いままでは紫外線と言えば、SPF値でした
が、ここにきて、俄然注目をあつめてるのが ロングUVA

最初に打ち出したのは、富士フィルムのアスタリフトですが
今は3つくらいのメーカーが対応品を出していますね

UVAは、SPFのように数字ではなく、PA+の数で今の最高数は4
ラ ロッシュ ポゼのように、横にUVAと、わかり易く書いてるのもあります

肌の奥まで届くのは、このUVAのほう
肌表面を黒くはしないけど、奥でいろいろ・・・(^o^;)

SPF値で表されてるのは、同じ紫外線でもUVBに対してですが
競うように数値が高くなっちゃって・・・

SPF50といえば、たくさん防いでくれそうですが
SPF値が1だと、「20分」日焼けが防げる
という、時間的なもの

SPF50ということは、1時間に3必要として
50÷3=16.67
16時間超、日焼けしませんって意味です

でも、こんなに長く、太陽が照ってるか?、というと

朝7時から10時間で夕方の5時さらに6時間だと
夜11時になってしまうんですが・・・(@。@)

よほど、特殊なスポーツだったり、イベントだったりで
50必要なこともあるかもしれませんが・・・

一般的には夏場でも、7時に家を出て、19時で12×3の36もあれば
十分かな~と思います

それより、シミやシワの遠因たる
ロングUVAのほうに気をつけなくちゃ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク