「uruotte」もリピートで使っているシャンプーの一つ。

シャンプーに限らずですが、同じものだけをず==っと使ってると、それが無くなってしまったとき、困る
(これが結構あって、実は今も一つ消えかけてます(><;) 偏りができて、耐性ができたり アレルゲンを作るかもしれない・・・等々 ま、賢い消費者としては キャンペーンとか、お得な時に買いたいって のもありますけどね(-""-;)

uruotteへの個人評

まず香りが、アロマ精油なので、ほのかながら、気持ちいいです。

実際、使いだしてから、美容師さんに褒められることが急に増えたので、髪にもよかったんだと思います。

ココナッツオイル由来の成分が最初に表示されてるので、泡もたちそうだな、とあまり心配はしていませんでしたが、いわゆる、ふつうのシャンプーと
同じような使用感です。

シャンプー ジプシーで、「自然派」や「石けん」を渡り歩いた?人でないと、わからないかもしれませんが、

書いてあるうたい文句がよさそうでも、泡がただず、キシキシとなる製品って、多いんですよね(^o^;)
うるおってシャンプー泡

サイトにもかいてありましたが、ホホバオイルのせいで、なめらかなのかな~~

洗い上がりは、可もなく不可もなくというところですが、リンスの必要はあまり感じません。

リンス不要のシャンプー

リンス不要のシャンプーとか、リンス要らずとか、書いてあるシャンプー
最近増えてきたと思いませんか?

クィーンさんの「uruotte」はすでに 「リペアミルク」という製品 で、信用していたので、疑ってはなかったけど、「リンス不要」ってとこでは、トライアル購入した時も、まだ半信半疑・ウタグリッ状態でした。

リンス剤には、どうしてもヌルヌル感があるので、嫌いではありましたが、
かといって、スーパなどで売っているリンスインシャンプーは、頭皮にいつまでも、洗い残こし感があり(今思えば、それがシリコン?)使い切るまえに処分した経験があったので・・・

それが、意外にも、最初から使用感がよかったので、以来、お気に入りです。

今も、リンスインシャンプーと、リンス不要の差がいまいちわかってないんですが、成分の配合比なんでしょうか?

シャンプー剤の差なのかな?というのがわたくしなりの結論ですが・・・
リンス・イン・シャンプーは大抵が高級アルコール系という洗浄力の非常に強いシャンプーが土台。
リンス不要と書いてあるのは、アミノ酸系と言われている、シャンプーが土台…な気がします。

アミノ酸シャンプーというけれど

「uruotte」「アミノ酸シャンプー」や「成分」というものに、興味をもつきっかけになった製品です。

製品とともに届くパンフレットに、かなり詳しい成分と、性質についての表が載っていて、正直、香りがアロマ精油だな、というトコはすぐわかるものの・・・

ココイルなんちゃら、とかラウラなんちゃら、とか、ゴチャゴチャと長いし、あまり真剣に見ていませんでした。

が、一旦、アミノ酸シャンプーを比べていくと、「成分」を知っていれば、ある程度目星がつくことが、実感としてわかってきたので、メモするときに、ついでに成分も書くようになりました。

「uruotte」の洗浄成分はおおよそ以下のようなものです。
水・ココイルグルタミン酸TEA・ラウラミドプロピルベタイン・グリセリン・コカミドDEAなどなど

ココイルグルタミン酸TEA

ココナッツオイル由来の
昔から使われている成分で、どちらかというと、しっとりした洗い上がりになる成分。

低刺激で泡立ちが良いので、髪を傷める心配が少ない。
髪を薄い皮膜でコーティングするのでコンディショニング効果が高く、コンディショナーいらずのシャンプーに、よく使用されている成分。

ラウラミドプロピルベタイン

ココナッツオイル由来:両性界面活性剤

タンパク質を変質させないベタイン系洗浄成分の中では、洗浄力が強いほうなのが特徴。

低刺激な成分なので、赤ちゃん向けのベビー用シャンプーに使われるほど安全性が高い。

髪の保湿や、柔軟性の向上などの効果も期待できる洗浄成分。

グリセリン

保湿成分・uruotte の場合はゴマの種子からとったオイルだそうです。

コカミドDEA

やはりココナッツ由来です。別名:ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
ノニオン(非イオン)界面活性剤

uruotteでは主に気泡力と、気泡の安定のために加えられているようです。

ポリオクタニウム-10

たまにみかける成分ですが、静電気防止のために使わているんですね。洗浄成分ではないようです。

セルロース誘導体とのことで、植物繊維由来。

フェノキシエタノール

エタノールという名前のため、アルコールと勘違いされることの多い成分ですが、防腐剤です。

★シャンプーに使われている界面活性剤などの成分は以下のページにまとめてあります。
参考になれば幸いです。
界面活性剤・忘備録 》》》 シャンプー成分・忘備録

ウルオッテの香り

香りなどは、好き嫌いもありますからね~

香りは、もし、ハーバルエッセンスをお持ちなら「優」に近かったです。

甘くない、ほのかな香り
うるおってシャンプー香りつきアップ

香りのない、「No Scent」は、薬品臭もなく
まさに「無香」

お気に入りの精油があるなら、自分で足せるから「無香」は重宝だと思います。

個人的には無香のほうに、イランイランや、ローズマリー、レモングラスなどを加えて使っいます。

ホホバで白濁

いろんな意味でナチュラルヘアケアできる安心シャンプーですが、ホホバが結構入ってるのが、何気に凄いと思います。

まともなホホバや、オリーブオイルは、低温では白濁しますので、白濁するくらいなら、安心なくらいですが

かといって、初めて、「白濁」に遭遇したら、引きますよね~~

冬場はシャンプーを置いてる場所が寒くて、最初は浴室の温度もかなり低いってこと、アリがちですから、これは、書いておいて正解でしょう。

まぁ、そこまで真剣にシャンプーを見てる人も少ないでしょうけど(^o^;)

ホホバのせいかどうかはともかく「uruotte」は、リンスが要らないので、時短になりるのが嬉しいです(^^)/

これは、ロングヘアのひとならワカルでしょうが
かなり違います( 一一)

うるおってシャンプー香りつき

特に、子供さんとお風呂入らないとダメな世代は
このひと手間、子供のぶんと合わせると、随分ちがいます

ビバ
リンス不要のシャンプー!
洗うだけのシンプルヘアケア


スポンサードリンク

スポンサードリンク