もう、イマドキ、入園グッズをミシンで手作り、準備するなんて風物詩は、消滅したかと思いきや、

まだまだ文字や名前の刺繍など、入園や入学の準備に要るんですねぇ~ミシン
名前が刺繍できるミシンOekaki50
ランドセルは要らないから、ミシンが欲しいと言われ、急きょ手作り派の友人にヘルプを求めました(^o^;)
文字が縫えるミシン公式ページはこちら 》》》

名前をフリー刺繍できるミシン

こどものバッグやコップの袋など、入園準備用品には、名前を刺繍するか、シールを縫い付ける必要がありますよね。

どうせ、袋物も縫うのなら、名前もアップリケではなく、ミシンで刺繍したいと思ったようです。
oekakiで刺繍文字
誰かに頼もうかとも考えたけど、昨年友人が頼もうとしたときは、すでに満杯で、無理だったことや、今後しばらくは、毎年繰り返さねば、な点。

落とした時や、行事で急に必要と言われた時、手縫いは無理(^o^;)
の3点を考えてこの際、買ったほうがいいだろう、という結論になったらしい。
oekaki50で、縫っているところ
単純機能でもお安いほうが良い、と考えがちだけど、直線縫いしかできない1~2万クラスは「安物買いの銭失い」になりやすい、と失敗した先輩ママから言われたそうです。

ミシンは、課題や夏休みの宿題にも使えることを視野にいれると…

ある程度「模様縫い」などの機能もあるほうが、結局はシロウトにも使いやすい、という意見のママ友が多かったそうです。
oekaki飾り縫いの模様番号
「文字刺繍できるミシン」っつーのがあるので、それ、お願いと言われました。

が、その時点ですでに、わたくしの頭は?のオンパレード。

文字刺繍ってなにか特別な機能なの???

ミシンで刺繍もイロイロ

ミシンには、まったくもってうとい、わたくし。

どんなミシンでも、刺繍は、みんなこ~んな風に↓↓↓↓↓フリーハンドで出来るのかと思っておりました(ノ_ _)ノ
フリーハンドの文字刺繍
こんな風に「直線ではないものをミシンで縫う」のは、いわばミシンで刺繍するようなものなんですね(^o^;)

たいてい、そういうのはミシンに「刺繍マシンを追加」するらしいです。

もちろん、刺繍マシンの代金は、ミシン本体とは別にかかりますし、セッティングもその都度しないといけません。

手芸好きで、ミシンにも慣れてないと、使いずらいそうです。

今回お友達がおしえてくれた「OEKAKI」というのは、まさに絵を描くように、自由に縫えるミシンだけど、だからといって、ディズニーキャラクターなどの刺繍や、キレイな文字がサクサクできる!!!ミシンではないとか。

う~~ん 難しいですね(@_@)
プログラムされたミシン刺繍の例
↑↑↑↑こういうタイプの刺繍は「ミシン用の刺繍データ」というのがあって、それを半自動で刺繍してくれる機能がついたミシンでしか使えない。

文字も、キレイに縫えますが、文字数や文字の大きさは自由自在というわけにはいきませんし、データそのものに、また、お金がかかる(*_*)

ミシンなのに、フリーで刺繍できるって、すんごく珍しい機能なんですね(@_@)

「初心者でも刺繍ができるミシンOEKAKI 50」 で、初めて縫った作品がこれ。
使わせてもらって、10分後のものです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
oekakiで刺繍した最初の作品
ちなみに、わたくしが最後にミシンを触ったのはンン十年前の家庭科の授業。以後ミシンとは無縁なので、完全初心者といえます。

縫い目がふぞろいなのは、ご愛敬(^o^;)ですが。10分でここまでできるなんて考えてもいなかったデス。

下の画像は、手作り大好きな友人に、あまりの無知に、半ば呆れられながら教えてもらった作品群。

すべて「OEKAKI 50」で作ったものです。
oekakiを使って造った作品群
とくに手芸や裁縫好じゃなかったんですが、生活の中でミシンがあると、簡単にできるモノって、多かったんですね(^o^;)

リボンを縫い付けるだけでも、華やかになるな~とか、縫い目を飾り縫いにすると、まっすぐ縫えなくても、誤魔化せるな~、とか発見がイロイロあって楽しかったです。

ミシン刺繍は、なかなか思うようにできないんですが、出来ないなりに、おもしろいので、結構ハマります(^o^;)
oekaki練習中ナウ

家庭用の横振りミシン?

プロが使ってる刺繍ミシンを通称(横振りミシン )というそうですが、

たしかに、刺繍してるときは、針は上下というよりは、左右にふれてました!ミシンにはこんなこともできるんですね~~
oekaki縫い幅
ぐん、とペダルを踏むと、普通のミシンなら、アクセル全開~~ってイメージで、前進スピードが上がるわけですが、「OEKAKI 50」で刺繍してる時は、針が、横に大きく振れていきます(^o^;)

ペダルの踏込み強さは、スピードを調節するんじゃなくて、「縫い目の幅」に、反映されてたのが、独特でした。
oekakiフットコントローラー説明
スピード調節のほうはどうするかというと、事前に目盛りで調節しておきます(^^ゞ

あ、でも、コレ家庭用の刺繍機能付きミシンだからなんだそうで、プロが使ってる横振りミシン とは違うらしいです。

踏み込むと、刺繍部分が広くなるって、頭ではわかっても、実感がともなうにはちょっとかかりました。
oekaki縫い目の細かさ
まぁ使いこなせるようになるには、もっとかかりますが(^o^;)けっこ面白ぉい~~

子供が書いた絵や文字をミシンでなぞると、まさに、オンリーワン「世界で一つだけ」の刺繍ができます。

特にちいさいお子さんだと、自分の絵が別の「もの」になることで、ものすごく驚くし、喜んでくれます。
oekakiで刺繍した子供の絵
下手でも(元の下絵も下手なので、製作者の未熟さが目立たない)のもグッド(^.^)手作り感バッチリです。

刺繍とステッチ(ジグザグ縫い)の差

刺繍・刺繍といっても、見た目では、目が詰んだジグザグ縫いと変わらない感じ。

針が横に振れてるのは同じなんですが(^o^;) 多分、振れてる幅を、スムーズに変えられるようになってるのがキモかと・・・
oekaki練習中ナウ
そのせいか「ふつうのミシンでもフリー刺繍できる」というYoutube動画も
ありました。

それみて、「OEKAKI 50」でトライしてみましたが、わたし程度の腕だと、無理でした(..)

お友達によると、「腕」以外にも、ミシンによって設定が違うので、「普通のミシン」といってもメーカーや機種によるんじゃないか、と指摘もされました。

言われてみれば、刺繍機能がついてる「OEKAKI 50」では、通常の押え金で縫う時は、がっつりおさえこまれています。

刺繍機能があるだけに、逆に、ふつうの状態では、Youtube動画のようなやり方は出来ないのかも・・・。

「下絵通りに布を動かして縫う」という、ちょっと考えると単純そうな事が、じつは、全自動タイプの高級な刺繍ミシンでは出来ないって、知ってました?

私は説明されても、なかなかピンとこなくって。。。
全自動の刺繍文字サンプル
刺繍データを入れれば、ちゃちゃっと自動で刺繍してくれるミシンは、どちらかというと、ミシンが勝手に布も動かしてくれるんですね。

そりゃそうですよね~ミシン様が自動でガガガ==ッと縫うのに、こちらの手がついてかなかったり、方向間違ったらマズイですわ。(..)

刺繍を自動的に縫えるプログラム組むのって、複雑だし、大変だろう、と察しはつきますが、そゆことができるミシンは、とにかくお高い!

プロが作りこんだ模様だし、絵柄もカンペキで綺麗ですが、ミシン本体も高価なら、追加で必要な刺繍プログラムの値段も半端ない!!!
プログラムされたミシン刺繍の例
価格相応の仕上がりにはなるのだけど、いかんせん、お仕着せで、自由にはできないのも、残念。

キレイをとるか個性をとるか

「高価であっても完璧なほうがいい」ならプロの作ったものが使えるミシン。

どこまでも自由なことができるのが「OEKAKI 50」って感じでしょうか?
oekakiでミシン刺繍した子供の描いたキリギリス
正直、腕がそのまま反映するわけで(ーoー)
ちょっと恥ずかしいな、というのは多数出来ちゃいましたからねぇ~

なにせ、ンン十年ぶりのこと。それなりにカタチになったのが不思議なくらいですから。

このコップ入れの試作は、見てもらった婆友間で評価が分かれた、いかにも手作りな入園準備品(^o^;)
oekakiコップ用袋に刺繍した犬の試作
自分が使うぶんにはいいけど、
これを幼稚園や小学校の、昨今のイジメ環境を考えると、なかなか難しいお年頃のガキ、いや、お子様たちが受け入れてくれるかどうか、がキモですね。

我が家はゴーイング・マイウェイな性格の家系なせいか、使用する本人の評判は上々だったので、同じ下絵(本人作(^.^)/)で、作り直しました。
oekakiで縫い直したコップ用の袋・犬の刺繍
使うがわの、子供の性格や好みに合わないと、せっかくの高額ミシンが無駄になりかねないから、そこはよ~~く考えねば!と思いましたです。

ふつう文字刺繍はワンサイズが多い

入園準備でまず考えるのが、子供の名前や「〇年〇組」などの文字
名前・文字が刺繍できるミシンOekaki50
これが、ササッと縫えたら便利よね、ってとこですが

これが、自動タイプだと、文字は刺繍できても、ほぼほぼワンサイズなんだそうです(..)

婆友のぴちょさんが、ぼやいてました。

孫のため、張り切って刺繍代行したげようとしたけど、文字の大きさが決まってたので、字数の多い名前では、思うように使えなかったそうです。
全自動の刺繍文字サンプル
あらま~!そ~なの、とボヤキを聞いて初めて気づきましたが(^o^;)文字サイズを変えるってだけでも、もうひとつ全く新しい別プログラムが必要なのね~!!

「OEKAKI 50」ではこういうサイズ混合の文字も、下絵を自分で書くので、ぜんぜん簡単ですが、こんな汎用性のないプログラム、作るはずないですもんね~~
フリーハンドの文字刺繍
フリクションペンで下絵さえ書けば、あとは自分の腕次第という「OEKAKI 50」の身軽さは、確かにスゴイかも(@_@)

う~ん、ミシンって奥が深い。
アップリケを縫いつける
結局、婆友ぴちょさんは「名前を書いた布」を「アップリケのように縫い付け」て、事なきを得たそうですが、そんな基本機能なら、高価なミシンは要らなかったのよ=っ!と、けっこうショックだったとか・・・

お値段の相場

無知といえば、お値段も!

基本的な直線縫いだけにミシンは1~2万円代と、まぁ手が出るお値段。

それが、自動のミシン刺繍機能や、厚地など小技がつくと、ガンッと、10万台に跳ね上がるんですね(..)

刺繍用のプログラムは沢山あるけど、モチロン買わないとダメ。

「刺繍機」という「アタッチメント」というにはデカすぎる、別売りの機器のあるメーカーさんもあるらしく、これまた、これだけで基本的なミシンが軽~くかえるくらい高価。

OEKAKIは6万円台で、お安くはないんですが、なるほど、友人が「お得」といったわけです(..)
oekaki段差縫い
↑↑↑↑これはジーンズの重ね縫いができる様子が載ってたパンフの写真です。

刺繍以外にも、ふつうなら「オプション」な機能がたいてい付いてます。

これって、半分は「押さえ」と呼ばれる「布押さえの金具」だったりするんですが、金具類は、ほぼほぼ全部ついてます。
oekakiの押え金
1~2万のミシンでも「押さえ金」を付け変えれば、対応できる縫い方もあるようですが、そのたびの買うことになります。

これがまた、野菜のように近所のスーパーですぐ買えるようなシロモノじゃない。すぐ手元に届きません。

これは「模様縫い」ですが、これも一種の自動刺繍ですよね。
oekaki飾り縫い
コップ入れにも使いましたが、ふつうのステッチを「模様縫い」にするだけでも、目印になります。

まぁそもそも刺繍ができるミシンですから、飾り縫いの模様の種類が豊富なのは、当然といっちゃ当然ですが、「飾り縫いの数」は、さすがに、あとで追加できないし、ぶきっちょや、初心者には意外と有難い機能(^.^)/
oekaki飾り縫いの模様番号
シンプルな機能だけのものより、いろんな事ができるハイスペックなミシンのほうが、初心者でもとっつきやすいし、楽しく、使う気になる、と友人が言っていましたが、なるほど、一理あるな、と思いました。

ブッチギリで素晴らしいデザイン

値段と自由度、それに、これは最初から感じてたけど、何気にデザインがおサレ!
oekaki50ミシンはデザインがお洒落
ヘルプしてくれた友人も、とにかく大絶賛だった「OEKAKI 50」のデザイン。

イマドキは、どんなミシンもこんなものか、と思っていたら、友人イワク・・・いやいや、こんなにデザインが良いミシンなんて、ない( 一一)

むしろデジタル化が進んだ今、昔より見た目がカクカクしてダサく、どのメーカーのだか、スグには判らないくらい差がないんだとか・・・

「OEKAKI50」は、2016年のミラノサローネで賞をもらったそうですが、インテリア業界にいた身には、これは、なかなか凄いコト。

曲線の優美さや、3色ある色の絶妙さにも妙に納得しちゃったなぁ~。まさにイケメン \(@o@)/なミシンです。
oekaki色3種
所望したヌシは、これなら、リビングにあっても、所帯くさくなくっていい!! とセージグリーンに即決しよったデス。

便利な装備もスタイリッシュ

やわらかなカーブがついた広めの作業台は、デザインだけかと思いきや、ボビンなど細々したものが、収納できるよになってるという、カシコサ(^^ゞ
oekakiの作業台は収納ケースを兼ねているお利口設計
この一部が出っ張ったカーブのせいで、大きすぎないわりに、布が滑り落ちにくく、押さえやすい。

しかも、この作業台が、なんと、着脱自由。
oekaki作業台・収納ケースを外す様子
カパッと外せるので、筒縫いや、小さいものを縫うときなどは、取り外すだけで、小回りもきく(@o@)

産業デザインの鏡のような機能美。
スタイリッシュですぅ。

ミシンの操作説明も、目の前に立てておいたまま作業できるようになってんです~

特にべんりなのは飾り縫いを多用したいとき、模様のナンバーが目盛の目の前にセッティングしておける親切設計。
oekaki手順説明カード
これは、わたしのような忘れっぽいお年頃には助かる機能ですが、糸巻を置く部分が黒く、後退色なので、操作説明を見る時も、圧迫感がない。

しかも、目盛り操作の場所と同じ色にしてあることで、考えるまでもなく感覚的に関連性がわかる。ほんとに産業デザインの。。。以下同文(^o^;)

「OEKAKI 50」の要ともいえるフットローラーは背面に収納スペースがついてます。
oekakiフットコントローラは背面に収まるお利口設計
フットローラーまでが本体の中に、組み込まれてるのが、デザイン的に見事だな、と思います。

オリコウな作業台には、ボビン類、押さえ金具一式だけでなく、糸も入れてみたところ、なんと、数本は入ることが判明。

さぁ使おう!と思った時、小物類をアタフタ探しまわらなくても、糸もボビンも針も同じ場所にあり、さっと始められるんです。もう、ほんっとうに、よく考えられてるなぁ=と思いました。
oekakiの作業台には糸も数本は入れられる!

買うならどんなミシンがいいか

子供の性格が、
※お友達とおんなじものでないと不安なタイプ。
※絶対完璧なキャラクターを刺繍でないと嫌!なタイプの場合
●価格が優先なら、お安いミシンで「お名前シール」「アップリケ」を買って、縫い付る。

●高価でもいいなら、フル装備の刺繍ミシンを買う。

但しミシン本体だけでなく。刺繍プログラムの値段が半端ない!!!ので「実質的なお値段」がいかほどになるか、はきちんと把握してから買いましょう(^.^)/~

※子供の性格が、特にお揃いや、完璧性にこだわらないタイプ。
※手作り感が好き、とか、自作のものが好きなタイプ。
なら「OEKAKI 50」がダントツでおススメです。
名前が刺繍できるミシンOekaki50
あとは、夏休みの提出物や、家庭科の授業でミシンを使うことまで考えるかどうか、ですね。

それにも使うとなると、初心者でもソレナリの作品に仕上げられる「選択肢の多さ」が「OEKAKI 50」のパワーというか、魅力的なところ。

「日本で組み付けてる」ので、修理対応が早くて安心なのが、じつはプロ級友人にとっては、何気に花マルな点だそうです。

デザインフェチとしては、優秀すぎるデザインが、とにかく素晴らしい♥「OEKAKI 50」一押しです
文字が縫えるミシンOEKAKIを見る 》》》 名前が刺繍できるミシンOekaki50

スポンサードリンク

スポンサードリンク