手の甲に余ったCCクリーム。ふと試したら「石けんで落ちない」はずのファンデが
なんと「石けん」でするっ、と落ちていてビックリしたんで
あわてて レポレポ( ..)φ
shabon-SheaButter.jpg
使ったのは「シャボン玉石けん」の「シアバター石けん」

「シャボン玉石けん」さんは、完全に無添加の石けんしか扱わない石けん会社だそうですが
コダワリだけじゃなくて、よく落ちます!
shabon00.jpg
先代の社長の体験から、身体に悪いものは作らない、という方針に転換されたんですね~

箱には、ネット付きとありましたが、この小さい箱に入ってるの???

と、開けてみたら、はい、見た目ちっちゃいですが、ちゃんっと、ネットが入ってます
shabon-net.jpg
どちらかというと、大きめなサイズの「シアバター石けん」でしたが悠々入りました。

小さいネットなので、余裕がない分、できる泡の量が少な目ですが、キメなどはいい感です
shabon-awa00.jpg
個人的には、こういうオマケの小さいネットは、あまり売られてないので、旅行用に重宝で、大好き!なので、貯めてます!(^^)!

日々使うには、吊るせるほうが便利なので、自前の吊るせるタイプを使ってまぁす!

こちらが 市販のネットで泡立てたもの。泡の質感に差はあまりありませんでしたが、大きいので泡立つ時間も早いです(^o^;)
shabon-awa01.jpg
ちょうど、CCクリームを出しすぎて、手の甲に残ってたので
どれくらい落ちるか試してみました
shabon-te00.jpg
肌の色に近いものなので、見分けにくいですが
なんとか見えますでしょうか?
肉眼だと結構ハッキリわかるんですけど・・・
shabon-awa02.jpg
あわを手の甲にのせて
くるくるなじませました。

右下のほうの泡に、色が溶け出て、若干ベージュっぽうのがわかりますでしょうか?
shabon-awa-iro.jpg
るんるん、と流したら、
左の、くぼんだところに、ちょっと残ってました(>_<)

あらら、もっと真剣にやればよかった!
再度、挑戦したら、落ちました・・・
シワに入り込んでた部分は、気を付けて洗う必要がありますね
shabon-te2.jpg
このCCクリームはクレンジングが必要な「しっかりタイプ」

じつは、これほど落ちるとは、期待してなかったので写真が雑なのも、そのせいなのですが・・・

油脂の良しあしが、影響している気がしました。

水クレンジングをコットンに含ませてチェックしたところ
まぁ 二度洗っちゃってますしね、当然ですが、なにもつきません。
shabon-cotton.jpg
石けんで洗うと、どうしても、アルカリ化されるので
肌がツッパル感がでますが、それも、おどろくほど、回復が早い!!!

手の甲で試したので、化粧水とかクリームとか、つけずにそのまま。
ハンドクリームもつけてませんが、
すぐに、しっとり感がもどっていて、あれ?と思ったくらい。

石けん洗顔をいきなり「顔」でせず、じっくり観察しやすい「手」
で試すと、合う合わないもわかりやすい!!!ことを実感。

保湿成分のグリセリンは、じつは、石けんの製造過程で、できるのですが
ふつーの量産石けんは、「異物」としてこれを除いてたんだということも、今回初めて知りました!!

あれま!せっかくの保湿成分を!もったいない!!
shabon-kenka.jpg
自然がいいとかいう「気分」のもんだいではなく、ケン化という方法でつくれば、天然の保湿成分がのこり、肌にも結果的に、優しいものができるんだとか。

「釜炊き」だと、苛性ソーダも、乾燥過程でほぼ残らない、などなど・・・

釜炊きの「純セッケン」の良さって、こういうことだったのねぇ~~

「いい石けん」高いのよね~と、ついつい、思っちゃうんですが、いやいや、そんなことには代えられない!!!と、この小冊子を読むと、久々に、気がひきしまりました(^o^;)
shabon-panf.jpg
納得です!!!

たかが石けん されど 石けんですね!
一応「シアバター石けん」のページにリンクしてますが
いろんな石けんがありますよ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シャボン玉石けん「シアバター石けん」を見る 》》》
shabon01.jpg

スポンサードリンク

スポンサードリンク