これは今後行きたいな~と思って( ..)φメモしたリストで、体験はしていませんが・・・

瀬戸内海の豪華客船
guntuで、ガンツウと読むらしいです。
瀬戸内海の豪華客船gantu:ガンツウ
2017年10月17日就航予定ということなので、すでに就航していると思いますが・・・

ガンツウ:guntu
全19室・すべてテラス付きスイート仕様。
最低でも50平米以上のお部屋になるので、かなりゆったりしています。
gantuの50㎡・内風呂つきの客室
室料は1泊、40万円~100万円(1室を2名利用の場合)だそうですから、豪華で当たり前ですが・・・(..)

カタチが大きな屋形船のようで、独特ですね~

瀬戸内だけを航行する予定のせいか、かさが低く、風景に溶け込む姿がエレガントですね。

瀬戸内海は波が穏やかなので、あまり揺れないでしょうし、こういうお船が向いているのかしら。リバークルーズの船に似ていますね。

「gantuについて」に書いてある説明を読んでも、すぐには船とはわからない(..)

大浴場もあるし、スパもあればジムも完備

ガンツウというのは、小さい青いカニに地元のかたが付けた名前だそうですが、そこまで読んで初めて「船」だとわかります。
gantuという名前の青いカニ
90㎡もある ザ・ガンツウスイートは、船首にあるため、進行方向の景色を眺められる、という珍しいお部屋。

80㎡のグランドスイートには、外のテラスが広い分、ゆったり感がありそう。ヨーロピアンが好きそうな室礼ですね。

大浴場が別にあるせいか、ほとんどのお部屋の部屋付き浴槽は、テラスにあ、いわば露天風呂仕様です・・・漁船が行きかう時間帯だと女性は水着でとか?(^o^;)
gantuの大浴場

50㎡の通常?のお部屋が、でも個人的には一番気に入りました(^o^;)
ちんまりと居心地が良さそうです。

こちらのカテゴリには内風呂形式のお風呂があるタイプもあって個人的にはそこもいいかな

オールインクルーシブのお食事は、オンデマンド?
好きなものを好きな時にということらしいです。
ガンツウのお料理
さすがに瀬戸内なので、お寿司のカウンターはあるようです。
もちろん、有名なお寿司屋さんなんでしょう・・・

ランチはお弁当もおねがいできそうに書かれています。
漁船に乗るとか、イベントはお舟でもいろいろ考えてくれているみたいです。

たぶん寄港地では、自由な散策もできるんでしょう。

お茶はお船といえば、のアフタヌーンティではなく、やっぱり和菓子なのかな。

奈良の有名なお店の和菓子だそうです。
ガンツウで出されるのは和菓子
最近の国内クルーズでも、寄港地としてよく目にするようになった広島のベラビスタマリーナ。これもまた、 「せとうちSEAPLANES」に乗れるツアー でも紹介した「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」にある、ベラビスタマリーナを拠点にしたクルーズらしいです。
gantuガンツウとベラビスタマリーナ
知らないうちに、広島が凄いことになってるかも(@_@)

ブログに草刈正雄さんの体験がのっていました。

草刈さんの後ろに映るのが、ガンツウと、船首のガンツウスイート・露天風呂のあるほうのテラスかと・・・。

船内イベントは季節でいろいろあるようですが、お月見の写真など、風情がありますね~~

屋形船っぽい姿とよくあうなぁ~~
gantuのイベント・お月見

とうぜんのように、おなじ広島・尾道のせとうちSEAPLANES社 に乘ってご到着!

日本ではじめて、水陸両用機SEAPLANESを一般のひとでも乗れるカタチで運航しだした「せとうちSEAPLANES社」とはグループ企業だそうです。どおりで!
せとうちSeaplanesでマリーナ到着
通常は瀬戸内海の遊覧飛行メインの、せとうちSEAPLANES。

クルーズのために広島空港から乗ることもできるのかな?と調べたら2017年2月からチャーター便になりますが、運航があるようです。

ガンツウのツアーはJTBなどではまだ、催行されておらず
guntu Gallery(ガンツウ ギャラリー)でのみ受け付けてます。

2泊3日、3泊4日のツアーを中心に瀬戸内海を巡る5航路を用意。世界遺産のある宮島(広島県)、アートで知られる直島(香川県)、広島・山口・愛媛・香川・岡山などを周遊。

東京「帝国ホテル」本館にがオープンし、同ギャラリーでguntuのツアー販売と予約を開始しています。

guntu Gallery(ガンツウ ギャラリー)

スポンサードリンク

スポンサードリンク