気になったのでサンドラブロック版の予告編みてみました

サンド警官ラブロックも、サンドラブロック~~~
スカーレットが画面にでてるのに
サンドラブロックのデンジャラス・ビューティーがフラッシュバック

天海祐希のときと大差ないや(-“”-;)
ミニオンズのパンフレット表紙
ナレーションのジェフリー・ラッシュも、渋くていいんだけど、カリブの海賊のバルバロッサがナレーション
してるみたいに聞こえてしまった・・・

俳優さんは声優さんより、自分の本来の個性がでちゃうのかな?とも、思ったけど、日本語予告の真田広之のナレーションには全然気づかなかった。

アニメでも、シュレックでは、俳優さんであることは、あまり気にならなかったので
たまたま?かなぁ

ともあれ
ミニオンズ語はどちらも同じ!だったこともわかった(^o^;)

BGMは60年代なロックなのですが、ミニオンズがミニオンズ語で歌ってるのも
けっこうありました

まだDVDは発売されていませんが、アマゾンのデジタルのほうで
サントラの試聴ができるのを発見したので、興味ある方はどうぞ~

ユニバーサルのテーマ曲まで歌ってるのがスゴイ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
アマゾンのデジタル版ミニオンズのページ

ヤキトリ~~
ナカマー

なぜだか「カタカナ」に聞こえるのは
やはり、日本人の発音ではないからかな
minonsのフィギュア
オリジナル音声で見る意味が、そうない映画だったので
映画鑑賞に専念できるほうでいいみたいですね。

日本語だと「日本の60年代ギャグ」になっていて
その頃子どもだった人には、より楽しめる仕掛けがある

日本語の隠れギャグとはいえ
声優さんも、まさか、あの世代ではないしな

BGMは、ほんとにツボ押さえてますねぇ
ミニオンズ・ボブ
音楽は国境を超える!
TVやレコードの普及で、海外だ、日本だっていうのが、関係なく、同時にはやり出す、まさに、そんな時代

スカーレットの戦利品の中にもギターがいくつかあった。きっと有名、ミュージシャンの有名な奴ですね。詳しい人には楽しめるようになってるんだろうな。
ミニオンズ・ケビン・スチュアート・ボブ・
ギタリストといえば、やはり ジミ・ヘンドリクスなんだね~
私のイメージでは、ギブソンのフライングVだったけど、コレクションされていたのは、博物館に保存されてるほうかな?

DVD買ったらチェックだな

映画の最後のほうで、女王陛下がケビンにギターを下賜されるのも粋。

しかも、前ふりが、いかにもイギリス風。
なんだかんだで、ほんとに英国っぽい味付けが随所にあるで飽きない。

昔、少女だったわたしは
すんごく楽しめました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク