室内履きとスリッパをいれるとこから始めるのが、わたくしの流儀です。
海外旅行に室内履きを準備
旅の荷物、特に、ホテル用にまず、用意するのが履物です。
と言っても、外で履く街歩きや山登り用ではなく、部屋の中だけの「は・き・も・の」

旅館だと室内は裸足なので、不要ですが
ホテルは、土足の場ですから
旅してきた靴を寝るまで履くのは疲れます。
ルームシューズと収納袋
かといって、この頃よく部屋に置いてあるタオルスリッパは、お風呂あがりには最適でも、さすがに館内散策や、朝食を食べにいけません。
ルームシューズたち
わたくしは、もう趣味の域?なので、いいの見つけたら即買いですが、ふつーは、

室内履きなど、旅の準備としては、あまり買わないだろうと思われるアイテムなので、参考になったら嬉しいです(^.^)/

ホテルの部屋に必要な履物たち

国内のほんの一泊でも、ホテルの時は、必ず準備するのが2つの室内履き。
タオル地のスリッパ
湯上り用に使う、タオル地っぽいものと、
ホテル館内でも通用する見栄えの、ルームシューズ、の2つです。
ホテル内でも通用するような室内履き
ホテルは土足空間ですから、せっかくお風呂で足指も綺麗にしたあとも、なにかしら履かないとダメですよね。

室内は、外でトイレにも行き、ホコリつけたままの靴で歩き回ってるわけですから、そんなトコを裸足で歩きたくない( 一一)

タオルドライしても、やっぱり湿気は残るので、そんな足をすぐ靴に入れたくない。

しばらくは裸足で、いたい!!!ので
スリッパと携帯用の袋
スリッパは、なによりもなによりも、必須と思うのであります(@_@)

湯上り用速乾スリッパ必須論

タオル地っぽいものは、最近ではビジネホテルでもついてる時がありますが、リピ買いしているお気に入りがあるので、保険代わりに入れています。
ホテル備え付けのスリッパ
日本だと、ビジネスホテルでも、衛生面と人件費のかねあいか、「お持ち帰りください」って書いて、置いている処も多いけど、海外では、ド高級ホテル以外には、まずありません。

高級とされていても、というか高級だから、か、「皮革製のスリッパ」や「ビニール製のスリッパ」が備え付けられているところもあります。和式の旅館だと、むしろ、スリッパだと、そちらのほうが多いですよね。

ふっかふかのタオルスリッパを、湯上りに使うのは、心の贅沢でもありますが、フカフカでなくても、水分を吸わせるための専用スリッパは必要でわ?
湯上りにはスリッパ
これ、日本人の清潔好きとか、いう以前の問題だとおもうけどなぁ~~

せっかくお風呂なりシャワー浴びて、さっぱりしたところで、まさか、また、すぐ靴はくの???ですよね!!!

欧米の方は平気なんでしょか?

タオルで水分を拭けばいいじゃん、という方も、もちろん多いと思いますが・・・
わたくし的には、やっぱスリッパでしょう!なんです。

しばらくは裸足で、スースーしていたい!もん!!!

何よりもなによりも、必須と思うのであります(ノ_ _)ノ
エクスライブ 折り畳みスリッパ< とはいえ、持ち歩くのにふかふかのスリッパは嵩張る!!! 水分も早く乾いて欲しい ので、ヘビーリピートで購入しているスリッパがコレ いつの間にか、売られなくなったのでこまってるんですが・・・ だれか売ってるとこ知ってたら教えて!!! 素材は「東洋紡エクスライブ」と書いてあるけど、「折り畳みスリッパ」のメーカー名などは不明なんですよね 折りたたみスリッパ
とにかくスリッパは、
乾くのが早いので、つねにサラッとして、気持ちがいいし、衛生的。
そして、この薄さ!!!が決め手です。

最近売られているのは、たしかに洗えるけど、モコモコのが多くて・・・(-“”-;)

ホテル用室内履き・ルームシューズに求める機能

絶対、部屋の外に出ないなら、このスリッパだけでもいいようなもんですが、これでホテルの廊下は歩けないよね~~~

スリッパは、結局は室内ばき兼用にはならない。ゆえに、ホテル内くらいは歩ける室内履きも、持参することになります。
ホテル館内を歩けるような室内履き
自家用の室内履き、との一番の差は「ホテル内を歩けるか」かどうかです。

おおよそ、ホテル内は掃除も行き届き、デコボコもないので、底は厚い必要なし。
底がなくてもホテル内ならOK
ホテルを徘徊しても浮かないような、見た目ソコソコな奴を持っていくとなにかと便利

スパ優先のホテル用室内履き

この頃はスパのあるホテルも多いので、
スパへ行く予定がある時は、素足で履けるかどうかを、考えて選びます。
素足で履けるルームシューズ
いまは、マッサージ専用の施設も「スパ」と呼ばれているので、ヤヤコシイですが、マッサージのほうだとしても、せっかく、帰りに電車とか使う必要なく、せいぜいエレベータで部屋に帰れるのに、わざわざ街歩きの靴をもっぺん履くのはねぇ~~

とくに、プールやシャワー、ジャグジーを使える時は、なおさら
裸足で履けるタイプがいいですね。
透かしではけるクロックスのisabella
お若い方たちは、ハイヒールだって素足で平気かもですが、わたくし世代では、石田純一氏を除くと、たいていは革靴に素足というのは、あまり気持ちがよろしくない。

クルーズやビーチリゾートにクロックス

ハワイやグアムなどリゾート系とかも、同じような感じだと思うけど、かかとのある、サンダルタイプは選択肢のひとつ。クルーズにもいいです。
ちょっとかかとのあるサンダルタイプ
手持ちだとクロックス:CROCS のイザベラ:sabella シリーズが、このパターン。

高級ホテルでクロックスと聞くと、え?・・・でしょうが、clogはともかく、ビーチ沿いなら許容範囲かな~~と思える色やスタイルのものが意外とあります。
crocs isabellaの白サンダル
黒やゴールドを選べば、デナーでもない限り、ほとんどのホテルで浮かないでしょう。

もちろん、もっと素敵なものをお持ちの場合は、そちらをどーぞおもちくださいませ(^.^)/

クロックスは高級ブランドのものより、踵のクッションがいい!のと、素材的に、革より滑りにくいので、気に入っています。

革や布だと、アロマオイルがつくと足先が滑りやすいのよ・・・
意外と上品なクロックスのイザベラ
あと、素材によらず、色が意外と上品なのも、採用理由です。

ビーチ用と言えば、2017年春夏にはない型ですが。ビーチサンダルにストラップがついたタイプは、まさにビーチ用として秀逸でした。
ビーチサンダルタイプのisabella
ビーチサンダルの最大の難点、踵がペッタンペッタン、着いたり離れたりして、歩きにくい欠点がなく、場所によっては床面との相性で、滑りやすいというビーサンに共通の悩みが、ほとんど解消されていました。

特に、砂浜では、もう最強と言ってヨカッタ。砂の抵抗があっても、脱げにくい点は、子供がいて、急に走る必要がでる、子守り用に、ピッタリ!!!
踵が脱げないので安心なisabellaのビーチサンダル
砂浜で走れるビーチサンダルはあんま無いですもんね。2018年には復活してくれるといいのに、と思います。

裸足で履けて、ホテル内を歩け、ついでにちょっとそこまで、くらいOKというようなもの。丁度写真は、クロックス:CROCS で、固めの部類ですが
クロックスは裸足で履けるものが多い
ホテルを徘徊しても浮かないような、無難目の色

一般的には、踵をつぶして履いてもOKなタイプの靴がおススメです。
スパ帰りのときに踵つぶして履いても良ければ、随分楽なので・・・

この手の靴は結構、見付けやすいので、単にわたくしが街歩き用を、室内履きとしても使ってる、というスタンスですかねぇ~~
ルームシューズたち

船旅に重宝なヒールスリッパ

あと「ヒールスリッパ」というのか、ヒールがあって、踵のない、前だけオシャレなタイプは、特にしょっちゅう船内を歩く船旅におススメです。
ぱっと見には靴にみえるヒールスリッパ
前から見たら、高級な靴にみえるグログランとかベロアのものがあると、ほんとに便利です。

日本ではリボン装飾がほとんどですが、海外ではいろんなもが売られています。

海外に行かれたら、ランジェリーやパジャマ・寝具のお店でヒールのあるスリッパとして探すことをお勧めします。

個人的には靴屋さんで売られているミュールより、素敵なものが多いと感じました。
ヒールスリッパ
楽天でちょうどいいお店をもつけたので メモ代わりに貼っておきます。JAVERFLEX社も扱われていて、これはいいとこみつけちゃったかも
スリッパ専門店 Tomy’s

わたくしのお気に入りは「オペラカットスリッパ」とも言うらしいことが判りました。
いまのがダメになったら、オーダーメイドしてくれないかきいてみよっと。

アルコペディコ:Arcopedico ポルトガル製

踵が分厚いし、高級感がないけど、アルコペディコもお気に入りです。
アルコペディコの靴
ここまで踵があると、ルームシューズとしては、いかがなものか、という感じもありますが、中敷きがコルクなので、水分OKなのと

見た目より、軽くて、甲が完全にないくらいまで、へしゃげるので、意外とかさばりません。
arcopedocoは4㎝ほどで意外とかさばらない
室内が多そうな旅、クルーズとかだと、べんりです。

甲が布で、底がプラスティックですから、砂や塩で汚れても、その場で即洗える点も便利。

ペタンコに見えるこちらと、厚みにたいして差がないのは、甲がニットだからです。
甲はニットなのでのびる
アルコペディコの唯一の欠点は「ダサい」とこでしょうけど、ニットが伸縮してくれるおかげで、包帯やサポーターしていても外出できたので、そこは目をつぶります。

判りやすいように違う色のタイツで撮影しておりますが、靴と同色なら、あまりデザインは目立たないかと・・・
アルコペディコ
オフィシャルサイトは↓↓↓↓↓↓
アルコペディコ:www.arcopedico.jp

ジャバフレックス:JAVERFLEX社フランス製

ギリギリ朝食に行けるルームシューズが、フランス製ジャバフレックス:JAVERFLEX社製の、底がゴム引きの布製ルームシューズ。

今はもってないため、似た画像をつけておきましたm(__)m
Javerflexのルームシューズ
昔持っていたものは、サテン地でしたが肌に当たる部分がパイルで、気持ち良かったです。リボンがなく、仕事でつかえるくらい、シンプルなものが、多かったので、お気に入りでした。

布のストレッチがよく効いて、疲れた時に履き替えると、マッサージ効果があって、ふ==っと、疲れがとれ、ヨカッタんですが・・・

今も輸入はされていますが、段々、底のクッションが分厚く、布がちゃちくなって、近所の店舗にあるモノはいかにも「室内履き」

もう「ルームシューズ」以外のナニモノにも見えなくなったので、買わなくなって久しい。
Javerflexのような
それでも、黒ならクリップで誤魔化せば、まぁ~~なんとか朝食とか、軽食程度のとこには行けるでしょう。
靴につける飾り
クルーズのように、頻繁に「ホテル内」を歩く旅には軽いしマッサージ効果もあり、重宝だと思います。
飾りで靴っぽく演出
と、ここまで書いて、ふとサーチしてみたら、
結構あちこちのセレクトショップでいろんなタイプが輸入されていました(^o^;)なまじいつも買う店があると、他をあたらないので、今浦島だった( 一一)すみません。

近所に取扱店があれば一度覗いてみてもいいかも。
室内履き以外にも、内側パイルで外がスポーツシューズみたいな、可愛くて素敵なものが、いっぱい輸入されてましたわ(^o^;)
日本語のオフィシャルサイトはないようでした( 一一)

バタフライツイスト・英国製

バタフライ・ツイストという、英国製のバレエシューズのよなのもあります。
バタフライツイストの靴
こちらは街歩き用のゴム底フラットシューズ。当然ですが、外も歩けます。
バタフライツイストのゴム底
これ、履き口がストレッチが効いていて、いい感じなのですが、踵のとこの縫い目が、数時間はくと、痛くなる…喰い込んでるせいかな~と思います。

履き口にストレッチが効いた靴を買う時は「踵の縫い目」をよくチェックするが正解、と、思いますです(^o^;)
butterflytwistsの縫い目
大昔、大枚はたいて買ったフェラガモが同じ仕様でした。
ご丁寧に、ストレッチも強く、踵もお上等なカタイ革でしっかり補強されてたので、痛すぎて、1時間も履くと、頭痛がした。

かけた費用に対する失望感が半端なく、ガックシきたことがあります。

ふつうの靴だって踵に縫い目があるものですが、履き口にストレッチ性があると、ずっと、押しつけられるような感じになるからかな?と考えます。
バタフライツイストの靴の様子
バタフライツイストのオフィシャルサイト↓↓↓
バタフライツイスト:www.butterflytwists.jp

モカシン

黒や茶色のモカシンタイプで、ペラペラなのがあれば、それもOKかなと思います。
ホテルの中を歩く程度なら、カカトなくてもいいので、高級な革製で薄~いのを見つけたら、ゲットしておくといいかも・・・
モカシン
こゆのは量産されてなくて、たまたま、出会うことが多い、出会いもの。見つけた時が買い時ですね。

現在お気に入りは財布で有名なキプリスの、ぺらんぺらん~のものです。
キプリスの携帯用スリッパ
正直、もちっとフィットしてくれるほうが、脚の疲れが軽減する気はしますが、皮が見るからに上質で、仕上げもいいので、許します。

かなりの高級ホテルであっても、気後れしなくて済むのが、良いです。
素足に履ける室内履き
サーチしたら、一応出てきたけど、現状では。サイズも男性用だけになったみたいです。

キプリスのフライヤーズスタイル■携帯スリッパ(折り畳み)は、公式サイト
フライヤーズスタイル■携帯スリッパ(折り畳み)
キプリス 茶色
「Neu:ノイインテレッセ」というシリーズ取扱店リストはありましたが、このスリッパ自体、今あるのかは微妙==だな
ノイ ジャパン取扱店リスト

現状では革製で似たような製品は、楽天で見付けた専門店 Tomy’sさんでみつかりました。質感的に良さげだったので、参考までに載せておきます。

サーチするなら

あれこれサーチした結果
●「携帯バレエシューズ」で検索すると、沢山ヒットすることが判明。

たしかに今まで書いてきたものの特性は、バレエシューズに似てますね!
バレエシューズ
ですが「バレエシューズ」で検索するとマジなバレエシューズの検索結果がメインになるので、サーチするときは「携帯」をつけたほうが良さそうです。

●「踵付きスリッパ」というのでサーチしても、わりとみつかりました。
「お受験用スリッパ」というジャンルもあるようで、それには日本製のものが沢山でてきました。完全にスリッパ仕様のも、踵付きでルームシューズ仕様のものもでてきました。

なかでもパラデック:Palas%26Decore Luonnosさんのルームシューズ「プリエ」というシリーズが良さそうでした。
プリエ
パラデック公式サイト内 ルームシューズ

プレーンな物で、布製だとスウェットか、綿ツイルになるけど、リボン付きならモアレとかもありました。

●ミュールに似た「ヒールスリッパ」ですが、ちゃんと検索結果がでてくるので、あきらかにルームシューズメインな時は、「ヒールスリッパ」でサーチしたほうが良さそう。

ほんのちょっとした差に思えますが、踵の安定性と、素材の足あたりが違うので、「靴」としてのミュールより、室内用の「ヒールスリッパ」のほうが、くつろぎ度に差がでます。

楽天で見付けた「ブランドセレクト シンフーライフ」さんには、コルソローマノーヴェ:Corso Roma9というメーカーやアースシューズなど、良さげなものがいっぱいあったので、メモ。ただ、室内履きではなく靴なので、実際にはど~~かな~~と、個人的には悩むところです。

どうぞ、目的にあった素敵な室内履きで
良い旅を!

追記

PS「エクスライブ 折り畳みスリッパ」今までは大丸百貨店で購入していたんですが、昨年から取り扱いがなくなりました(><)ガビーン!!!
100均でも、似たようなのは売られてるから、売れなくなったんでしょうかね~
エクスライブ 折り畳みスリッパ
自分もコダワリのないものは100均で買うから、勝手だけど、やはり機能がきちんとついたものは100円では無理だよなぁ~としみじみ思い知ったのでありました。

あっという間に乾く速乾性と、肌触りのよさは、何にも代えがたかったんだけど。。。
いまのが破れたらどーしよ==

スポンサードリンク

スポンサードリンク