ツイッターのプロフィール・名前・ユーザー名を変更したら通知される?

ツイッター:twitterの「名前」や「ユーザー名」を変更したらフォロワーに通知がいくのか?
 
ン年ぶりにツイッターを使うことになって「名前」をみたら恥ずかったので、プロフィールにある名前を変更しようとして、ハタ!
 
結論から言うと通知はいきませんから、安心してください(^o^;)

名前:ユーザーネーム:data-nameの変更では通知は行かない

あ、名前というのは、一番上にでてくる名前:data-name
 
一般的に「アカウント」や「ユーザーネーム」と言われている名前のことです。
 
変更・更新は「プロフィールの変更」からできます。
 
簡単に変更できるのは助かるんですが、変更したら一斉に「名前が変更されました」とかって通知がいくのか?というのが、気になったんですが
 
twitterのプロフィールを変更・更新しても、フォロワーには特に通知は行かないことがワカリマシタ。ヨカッタヨカッタ(^o^;)

仲のいい友人なら、どってことないんですが、その時だけでのお付き合いで、ほとんど記憶にもないような「誰?」みたいなところにまで行くとなると、それはそれで恥ずかしい(-""-;)

ちなみに「名前」は一部では「ユーザーネーム」とも呼ばれているようですが、英語では「data-name」
 
日本語だけでもOKな、ニックネームのようなものなので、他に同じ名前があってもぜんぜんOK。規則などもゆる~く、文字数が50文字まで、ということだけ。
 
プロフィールにある項目は、他にも画像やURL等いくつか項目がありますが、どれも特に変更や更新したからといって通知されはしないようです。

ユーザー名:スクリーンネーム:data-screen-nameの変更でも通知はなし

もう一つツイッター上で「名前」とついてるのがユーザー名。こちらの別名は「スクリーンネーム」だそうです
 
こちらも変更したとて、特にどこにも通知はいかないようです。
 
ただ、こちらの「ユーザー名:data-screen-name」を変更したら、古いユーザー名当てにツイートした場合は迷子になって届きません(ノ_ _)ノ

そりゃそうです、@の後にくるのはナゼカ、というと、URLの一部になるから。
 
twitter.comの後ろにきて、住所として使われる名前が、この「ユーザー名:data-screen-name」です。
 
URLが変更されるんですから、いままでのURLは幽霊URLになっちゃっいます(@_@)
 
たとえばこのサイトのツイッターURLは↓↓↓↓
https://twitter.com/u6j9jyao0a03f4
名前:ユーザーネーム:data-nameは「日々はっぴーに」
ユーザー名:スクリーンネーム:data-screen-nameは「@u6j9jyao0a03f4」
 
ユーザー名はツイッターのURLになるんだし、こちらは変更できないんだろうと考えていましたが・・・出来ることに驚きました(@_@)
 
こちらを変更する必要がどこまであるかはともかく、ある程度ツイッターでやり取りしていた相手には、あらかじめことわっておかないと、変更後に混乱するとおもうので、変更するときは気を付けたほうおがよさそうですね。

また、ユーザー名:data-screen-nameのほうはURL兼用のため重複登録はできません。完全に早い者勝。なので、変更する際にはいろいろと制約があります。
 
変更も「プロフィールの変更」からではなく「設定とプライバシー」からになります。

スマホの場合はユーザーアイコンをタップ
 
「設定とプライバシー」⇒「アカウント」⇒「ユーザー名」と進みます。
 
ユーザー名の規則
英数字(文字A~Z、数字0~9)とアンダースコア(_)のみ。
文字数は15文字まで
TwitterやAdminといった語は禁止。
 
諸条件をクリアし、かつ今まで使われていないものであれば、めでたく変更できます。
 
@のついたユーザー名も、変更は出来るし、通知もされないけど、気をつけないといけないってコトでした(..)

ユーザー名ではなくIDdata-user-idもある

今まで書いてきた「名前」ふたつは言ってみれば変更可能な記号みたいなものですが、使用者側からは変更できない「ID:data-user-id」というのもあります。

ただ、ツイッターをざ~~っと見ていっても「ID」なんて表示、プロフィールにも設定にも、どこにもないですよね。
 
「ID:data-user-id」は、ツイッターを作った時に自動的に割り振られていて、これは使用者のほうでは変更できないようです。

htmlソースの見方が解かっている人なら、ツイッターページのhtmlの中から探すことができますので、興味のある方はみてみてください。
 
検索機能が使えるテキストエディタ―にhtmlのソースをコピーして
「data-user-id」で検索すると
data-user-id="●●●●●●●●●"
というようなのが出てきます。
 
名前も住所も変えるんだからバレないだろう、と思っていても、IDを見れば一目瞭然。
 
ふつーにブラウザのツールから誰でも見ることができちゃうくらいスケスケです。
 
一番重要なのはこの「ID」かもしれないですね(^o^;)
 
送受信やデータの保存を、ツイッターはURLではなく、この「ID」で振り分けているようです。
 
過去の履歴なんか速攻で出てきそう。名前を変更できるからって、あんまりナメたマネしないほうがいいってお話でした。

ツイッター:twitter 3つの「名前」おさらい

ユーザー名:data-screen-name
ツイッターの住所:URLに使われる。
ユーザー名はURLになるため英数字(文字A~Z、数字0~9)とアンダースコア(_)のみ。
文字数は15文字まで。
TwitterやAdminといった語が含まれるユーザー名は使用できません。
名前:data-name
ニックネームのようなもの。文字数は50文字まで
自己紹介の文章は(最大160文字)まで
プロフィール画像(推奨サイズは400x400ピクセル)
ID:data-user-id
自動的に割り振られる。
変更出来ない。

結論としては名前は変更できるし、相手方に勝手に通知はされません。
 
ツイッターにでてくる「名前」に、いろいろ違いがあることを初めて知った、猛暑の夏、突然のツイッター再開のドタバタでした(^o^;)