ANAマイレージ

LINEが突然ポイントの交換を止める!と宣言してから、あちこちでANAへの交換キャンペーンを見るようになりました。今までは 「Gポイント・交換サイトの最後の経由地」 にも書いたように、GポイントからLINE⇒メトロポイント⇒ANAが定番。

一応再計算してみました。今後もまたキャンペーンがあったら、サクッと読み直すためですが・・・やっと慣れてきたと思ったところで、この事態は残念!

自分に必要なことを書いているから、焦った時には自分の書いた記事が一番役に立つので、とりあえずまだ余裕のある今のうちに計算したこととかメモ( ..)φメモ

Gポイントのキャンペーン中に直接ANAマイル

2019年10月末までのキャンペーン中は

20G⇒10マイル
1000Gpt⇒500マイル(ANAへの交換に手数料は無し)

これはかなりの高倍率。ANA提携カードの一般の交換率と同じです。ただ、これでもやはり現状ではLINEからのほうが、お得でした( 一一)

メトロポイントを経由して交換すると手数料50pt上乗せになりますが
1,050pt⇒LINE1,000pt⇒90メトロポイント⇒810マイル

まだ310マイル分の差があります。

手間がかかってもLINEポイントが経由出来る間は、いわゆるソラチカルートを使いましょう(^o^;)

GポイントからLINEポイントは3日ほどかかりますので、最終日は12月23日が無難かと・・・混んでてつながらないとかになると悲惨なので、早めの対応をしておくにこしたことはないけどね(..)

でもGポイントから直接ANAに変えられることは、覚えておいて損はないかもしれません。

LINEの最終締め切り日は12月27日

ほとんどDdayばりの悲愴感が漂いだしましたが、12月27日がLINEのほうの最終締め切り日です。しかも、なぜか午後3時という半端な時間なので、ここも注意が必要ですし交換可能なポイント数にも要注意です。

LINEからメトロポイントへは300ポイントからしか交換できません!

つまり300ポイントに満たない場合は交換は手数料14ポイントくらいを無駄に使うだけということになります。

しかも、300ポイント以上は無制限かというと、そうではありません。
300・500・1000
という3種類のみ(^o^;)

これにGポイント側で手数料5%分が余分に必要になりますので、Gポイントのポイント数だけでなく、その先のLINEポイントで動かせるポイント数にも気を配らねばなりません。

LINEからメトロポイントへポイント交換できる単位も1ポイントからではないので、あまり焦って交換しても損なだけかもしれない。しかもポイントサイトって反映まで微妙に時間が必要だったりして、きちんと予定を立てるのはマジで大変。

ソラチカを越えらえれるとしたら

じゃ800マイルになるには交換レートがどれくらいならいいのか?

12Gポイントから10マイルに交換できます!なんて告知が出たら、LINE経由と同じになります。

12G ⇒10マイル
1000pt⇒830マイル

クリスマスとかお正月特別企画とかで出てくれるのを祈っておきましょうかね(..)

Gポイントへ入会する時はバナーに注意すべし

直でできるようになったせいか、今ハピタスでは「Gポイントへ無料新規入会」案内が大きく出ています。

ただ、このバナーをポチして入会しちゃうと、なんの特典も付きません。ので、よければこちらのバナーからどうぞ↓↓↓↓

Gポイント

いろんなサイトでここから登録すると50円貰えるというバナーやリンク文字があるでしょ?怪しげに思うかもですが、これを使わない手はないです。

この手のバナーから入会しただけで1000G交換するための手数料一回分50Gポイントが入手できる からです。

ハピタスのような巨大サイトにあるバナーにはそんなこと書いてないのは、ハピタスみたいな巨大なとこにそんな大盤振る舞いしたら大変だからです(^o^;)

だから50G が貰えるバナーやリンクは個人ブログなどなどにしか貼られてないの。

Gポイント

Gポイントのバナーなら↑↑↑や↓↓↓↓のように、特に50円相当のプレゼントがある、と書いてなくても貰えますので、安心してください。

Gポイント

わたくしはこれを知らずに、某大手のバナーから入会してしまって、この貴重な50Gを棒に振っちゃった(^o^;)大手なら安心、と思っていただけにガックリでしたわ~

Gポイントからの交換手数料

GポイントからANAマイレージやスカイコインなど手数料がかからない「等価交換」という交換もありますが、今やろうとしているLINEポイントへのの交換など、手数料がが必要な事がほとんどです。

「手数料」は還元されることになっていますが、還元のためショッピングに使っても、ポイント反映まで、2~4ケ月かかり、その間ポイントは還元されません。

最初読んだ解説ブログではすぐに戻ってくるような書かれ方だったのですが、まぁ実情はこんなもんです。無料のものでそんなに甘いものはないってことですね( 一一)

Gポイント内の解説漫画でも簡単そうに煽ってますが「獲得完了」までの時間が短いモノってあるのかなぁ?

獲得までにかかる時間が短かければ、たしかにスグだけどね( 一一)

即日、もしくは3日以内に貰えるのはアンケート!と思ったら、これは手数料還元とは無関係でした!

そうだった!これでもいいのかと思って必死で答えていた時期があったのに、違っていて棒に振ったんでした(ノ_ _)ノ

しかも、これねー答えるのにコツがあるんですよ。まるでワナみたいにPRバナーが貼りめぐらされていて、答えを選んで「次へ」をクリックしようとすると、別のバナーにポインターが移動してしまっていて、思惑外のサイトに飛んじゃう!

で、肝心のアンケートには戻せなくて、また最初からやり直し~~

なので、アンケートに応えるときは、焦らず、ちゃんと「次へ」のバナーが固定され、ポインターが確実になるまで待ちましょう!

アンケートは簡単ですが、4つ続けて答えないと1Gポイントにならないことも要注意。アンケートでもらえるのは1Gポイント未満のスタンプとかいうモノなんですよね~

というわけで、数G程度のポイントのでよければ即日ゲットできる仕組みはあるんですが、手数料還元までの道のりは遠く、結果も遅いことは覚えておきましょう。

今からだとLINEポイントへの交換手数料に、還元分はアテにはできないと思います。

ポイントサイトからANAマイレージって目配りしなければイケナイことが多すぎて、年寄りには向かないわねぇ

LINE交換12月27日までは

一応再計算してみましたが、LINEを経由するほうが、やはり倍以上お得なので、年内は今までとおり、LINEからメトロポイント。

1000Gptを基本にして考えると
LINEからメトロポイントを経由して交換すると手数料50pt上乗せになりますが
1,050pt⇒LINE1,000pt⇒90メトロポイント⇒810マイル

通常は30Gpt⇒10マイルなので直接ANAマイルへ交換すると
1000Gpt⇒330マイル(ANAへの交換に手数料は無し)で半分以下です。

手間がかかってもLINEポイントが経由出来る12月までは、いわゆるソラチカルートを使いましょう(^o^;)

とはいえLINEへは100Gポイント単位でしか交換できないし、LINEからメトロポイントへは300・500・1000単位のみなので、そこへも目配りしなくちゃですね。ふーっ

端数ポイントと2020年からの対応は・・

Gポイントの交換先はいろいろあるので、万が一いわゆる「ソラチカルート」に時間的に間に合わなくても、手数料なしで直接ANAのマイレージへの交換もできます。

マイレージは20ポイント毎ですが、ANAにはスカイコインがあり1円単位でスカイコインに出来るのでハンパにポイントが余った時にも、ANAには使い勝手が好いです。

ANAにこだわらなければ、Amazonやnanaco、銀行で直接現金にもなります。が、お金に近いものは手数料が高く、それぞれで違うので、交換先がある!と喜ぶところで止まらずに、ちゃんと手数料まで調べたほうがいいですよ(^o^;)

Gポイント