びっくりぽんな「灰のおちないお線香」覚書メモ
流川香の猫の香炉

灰が落ちないお線香

「和の香」というシリーズは「灰が落ちないお線香」とのことでしたが、これが無茶苦茶にユニーク。
流川香の和の香シリーズ
燃えながら灰が曲がって、自動的に和ならぬ輪になっていくんです。
以下がその様子です~~ ♥ まずは点火した直後
流川香の和の香まず点火
ちょっと灰が垂れ曲がってきた・・・
流川香の和の香
落ちそうに見える時があるんだけど、しぶとく落ちない・・・どんどん曲がっていきます!!!
流川香の和の香 灰が曲がってきた
これはスゴイでづ(@_@)
曲がるときに重ならないように一旦首?を横に振るんだよ(ー_ー)!!
流川香の和の香が曲がる様子
で、また戻るの
流川香の和の香 輪になって灰が落ちない
中でマイクロ小人が操作してるんじゃないかと疑りたくなるくらい正確に動く(@。@)
流川香の和の香 灰がさらに曲がる
とうとう線香もAI技術による自動運転が・・・といっても騙せそうです(-“”-;)
流川香の和の香 燃え終わりの様子
燃えたあとも、そのままのお姿でキープ。
灰は、落さない限りは、このままなのかもしれません。
流川香の和の香 完全燃焼
燃えカスは触るとポンと落ち、指でつぶすと灰になりました。
糸や針金などが入ってるわけじゃないことが、これでわかりますが
流川香の和の香 お線香の灰
それにしても、よくぞあんな動きができるもんだ(ー_ー)!凄いぞ 流川香。

和の香り6種

灰が落ちないお線香には季節の名前がついたお線香4種と白檀・沈香があります。
流川香の和の香シリーズ
春はやわらかなピンク系の色。桜の花がイメージできる香りです。

夏はあざやかな若緑で、ちょっと草っぽいところもありますが、さほどグリーンな香りではありません。

秋はラベンダーらしいけど、一番香りが柔らかな感じ。

冬は深めのローズ色だな、と嗅いでみたら、やはり薔薇のゴージャスな香り。お香でここまで薔薇っぽいのは珍しいと思いました。

白檀は甘めの香りがつよい白檀。白檀はお線香になるとエッセンシャルオイルより甘さが強調されるみたいですね

沈香はさわやかさが勝った香りでした。

見て楽しむお香

コーン香もあるのかな、とサーチしたら、なかなかに彫刻的?な変わったものが出てきて・・・
流川香の香炉
このカタチを楽しむのね??とみてみると・・・んん?なんか変。

なんとっ 香台というのか?香炉でいいのか?煙が流れるのを楽しむんだと(@_@)

これは異人さん、特に西洋人に見せると「アメージン」とかなんとか大喜びするであろうシロモノですね。

民泊など主催されているなら、一つあると喜んでもらえそう~

流川香さんのお香には他にも車のシガーソケットに挿して使う「車香」などのユニークな製品があります。

「車香」はNHK「まちかど情報室」で2018年5月15日に紹介されたそうですが
流川香の車香
実際に使用していると渋滞のときのストレス解消に役立つと好評だそうです。たしかに、単なる芳香剤とは違い、生薬のブレンドなのでリラックス効果はあるだろうと思われます。

狭い車内で焚くため煙はもちろん出ないようになっています。

ストレートに香りがたつ香水系より、ほのかな香りで気持ち落ち着き、渋滞時のイライラに好いかもしれないですね。

体に直接ぬる塗香:ずこう

他にもお香には、身体に塗るタイプのお香「塗香:ずこう」というのがあります。

今までは主に写経をする方や僧侶などがメインで、一般にはあまり知られていなかった種類のお香です。
流川香の塗香
持ち歩けるお香・塗香を試してみた に詳しく書いたのですが、粉なのでベトつかないし意外と使いやすいお香です。

流川香さんではパッケージも女性にも使い勝手が良いように工夫されていて感心しました。

もちろん香りのバリエーションも、他ではちょっとないくらいの充実度です。

それにしても流川香さんには摩訶不思議なものが沢山ありますなぁ~(^o^;)

まさに温故知新。
アロマセラピーのオイルとはまた違う香りの世界。東洋の香りも風雅でよろしゅうございますわね

スポンサードリンク

スポンサードリンク