ハンズや旅行用品の店にいけば 「洗濯グッズ」がパックになった商品があります↓↓↓↓
エアーハンガー入り洗濯セット
が、じつはメインに思える洗剤が必要なことは少なくて、むしろ、ちょっとした小物のほうが役にたつことが多いので、メモ( ..)φ

エアーハンガーは超絶便利

セット物の「旅行用の洗濯パック」を買うなら、エアーハンガーが入ったセットを買うのが、わたくし的おすすめ(^^♪デス

エアハンガー入りの「トラベル用洗濯セット」は「コンサイス」という旅行用品専門のところの製品。エアハンガーというのは↓↓↓↓文字通り空気でふくらませるハンガー。
エアハンガーが膨らんだところ
サビや色移りする心配のない点が秀逸。お風呂のあと、湯気がある状態で、ウールやシルクの服を浴室に掛けておけば、シワが伸びて、アイロン要らずですが、重いハンガーや針金ハンガーでは厚みが出ないので、蒸気もまわりにくい。
 
厚みがあって軽いエアーハンガーは、浴室で使うのに、まさにドンピシャ。理想的。
 
元がペラんペラんのハンカチサイズなので、枚数を準備したところでかさばらず、その点でも使い勝手がいいです。
エアーハンガーに空気を入れる前
移動が多く、時間に追われがちで余裕のないヨーロッパ旅行などでは、ほんっとに便利。乾きやすい素材の下着と合わせれば着替えの枚数も少なくて済みます。

ホテルによっては盗難防止仕様で、そもそもハンガーがクローゼットから取りだせないこともあります。高級な木製のハンガーや布巻のものは、ハンガーからの色移りが心配で浴室には持ち込めないし、濡れたものを干すのにも不向き・・・
エアハンガー
たたむとハンカチみたいなサイズのエアーハンガーは、想定外のことが多々起きる旅先での保険として、一枚はもってると安心な、お薦めアイテム筆頭です(^-^)

物干しロープ持参のススメ

海外旅行なら、洗濯ハンガーはともかく、物干しロープ:洗濯紐は、持参をオススメ。
洗濯ロープ
特にスイスなど、山岳地帯が旅程にある場合は、登山などしなくても天候が急変することがあるので、濡れたものを吊るせるようなロープ・洗濯紐 を持っていると安心です。

うっかり雨に降られて、バッグや、服を乾かしたいような時とか、お風呂場以外に物が干せると、随分違います。
部屋干しロープ
浴室の備え付けロープをアテにしてると、無い時は悲惨だし、なにより、お風呂に入ってる間、使えませんからね==
 
実際スイスではお風呂に備え付けロープ無しの処が多く、さらに浴室の壁はタイル、という、干すに干せない部屋ばかりに当たったので、毎日パズルのようにして、物干しロープを張りました(^o^;)
部屋の中で干すためのロープ・洗濯紐
ホテルの客室内で使う時、ロープの端が、両方同じように留められることって、実は意外と少ないので、巻き付けることができる細いフレキシブルなロープは非常に便利です。
S字かんなど

ちょうどいいとこに引っ掛けられるようなモノがなく、ドアが鉄素材で、マグネットがあれば使えたのに!って歯ぎしりしたことがあって以来、マグネットのフックも追加。
 
物干しロープ・吸盤ハンガー・S字カン・マグネットハンガー「旅行用物干しセット」を自作して常備しています。
 
あ、その場合マグネットは間違っても100円ショップなどで調達しないように!
マグネットフックとS字フックの洗濯セット
物干し用に使うのでかなりの荷重がかかります。ハンズやロフト・ホームセンターなどで、強力なタイプを準備してくださいね。
 
言わずもがなですが、マグネットのはいったセットは、クレジットカードやSDカードなどの近くには絶対いれちゃダメなので、そこも気を付けてください。


マグネットといえばクルーズ客室は、壁が鉄板なので、客室の壁にはマグネットが便利ですが、浴室内はプラスチックで、引っ掛けられる場所が少ないことも多い( 一一)
シャワーバーに巻き付けてロープを張る
シャワーバーに巻き付けられるような細い「紐」状のロープはフレキシブルなので、こういう時にも非常に便利です。

外国船はそもそもシャワーだけで、船内に洗濯設備があるせいか、浴室内にロープがないことのほうが多いので、タオルハンガーが貴重なでっぱりだったりします。
タオルかけに引っかける S字カンは普通のタオルハンガーに掛けられる位の大き目の径で、上下で自在に方向が変わるタイプがあると便利。100円ショップでもみつかると思います。
S字フックは便利 ロープの掘り出しモノは、旅行用品より、アウトドアショップにあるので、探すならキャンプ用品などの店がいいかも。野外での使用を想定しているだけあって、フレキシブルなものが多い。
洗濯ピンチが無くても衣類がとまる
↑↑↑↑は海外で買ったSEA TO SUMMIT「クローズライン:ClothesLine」動かせる丸い珠で衣類をが挟めるので、洗濯ばさみがなくても干せるタイプ

ウールやシルクだと、お風呂のあと、まだ湿気のある状態で吊るしておけば、アイロン要らず。綿でも、あるていどはシワが伸びます。
浴室で使えるヒモ類は、洗濯物を干す以外にも色々使えるし、そうジャマにもならないので、長期の海外旅行なら、マストと言っても良いと思いますヨ
浴室内の物干しロープ

SEA TO SUMMIT「クローズライン:ClothesLine」の物干し用ロープは掌にのるくらいコンパクトなのに3.5mと長いし、これだけでも吊るせる方法が多い優れモノなので、ダントツでおススメ!

紐つき洗濯ばさみも重宝

国内や短期旅行なら、洗濯までしないでしょうから、一個二個でも、洗濯ばさみのように、きちんと挟んで、留められるもののほうが、出番が多い気がします。
紐つきの洗濯ばさみ
↑↑↑↑はじつは文房具ですが、ピンチ部分が小さいので重宝しています。
 
特に洗濯ばさみにロープがついてるタイプだと、お風呂場の洗濯ロープに通せますし、ちょっとした出っ張りがあればひっかけられます。
洗濯用小物
2個あれば、衣類やタオルを広げられるので、シャツなどハンガーがなくても乾きやすく、意外と助かることが多いです。似たものは100円ショップでも買えるでしょうし、日常的に便利に使える優れモノなので、買っといて損はないです。

パックの中で洗える「どこでも洗タクぱっく」

「透明ジップバックのなかで洗濯しちゃおう」というアイテムが「どこでも洗タクぱっく」
 
サイズ的には44×27㎝でジップロック「大サイズのの2倍」くらいの大きさなので、あっても邪魔にならず、下着を頻繁に洗いたい人には特に便利。
どこでも洗濯パック
洗面所などがない宿泊先・キャンプなどを想定して作ったんでしょうか?「どこでも洗タクぱっく」があると、たしかに部屋の中でも、野原でも、水が使えれば、洗って、すすげます。
 
洗濯パックに入れて洗う
パックに衣類・洗浄剤を入れ、水を注ぎ、しばらく置きます。押し洗いの要領で押すくらいはイケそうですが、あんまり強く揉んだりはしないほうがいいかもしれません。
 
片方から水が抜けるようになっているので、洗剤水を抜いたら底を閉じ、水を注ぐ。ある程度すすげたら、底から水を抜く
 
洗剤分がなくなるまでこの工程をを繰り返す。
洗濯パックから水を流し出す。
充分すすげた、と思ったら、袋を丸めてぎゅ==っと、水を絞り出し、衣類を取り出して乾かします。
 
洗濯自体はジップロックでなくても丈夫そうなビニール袋であればできると思いますが、「脱水機能」がオリコウだと思います。手で上手に絞るってむなかなかに難しいんですよね。
 
ジップロックでも出来るだろうけど、サイズ的にはやはり「どこでも洗タクぱっく」くらいあるほうが便利です。
洗濯パックの脱水工程

「どこでも洗タクぱっく」に組み入れられているのは「パックスナチュロン」【注:粉せっけんが添えられている製品もあります】なので、多少のすすぎ残しがあっても普通の洗剤よりは肌や衣類へのダメージは少ないと思いますが、40度のお湯が使えるようなら、洗剤を使わなくても皮脂汚れがおちるので、洗剤無しでもそこそこいけます。

お湯だけじゃ不安~~~という場合は「オレンジX」がおすすめ。
 
洗浄剤としてオレンジのオイルを使っているので、最悪、すすげなくてもOKです。

オレンジXのかんきつ系の香りは室内干しのイヤな臭い対策にもなって、一石二鳥。
 
ただし!普通のトラベル用小分け容器だと容器が溶ける可能性があるので、希釈してアルミパウチに入れるなどの工夫が必要。そんなの面倒、という方にはおススメしません。

洗剤は頭皮用シャンプーでも代用できるので、わたくしなら洗剤は持参せず、このパックのみ持参するかな~。
 
とりあえず、ジップロックを使って洗濯出来ることを知っておいて損はないですよね。海外で特大サイズのジップロックを探してみるのも面白そう(^-^)

ビニール手提げ袋で排水口対策

洗面ボウルで洗濯したいときに、洗面の栓が無い・閉まらない・詰めがあまい、というような時に「手提げ式買い物袋」があると便利です。
ビニール袋を洗面台にかけて水栓の代わりにする

欧米では高級ホテルだからといって、水回りは日本ほど整ってないのが実情。
 
というか、ヨーロッパなど、「古いことが、価値を生む」国ならではの、諸事情があったりします。蛇口のデザインは華麗で素敵~~~ ♥ でも、排水口の栓がちゃんと閉まらないとか、サビサビとか・・・5つ星だよね???と悩むときも、結構あります(-""-;)
 
特に、コンタクトを使うひとは、エマージェーシ―用に、コンビニでもらうような、手提げ式のビニール袋・大きめの物をひとつ、持っていくと良いです。海外では昨今はビニール袋が貰える確率は限りなく低く、もらっても安全対策に穴があけられていたりします。
コンタクトを落としてもビニール袋の中なので安心
持ち手の片方を水栓にかけ、袋が排水口に流れて詰まったりしないよう、ちゃんと準備してから、水を出します。
 
ジャージャー流すような使い方は、勿論できませんが、コンタクトレンズをつける時とか、洗う時、こうしておくと、万が一落としたとしても、買い物袋の中!なので、安心です。

まとめ

ハンガーならエアハンガー ♥

洗濯ロープなら小さくても長くて使い道が多いタイプ ♥

洗濯ピンチは小型で、あればロープで吊り下げられるタイプ。↓↓↓↓は折りたたみハンガーとのセット。

洗剤は髪の毛用のシャンプーで充分なので、個人的には洗剤の袋がトランク内で破れてしまうかもしれない危険を冒してまで持参する必要はないと思っています。