一旦は負けたコンピューターソフト「AlphaGo」との戦い

勝ち返すとは、スゴイですね

自分で学んでいくコンピューターソフトを作ったのがIBMとかではなく、Googleというのも、気になるところです。

ソフトだけではだめですが、R2D2やC3POのように、ロボットが執事のようにかしづいてくれる生活がそのうち実現するかもしれないですねぇ~

SFのような話が、ここまで身近に感じられるとは(..)
しかも、自分が生きているうちに起きるとは!!想像もできなかったなぁ~

鉄腕アトムを見て育った世代なのでロボットに拒否感はないけど、今、思えば、漫画がでた当時は、ほんっとに「夢物語」だったのが、あれよあれよ、というまにどんどん、現実になっている(@_@)

今の小学生に黒電話をみせて、「電話」ってこと自体認識してもらえるか、怪しいなぁ~と思っていたら、案の定無理みたいですね。

「公衆電話の使い方がわからない」と聞いたときには、軽~く衝撃をうけました。

受話器のカタチがなぜに電話を意味するのかが、すでに分からなくなっているですね。

記号も時代につれ変化していくのは当然としても、早すぎないかっ?

携帯電話が登場した当時、私も仕事の関係で会社から支給されていましたが
平野ノラさんが持ってるあのまんま

大きな大きなお弁当箱みたいで車でなければ、とても「携帯」なんてできないシロモノでした。

それが、いまや、グラム数で競う時代。

自分で学ぶコンピューターと言えば「花咲く星ぼしの群れ」という漫画に
そういうコンピューターがでていたのを思い出しました。

「佐藤史生」さんというかたの漫画集
「金星樹」にはいっています。

さすがに、この本自体は、とっくにありませんが
安心してください!いまは復刊ドットコムから出ています。
アマゾンや楽天ブックスから簡単に買えるようになったのはうれしい(^^♪

久々に読み返して、泣いちゃいました(..)

奥付が昭和!!!54年7月5日:1979年!70年代だったんですね(@_@)
初版は奇想天外から、出ていました。

なんと解説は「萩尾望都」

男性でも十分満足できる内容ですので、少女漫画だから、と敬遠せず、
ぜひ読んでもらたい。

小説だったら、もっと広く読まれていたかもですが絵が伝えてくれる雰囲気、ちょっとしたしぐさや、表情が素敵で、やはり、漫画であってくれて、良かったなぁ~~と思います。

ハリウッドにもってけば、全部お買い上げになるんじゃないかと思うほど秀逸な作品が多い「佐藤史生」さん

ハリウッド的な派手な演出はお好みではなかったでしょうから、「シャーロック」や「ダウントン」を生んだ英国のほうがいいかもしれないけど・・・

早逝されたため
もう、新作が読めないのが、残念ですm(__)m

スポンサードリンク

スポンサードリンク