ファッションイベントで矯正下着MARUKOの試着体験がありましたので、モノは試し、と、トライしてみました。
MARUKOのイベント展示

試着体験だけでも価値あり

結論からいうと、試着体験はとにかく体験してみるべし!です。スリーサイズをプロに測って貰えるだけでも、十分価値があります。
マルコのイベントの様子
鏡が2枚ないと、実はプロでも正確には測れない、なんてことも初めて知りました。ちゃんと裏?というか見えていないところも水平かどうかを知るには鏡が一枚では不十分なんだそうです(@o@)

その時は簡易施設のため、もちろん一枚しかないし、服も微妙に羽織ったままの採寸でしたが、なんとっお店ではヌード採寸とかっ(@o@)

さらにさらに店によっては3Dでライザップみたいに、自分の回る人体模型を見ることができるそうです!

って、書いてて・・・MARUKOってライザップグループだって思い出しました。
おなじグループだから出来るのかも(^o^;)

矯正下着も進化していた

わたくしたちバブリー世代なら一度は誘われたことのある矯正下着。

その頃の最先端仕様だったとはいえ、素材が今ほどはススンでおらず、矯正力を持たせるための生地にも、それ相応の厚みがあったと思います。
マツコデラックスなサイズ
それが今やパンティーストッキングですら足首から徐々に圧力を変えて編み上げていける時代。

矯正下着も生地の薄さでいえば、もはや普通の商品と全く変わらなくなっていました(@_@)
矯正下着のサンプル
ね?まるでフツーでしょ?

さすがに履くときは「う~~んこらしょ!」という感じではありましたが、いったん身につけてしまえば、それほどの苦しさがないのはちょっと不思議でしたね(@o@)
マルコ・ボディメイク・ランジェリー

動きやすい(@o@)

イベントでの体験でしたが、試着させてもらった下着はそのまま持ち帰っていい、とのことで着用したまま帰路につきました。

着用直後は気分もアガッてるし、時間もそこまで長くないので、苦しくないのは、まぁ最低限、使えるなというくらいでしたが

買い物をしたり、電車に乗ったり歩いたり、特に「矯正下着を身に着けてる==」というような意識もなく帰宅できました。

ロボットのようにしか動けないんじゃないか、動いたら苦しんじゃないか、という不安があったので、意外な動きやすさにビックリといった具合。

これは、一度キッチリ店舗で体験したいな~と思った次第です。

予約してみた~

MARUKO【無料試着体験はこちら】のボタンから申し込みました。

名前・生年月日・住所・メールアドレスを記入
採寸の希望場所を選び、希望時間は日にちと時間が第3希望まで選べました。
MARUKOの来店予約フォーム
この時はうっかりしましたが「お問い合わせ」という欄があって「連絡のつきやすい時間帯」などを書けるようだったので、もし希望日優先で選択肢のある地域なら 第二2希望の店舗をここにしてほしい、とかを書けばよかったな、と思いました。

わたくしはその日は暇だったし、特に時間は指定しなかったのですが、折り返しの電話がわりとすぐにかかってきました。とっても丁寧で優しい声色のお電話。安心できる雰囲気にほっとしました。
MRUKOの矯正下着
その時にどんな服装で行けばいいのかお尋ねしたところ、付けたらその場で体型が変わるので、それがわかりやすいお召し物だと、よろしいのでわ?とアドバイスされました。

サンプルを準備する都合上、身長・体重を聞かれ、さらになにか重点的に気になるところがあればそれも、ということでした。昨今多いロボットの対応ではないので、思いついたことをスグに聞けるのはいいですね。

もっとよく商品を見て、つけてみたいランジェリーの名前を言えばよかった、と後悔したので、これから予約される皆様方におかれましては、あるていど予習してから予約フォームにご記入下さいませね。

きちんとエントリーシートに目を通してお電話して下さっているようでしたので、希望の品などあれば「お問い合わせ」に書いておくと、より深い打合せができて有意義なのではないか、と思います。

試着体験にはもちろん採寸時間なども含みますので、カウンセリングや商品を変えて試す時間など考えると2時間くらいはかかるようです。

プロの意見が聞ける貴重な時間なので、その時はなるべく余裕をもっておくほうがいいと思いますよ(^-^)

本?試着を体験したらまた記事アップしますね。今から楽しみ~~うふふふ

三浦翔平さんLP

スポンサードリンク

スポンサードリンク