渋谷に用事があって、宿泊先を探すことになり、今回は相棒の要望でゼッタイ「洗いい場付きのお風呂があるホテル」でなきゃイヤ!とのことで、探すことに
セルリアンタワー東急ホテル

場所が先か風呂が先か

渋谷近辺で探すか、お風呂で探すか・・・
セルリアンタワー東急ホテルのビューバス
とりあえず、渋谷近辺だと、「セルリアンタワー東急ホテル」が、かなりの部屋で「洗い場付きのお風呂」があるようで、まずは、そこをチェック。

渋谷だと、あとは「グランベル渋谷」でしたが、ここだと一人でも泊まれる部屋にも設定がありましたので、今回はせっかくなので一人ではもったいない、ツインにしか、「洗い場付きバスルーム」がない「セルリアンタワー東急ホテル」に、泊まることに~~

洗い場付きのお風呂って

念のため、書いておくと、「洗い場つきのお風呂」とわざわざ書いてても、いわゆるフツーの家のお風呂のことです。(^o^;)
セルリアンタワー東急ホテルでいえば、こゆかんじ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
セルリアンタワー東急ホテルのツインタイプ・洗い場付きのお風呂
ホテルというのは、西洋の真似っこから始まったので、バスルームも高級であればあるほど、シャワーブースとバスタブが別。大理石っても、冷たいし、滑るし、使い勝手がいいとは、お世辞にもいえなかったんですが、ここにきて、Japanese Bath の良さが広くの世界中に認められたせいか、やっと本家?日本のホテルでも、バスルーム内でシャワーも使えるし、水も流し放題、という「洗い場つきのバスルーム」が増えてきてるのは有難いことです。
セルリアンタワー東急ホテルのビューバス
上はいわゆるビューバスで、バスタブから風景が見えるよう窓際にセッティングされてます。床が大理石か御影石みたいで、タイルの線がはいってますが、洗面台の前に椅子があるし、トイレまで床がつながってるので、水を流して身体を洗えるようにはなってません(と思う)

さて、次は予約です。
もちろん、 「セルリアンタワー東急ホテル」公式サイト でもOKですが、予約サイトのほうがお得なこともく、今回は個人的事情により ホテルズコム で予約しました。今回はお部屋のカテゴリーがホテルズコムだけ表記が違ったのですが、このホテルの変わったカテゴリ分けのせいかもと、思い書いておきます。

セルリアンタワー東急ホテルの「タワーズフロア」は珍しいお部屋

「セルリアンタワー東急ホテル」には「タワーズフロア」なるカテゴリがあります。エクゼクティブサロンを使える高層階、という新手のカテゴリなんですが、飛行機で言えば「プレミアムエコノミー」的な感じのややこしい部屋。
セルリアンフロアのエクゼクティブサロン
エクゼクティブサロンというのは、いわゆる特別フロア専用のロビーで、朝食や飲み物サービスがあり、専属コンシェルジュが常駐しているサロン。
セルリアンタワー東急ホテルでは専属シェフが常駐してるんでしょうか?なかなか豪華なセッティングです。ちなみにこちらのロビーのティーサロンは美味しかったので、そこは期待してます。
セルリアンフロアの朝食
本来の特別フロアである「セルリアンフロア」の宿泊客はエクゼクティブサロンも使えるし、プール・ジムは無料。朝食時にはフロアで供されるブフェだけでなく、レストランでの食事を選べますし、ルームサービスを選ぶこともできます。

「タワーズフロア」の宿泊客だと、プールやジムを使うには代金が、半額とはいえ必要ですし、朝食は、エクゼクティブサロンのブフェで食べられますが、ほかのレストランへの振り替えやルームサービスを選ぶことはできません。

エクゼクティブサロンを使えるんだからいいじゃん、ということかもしれないけど、これ、よほど真剣に比べないと差がわかりにくい。まぁ、一泊くらいでジムやプールは使わないし、フロアで食べられるなら、レストランへ行くこともないからその分お得なほうがいい、という要望があったのかもしれませんね。

ホテルズコム:Hotels.com

ホテルズコムには10泊すれば、1泊無料になる特典がありますが、1年以内に1泊しないと、権利が消えちゃいます。きちんと延長しておけば、今のとこ特典は無期限なので、コツコツ溜めてるとこなんです。だもんで、今回はホテルズコムにしたというわけ!

サイトではこうやって、特典の切れちゃう時期を教えてくれます。泊まっても延長されますが、使っても延長されます(^.^)/
ホテルズコム失効の注意喚起
海外だと一気に数泊溜まるんですが、これがね~~国内だと、飛行機で日帰りしちゃったり、旅行だと旅館だったり、と、扱いのないところに泊まることが多いので、結構ヒヤヒヤもんで(^o^;)

今回も一番お得だったのと、失効予防の1泊ぶんを稼ぐため、ホテルズコムでセルリアンタワー東急ホテルを予約することにしましたぁ(^o^;)

でも、Hotels.comだけ、部屋のカテゴリ表記がいまいち微妙==
「セルリアンフロア」でも「タワーズフロア」でもなく「エクゼクティブ」う==ん、どっちなんだ?いや、そもそもフツーの部屋なのか?もともと、二つのフロアの価格差も微妙なので、他のサイトと比較しても、微妙~~

ほんとにお得かどうかは、泊まらないとわかんないけど、とりあえずは通常のツインなら「洗い場付きバスルーム」であることだけは確かなので、一泊しないと、失効するほうがモンダイだし、そこはフタをあけてのお楽しみ、ということで(^o^;)決行!
セルリアンタワー東急ホテルバスルーム説明
こういう時に変に「ビューバス」のお部屋にアップグレードなんて言われると、つい乗っちゃいそうですが、洗い場付きじゃないので、気を付けなくっちゃ!(@_@)
ホテルズコムでセルリアンタワー東急ホテルを予約する 》》》

エクスペディア:Expedia

エクスペディア:Expediaも、どちらかというと、海外ホテルにつかうことが多かったんですが、いまは国内もかなり充実してきたので、一応、リストアップ。
セルリアンタワー東急ホテルをエクスペディアで見る 》》》

一休.com

高級ホテル専門で始まった一休.comですから、モチロン、あります。
「セルリアンタワー東急ホテルの予約ページ

「セルリアンタワー東急ホテル」ではスーペリアツインのお部屋だけが「洗い場つきバス」で、シングルなどほかの部屋にはありません。

ツインの部屋でも「ビューバスルーム」「コーナーツイン」「スイート」ではシャワーブースが別にある、いわゆる「トイレ・バス別」タイプ。価格帯が上だけと、大理石で豪華だけど、年っしょりには不便な豪華仕様で、我々には無駄に高額なだけ。

禁煙と喫煙がフロアで分けられてることや、枕がテンピュールなど、仕様の細かいところまで書かれていたのも一休.comだけ。部屋が禁煙なのと、フロア全部が禁煙なのとでは、空気の質がちがいますもんね。高級ホテルに泊まる顧客の厳しいニーズ?に敏感なサイトなのがわかります。

一休.comの宿泊プランではタワーズフロアとセルリアンフロアが(差が分かりにくいながらも)たくさんあるので、やはり特別フロアニーズが沢山あるんでしょうね(..)ポイントバックとか、直前割引とか先行予約とか、たくさんありました。

楽天トラベル


ここも、意外なとこが見つかるので、あなどれません!
もともと「旅の窓口」という老舗サイトだったのが多分大きいんでしょうね。なので、大型な旅検索サイトなのに、ストレスなく使えます。

各ホテルの概要説明も写真メインでわかりやすいです。
やはり長く運営されているんで、ツボが的確?
「セルリアンタワー東急ホテル」のページ には「セルリアンフロア」でも「タワーズフロア」の差の説明が、一面にあるあたりにも、客の勘違いを事前に防ごう、という姿勢が出てる気がします。ある意味公式サイトより親切。

今回みた予約サイトで浴槽まで表記があった予約サイトは、楽天トラベルだけでしたしね(^^ゞ各ホテルにより表示内容は勿論違うでしょうが、まだまだ浴室に関する表記があるのは珍しいです。
セルリアンタワー東急ホテル
楽天ポイントを溜めてる人なら、ポイントが溜まるし、使えるというのも大きいですよね。買い物で溜まったポイントで孫に旅行させたげてる、という友人もいます。

JTB

JTBもやはり本領はツアーなのか、ホテル予約では、楽天トラベルに比べても、特にお得な点もないので、一応リストアップしておくという程度ですね。
JTBの「セルリアンタワー東急ホテル」の予約ページを見る 》》》

JTBという文字を見ただけで安心しちゃうくらいの安心感ですが、もちっと親切でもいいような・・・

るるぶ

JTBの国内専用ブランド「るるぶ」もツアーならともかくホテルだけだと、特に特徴もないんで、まぁ一応書いておく、という程度ですね。
るるぶの「セルリアンタワー東急ホテル」予約ページを見る 》》》

予約サイト別・リンク先

●ホテルズコムでセルリアンタワー東急ホテルを予約する 》》》
●一休.comで「セルリアンタワー東急ホテル」を予約する 》》》
●楽天トラベルで「セルリアンタワー東急ホテル」を予約する 》》》
「セルリアンタワー東急ホテル」をエクスペディアで予約 》》》
●JTBで「セルリアンタワー東急ホテル」を予約する 》》》
●るるぶで「セルリアンタワー東急ホテル」を予約する 》》》

スポンサードリンク

スポンサードリンク