我が家のお雑煮は、関西だけど、味噌ではなく、お澄ましなので、毎年、暮れには昆布とかつお節を仕入れる・・・のだぐぁ

今年は、友人が教えてくれた「だし蔵」というおみせの「関西お出し」というだしパックを使ってみることにした。
関西おだし
化学調味料や保存料などはもちろん入ってないし、材料も国産。

「アゴだし」がブームになって以来、近所のスーパーでも扱う「だしパックの」種類は増えたけど、お正月だし、気分が変わっていいかな~くらいのチョイスでした。

ところが、これが、予想外に美味しいぃぃ!!

まず、アルミパックを開けたとたんの、「カツオ」の香りが、すでにチガウ(@_@)
関西おだしの袋をあけたところ
いやぁ、久々に「かつお節屋」さんの削りたての香りを嗅いだ気がして、しばし、フリーズ。

かつお節削りで削らされてた頃を思い出す。

いやいや、過大な期待は禁物、と、逸る気持ちを押さえながら、水から「だしパック」を煮出していくと・・・
関西おだしを煮る
これが、美味しい~~~

もう、何も足さなくていいくらいの完成度。

始めは透明だった水が、沸騰してからは、色もついてきて、香りもいいんです!

沸騰後3~4分くらい、煮出しますが、この時に野菜とかキノコを入れて一緒に火を通せるのが、「だしパック」の楽なとこ。

昆布とカツオ節だと、さすがに、こうは行かない(@_@)
関西おだし
今年はお雑煮の準備が、ほんっと楽でした(^-^)

写真に撮ったのは3日目なので、具が沢山になってますが、元旦は雑煮大根と人参、青菜に、おもちだけなので、お出しが美味しくないと・・・なのですが、今年は味付けもしないのに美味しくて!
関西おだしでつくるお雑煮
お澄ましは、味付けをドジると、御餅に負けるので、毎年、けっこう気を使うのですが、今年は何もしなくていいのが嬉しかったです。

特に最初の頃はカツオの香りも高かったので、ほんと、お正月のお椀にも充分使えました。

さすがに、徐々に香りは飛んでいくので、風味としては追いガツオをしてあげるほうが、お上品にはなりますが、通常のお惣菜なら、充分なレベルです。

なにより恐ろしいのは、いままで、まったく不満なく使っていたスーパーの「だしパック」に戻せなくなっちゃったこと(ノ_ _)ノ
お雑煮
美味しいものを食べると、ワンちゃんでも安いドックフードに戻れないもんね~~

我が家は「白みそ雑煮」が多い関西では珍しい「お澄まし」なのですが、船場や滋賀など、一部ではお澄ましの地域もあるようなので、そのせいかな~~

祖母は船場ですし、先祖は彦根あたりにいたこともあるようなので、そのあたりの影響かなぁ~

御餅は丸餅なんですけどね
雑煮とかずのこ
関西おだし専門店「だし蔵」は
TBS様【あさちゃん】 関西テレビ様【雨上がり食堂】 関西テレビ様【ちゃちゃ入れマンデー】 朝日放送様 【おはよう朝日】 関西テレビ様 【よーいどん】 朝日放送様 【おはようコール】 MBSラジオ 【歌のない歌謡曲】 ABSラジオ【ホリナビ】などTVでも紹介されてるみたいです。
関西おだし専門店「だし蔵」 ➤

スポンサードリンク

スポンサードリンク