ先にはいろいろあるのですが、下にすぐ「6つの特徴とメリット」と出てくるものだと、U-NEXTの説明は詳しくていいのですが、どんな作品が実際配信されているか、調べるのは、ほとんど無理↓↓↓↓
U-NEXTコンテンツLP
同じバナーでも、たとえば、洋画の希求ページなら、こんな感じで↓↓↓↓
下に、「ヒット」「最新映画」などのタブがあり、人気作品はすぐにわかります。

さらに下にラインアップされている画像からは個別タイトルのページへと移動できます。


個々の作品のページからだと、いろんな検索が可能になるんです!
U-NEXT虫眼鏡検索
一応この下↓↓↓↓に例として置いてある各ジャンル画像からは、それぞれ訴求ページへ飛べるようにしてありますので、試しに覗いてもらうと判りやすいかと思います。

韓流ならキャッチ画面の下に「イチオシ」「地上波の人気作品」などのタブがあり、さらにその下に個々の作タイトルがでてきます。

アニメには課金作品が多いかと思っていましたが、意外にも現在放映中の中でも、見放題が結構ありましたので、家族で分け合えるU-NEXTだと、かなりリーズナブルに楽しめるご家庭もあるかもしれません。


キッズは特にタブはなかったけどすぐ下に作品バナーがでてきます。ディズニー作品は残念ながら見放題ではありませんが、ドラえもんなど選択肢は多いです。

ともあれ、各作品に飛べればあとは簡単ですので、なんとかそこまでは自力で到達してくださいませね(^o^;)

PC・虫眼鏡アイコンから検索して作品を探す方法

実際にはどの作品でもいいのですが、そこに、めでたく目当ての作品があれば、作品のバナーをクリックすれば、作品ページに飛びます。例には「洋画:バンドワゴン」を使っています。
U-NEXT虫眼鏡検索
作品上部のバー、右端に虫眼鏡マークがあります。そこをクリック。

「検索ワードを入力」するサーチ画面になります。
下にジャンルも出てきますが、とりあえず、今回は検索を使います。
U-NEXTのサーチ画面
サーチ欄に、たとえば「ダウントンアビー」と入れると
もし配信中なら、下にズラズラ~~っと検索結果がでてきます。

うろ覚えでも、名前の一部でも、けっこう出てきます。
U-NEXTサーチにダウントンと入力した結果
ちなみに「銀河」とサーチに入れてみると、下のほうに「銀河万丈」さんのお名前がでてきました。
作品名だけでなく、キャスト・スタッフでも調べることができるのは良いですね。
キャストやスタッフからもサーチ可能
「銀河万丈」をクリックしたみると、果たして「銀河万丈」さんが出演されている作品が出てまいります。
こやってサーチをうまく味方につけると、結構面白い作品がでてくるなぁ、さすがに4000作!というのが実感です。

ただ、サーチ検索では作品がメインになるため「見放題」かどうかまでは、わかりません。

見放題を効率よく探す方法

虫眼鏡からはサーチできない 「見放題」を効率よく探したい ときは、ジャンルから探す 方法を使います。

作品上部のバー、左端の青い「設定」マークをクリック
U-NEXTのジャンルから作品を調べていく方法
次にでてきたページのタブから「すべての作品」タブをクリックして、サブジャンルが選べるような画面に行きます。
ジャンルからサブジャンルへ
サブジャンルのなかで「字幕」や「見放題」「並び方」などを指定できますので、見放題に、興味のある作品があるかどうか、を調べるのに便利です。
すべての作品を選ぶサブジャンル
上の虫眼鏡からでも検索窓の下「洋画一覧」「邦画一覧」などジャンルをクリックすれば「サブジャンル」選択画面になるので、虫眼鏡からでもジャンルを選べば、そのあとの手順は同じです。

「サブジャンル」を「SF」にして「見放題」「古い順」に設定すると「キングコング」とか「渚にて」など、わたくし達世代にはウルウルものな作品がでてきます。(注:2018年 5月時点の情報です)

「新規入荷順」とか「50音順」などいくつか選べますので、お好みで。
U-NEXTのSF映画で古い順にリストアップした例
どんなものがあるか、漠然と調べたいときもズラズラ~ッとでてきて、リストをみているだけで、けっこう楽しい(^-^)デス

たとえば「海外ドラマ」枠では「ホワイトカラー」が全シリーズ配信中でしたが、「見放題」だったのはシーズン1の第一話だけだったので、こゆのは「見放題」のほうからは出てきませんから、安心?デス。

たとえ「見放題」で、無料で見ることが出来る作品でも、会員登録していないと、これから先には進めませんので、観たい!となったら、U-NEXTの31日無料お試し ですね(^o^)♪

課金額を知りたいとき

もちろん登録前に課金額を知ることも可能です(^-^)
目当ての作品のタイトルをクリックし、作品ページに飛びます。
U-NEXTのポイントか見放題かの表示箇所の例
タイトル画像の下に「見放題」か「課金作品」か
「字幕・吹き替え」か、などの情報が出てきます。

「ポイント」とあれば、その上に金額も出ています。
ポイント課金額
さらに「見どころ」「ストーリー」の右下には配信されている期間も出てきます。

課金の場合は、ここもチェックしておかないと、登録したのに、最悪、終ってた!てなこともあり得ますので、ここのチェックも意外と重要ですよ!
動画の配信期間が表示されている箇所
値段はすべて「ポイント」と表示されますが、これは多分、毎月払う契約金の中から、「ポイント」というカタチでキックバックされるからでしょう。

「ポイント」は足りなければ、勿論、追加で払えばOK。人気や新しさなどで、レンタル期限や値段が違うのも、一般的なレンタルショップと同じです。

登録していない場合はスタートさせようとしても「ログイン」に移行するだけで、当然ながら「見放題」であっても、視聴はできません。

31日間無料体験

「31日間無料体験」の登録にはクレジットカードの登録は必要ですが、登録だけで、引き落としされるわけではありません。
U-NEXTの登録画面
セコく使うなら、30日目に解約すれば、一円もかけずに、ダウントンアビー全シリーズ観ちゃうとか、いうことも可能なわけです。

そんなウマイ話があるものか、と考えるところですが、WOWOWなどケーブルTVなどとは違い、録画して手元におくことは、基本的にできず、お金をはらう課金作品であっても、配信期間内のみの権利にすぎないから。

そう思ってみると、ちゃんと「レンタル」とかいてあります(@_@)
視聴期間
U-NEXTが太っ腹なのは、無料期間内でも600円分のポイントがもらえるところ(^o^;)

これは、プレゼントなので、課金作品でも600円以下なら、この期間中に観る事ができて、あとで、請求がくることもありません。

すべてにおいてレンタル期限がある

上にも書いていますが、「見放題」も、常にというわけではなく、それぞれに視聴期限があります。

課金作品も、作品を購入できるわけではなく、レンタルなので、返却期限に相当するような「視聴期限」があります。

ホワイトカラーのシーズン1の第一話は無料だったため、登録後は、するっと再生されてしまいましたが、2話を観ようとすると「お金かかるよ」と、でてきます。

ただ、「0円」だけに目を奪われていると、うっかり「ポイント」を使ってしまうので、ここは、注意が必要かも(^o^;)
0円とポイント
「ポイントを利用して0円でレンタル」の意味は、追加で課金はないけど、持ってるポイントからは差っ引くよってことで、「見放題」とは違います。

この時も、一話だけの価格と全話の価格などがでてくる、親切な?仕様です。

一話だけの視聴期限は短いのですが、全話だと一か月とか、視聴可能な期限も一気に伸びるので、ちまちま一話づつ購入するよりは、まとめたほうが、時間的な余裕もついてくるので、便利なようになっています。
視聴期間
例えば、「ホワイトカラー シーズン1」だと
2話だけなら2日間
全話・13話分だと約一か月
半分の6話分だと2週間

また、終了時間は、目録を見た時間が基準になるようなので、ちょっと注意が必要です。

視聴可能な最終日は時間まで、きちんと見ておかないと、いけません。この例だと13:34分迄です。

この記事内書いてあるのはすべて2018年5月時点での情報ですので、最新情報は、登録まえに、上に書いたような方法を使って、ご自分でチェックしてくださいませね。

「31日間無料体験」お得度と書籍

「31日間無料体験」クレジットカードの登録はしますが、一か月は無料ですし、更に600ポイントはもれなく付きます。
2018年5月時点で新作ブルーレイの宣伝をしている「オリエント急行殺人事件」でも432円で、600ポイントあれば観れちゃいます。

600円の使い出ですが、旧作でも映画はおおむね300円代なので、映画なら一本・ドラマで上手くいけば2本という感じです。

一か月過ぎたら1990円が課金されます。

といってもその後も1990円の中から、毎月1200円分はポイントとしてキックバックされますので、実質的には、毎月790円ともいえます。

ポイントは使用期限が3ヶ月・90日分を合算して使ったり、実際の映画館でも使えます。

ここではややこしくなるので、書籍には触れませんでしたが、 に詳しくかいてありますので、興味ある方は読んでやってください。

雑誌は読み放題。スマホには書籍がダウンロード出来、書籍にレンタルではないので、購入したものは、キープ可能です。

書籍はスマホだと別アプリになる関係で、内容はパソコンからしか見ることができませんが、見放題を効率よく探す で書いた手順で、ジャンルの下のほうに「雑誌」「コミック・書籍」をクリックすれば、内容がわかります。

動画一本で1000円超える作品は珍しいですが、書籍だと2000円くらいするものはけっこうありますので、書籍に使いたいときに、ポイント合算できるのが生きてきます。

リストみるだけでも結構たのしいので、登録前にどんな作品が無料で観たり読んだり出来るかチェックしてみてはいかが?
U-NEXTを見てみる 》》》
U-NEXT洋画

スポンサードリンク

スポンサードリンク