ちょっと不思議なカタチのドライヤーでしょう(@_@)
ヤーマン・スカルプドライヤー
その名を「スカルプドライヤー」という、頭皮ケアに注目したニュータイプなドライヤーなんです ♥

メーカーのヤーマンは美容機器とミネラルファンデの会社。

ミネラルファンデのセミナーに参加したとき、おでこのシワにいいやつ(美顔器)ない?と聞いたら、おもむろに持ってきてくれたのが、このスカルプドライヤー
ヤーマンscalpDryer
日本発の 頭皮改善ドライヤー なんだそうです(@_@)

頭皮マッサージもできるドライヤー

え?おでこにいい美顔器ってコレ?
ドライヤーじゃないの?え・え・え・?と混乱していると、すかさずスカルプモードで頭をマッサージ?というか、押し付けてれば、ブルブルしてみせてくれました(@_@)
スカルプドライヤーを頭に押し付けてマッサージ
自分でもさせてもらうと、いやもう「気持ちいい~~」のなんのって

おでこから登頂にむけてブルブルするのはもちろん、コメカミや首筋におしつけたりできるので、確かにドライヤーというよりは美顔器でした(ノ_ _)ノ

この取っ手が便利なのかな~~と思ったのですが、わたくしの指短の手だと、ちょっと掴みにくかった(/ω\)わざわざ要らないような気もするんですが、このスカルプドライヤーの真骨頂は「遠赤外線」なので、そこはヨシとします( 一一)
ScalpDryer持ちかた
この突起があるせいで重しになって振動させるときに飛び跳ねないから良いのかも?とも思いました。

60度で乾かす

詳しくは スカルプドライヤー公式サイト をみて戴くほうがわかりやすいのですが

普通の温風のほかに「スカルプモード」というのがあります。

それを使うと、60度という低温かつ遠赤外線効果で髪の内部を温めながら、乾かすことが出来るんです。

60度だと毛髪のダメージはほとんどないそうなので、お利口ですよぉ~ ❢

最初、風も弱いし、温度も低いので、ダイジョブかなぁ~と心配したんですが、意外と早く乾くんですよね。
遠赤外線ドライヤー
やはり、遠赤外線のおかげでしょうか?

遠赤外線が髪の水分に吸収されると、熱に変わるので、髪の毛の中からも乾くからなんでしょうか。

最近MDNAの美顔ローラーで 遠赤外線の凄さ を実感したとこなので
「スカルプドライヤー」が60度でも乾くってのが、けっこ納得できました(@_@)

実際、風量も温度もさほどでもないのに早いような気はしていたのですが、気のせいではなかったんですね(^o^;)

スカルプドライヤーは、低温風でも髪を内側からしっかり乾かすことが可能なので、夏場でも使いやすいです。
スカルプドライヤーと説明書
説明書によると、スカルプドライヤーが採用している「育成遠赤外線」は、遠赤外線の中でも4~14ミクロンの特定の波長域にある遠赤外線なんだそうです。

身体を最も活き活きさせる波長である、ということも研究でわかってきているそうな・・・

この「育成遠赤外線」で、頭皮の温度と弾力がアップするそうですが、それとは別に、微振動もあるので、スカルプモードはと~~っても気持ちいいです。

エイジングケアにおいて「遠赤外線」は、注目のテクノロジーなんですね(@_@)

頭頂部などは、まぁ水分も抜けやすいんですが、首筋辺りは乾かしにくい箇所でもあるので、そこにストレスなく、いや、ストレスを軽減しながら乾かせるので、冬場はほんっとにウホウホですよ(^.^)/

冬は特に、温く温くなプルプル感がたまりませんのよ うふ

美容音波振動

今回じっくりサイトを見直してみて、このブルブルも「美容音波振動」というものだということを知りました。
美容音波振動を出すヤーマン・スカルプドライヤー
たしかに、このブルブルが気持ちよくて買ったのですが・・・「美容音波振動」ですか・・・

遠赤外線といい、音波振動といい、なかなかに奥が深いんですね(@_@)

サイトに載っていたイベント来場者の声にも「100%がなんらかの実感がある」と答えた、とありますが、振動があるので、たしかに、これを感じないなんて、あり得ない!!です。はい(ノ_ _)ノ

毎分3700回ときいたところで、実感わかないでしょうけど、結構ブルブルします。(@_@)

サイトにはブルブルの様子も載っていますし、頭頂部の温度変化、キューティクルの様子などエビデンスが掲載されていますよ

スカルプヘッドの気持ちよさ

スカルプドライヤーのアタッチメント
サイトではスカルプヘッド(大)の先端についても詳しく説明されています。

指圧に近い感覚を再現するために、特別調合したシリコンを採用。突起の先端は二種類の形状をランダムに配置することで、まるで指先のような感触を再現。頭皮をやわらかくもみ流し、健やかな髪へと導きます。
2種類の異なった先端が頭皮に複雑な刺激を生み出し、飽きないもみ心地を実現。引用元: スカルプドライヤー:YA-MAN

スカルプヘッドの大
わざわざスカルプヘッド(大)の先端の写真を載せてアピールしてることからも判るように、マッサージに使うにと、この 肉球みたいなぷにぷにが気持ちいい です。

とくに耳のうしろのリンパや、後頭部を温めながら使うと、マッサージ効果もアップしてる感じで、まさに一石二鳥。

でもですね、ソフトな材質のためか毛量が多いと、しなっちゃうんですよね。
柔らかいスカルプヘッド大
毛量が多かったり、硬めのひとは、櫛のようにつかって「乾かす」目的には、スカルプヘッド(小)のほうが、良いです=。

ある程度乾いてのちは、適度に振動が伝わる、うっふ~ん ♥ なブルブル感を楽しみながら、ゆっくりもみほぐしに使ったほうがいいように感じました。

髪が乾いてからマッサージとして使うほうが、髪のキューティクルにも良いいはずです。

スカルプヘッド(小)みたいなのと冷風を、交互に使ってちゃっちゃと乾かすほうが、ツヤ髪になるってNHKのガッテンでもやってました 「傷んだ髪の共通サイン❝空洞化❞を防ぐ新常識」

スカルプヘッドのアタッチメント小

わたくしが購入した時はコームヘッドのほうが標準で、スカルプヘッド(小)はオプションだったんですよね。

で、どなたかが、髪の量が多いと、付属のスカルプヘッド(大)ではダメだったようなことを書いておられたのを見つけ、どうせなら、とロゼの購入を決めた次第。
スカルプドライヤーのアタッチメント大と小
スカルプヘッド(小)は単ん櫛が短いだけでなく、素材も(大)よりちょっと固い仕上がりのヘッドです。

で、たしかに髪の毛の分量が多いと(小)くらいの細さというのか、櫛部分の密集がないと櫛が髪の分量に負けてしまうので、スカルプヘッド(小)があってヨカッタ(..)としみじみしました。
スカルプヘッドの小
素材がしっかりしているので、硬くて多い髪が濡れてひっついてるような状態のときからでも、きちんと髪の毛をかき分けて風を通すことができます。

このまま(小)で乾かしていけば、根元を立ち上げやすいのですが、毛量が多いとライオンちゃんになることもあるんで、そこはテキトウに(^o^;)

購入当初は面倒だな、とアタッチメントをつけ変えずに使っていましたが、りしなかったのですが、セミロングからショートにしたら、いきなりライオンちゃんになって以来、根元が乾いたら、(大)に変えてもみほぐしながらか、冷風と交互につかって乾かしております(^o^;)
ヤーマン・スカルプケアドライヤー遠赤外線
軽かったり、短い髪なら、わたくしたち世代が特に気になる頭頂部も、ふ~んわりボリューム感のあるスタイリングができます。

細かいブラシは、育毛剤のもみこみにも最適だそうですが、遠赤外線との相乗効果もあってか、頭頂部が薄めになってきた友人たちには大好評です。

コームヘッド

これから買う方がなやむのは、オプションにコームヘッドを付けるかどうかでしょう。
スカルプドライヤーのコームヘッド
ヘアスタイルの仕上げをするときに、細かい癖つけをおこなうためのヘッドです。

毛量が多いと、前髪などは、ドライヤーで癖付けたくらいでは、ぜんぜんダメなので、わたくし的にはほとんど出番がなく、今は所在も不明(..)

ので、わたくし同様毛量が多い方には不要なアタッチメントかな、と思います(^o^;)

ただ、毛先の流れを整える用途には充分使えそうですので、ロングヘアーの毛流れ、毛先ケアにはいいかもしれないですね(^-^)

今はパールとロゼではつくアタッチメントが違うので気を付けてください。
スカルプドライヤーのヘッド
マイナスイオンが出る ❢ のは今もロゼだけのようです。
スカルプドライヤーの全ヘッド
マイナスイオンは、効果があるとか、無いとか、いろいろいわれてますが、遠赤外線(これは必ず髪の毛の内部の水分子を振動させる)と併用していることで、他のドライヤーよりは、効果があるかもしれませんね。

そういえばアートネイチャー♪で使われていて、ホームケア用に推奨販売されているのがこのスカルプドライヤーだそうで

元気な毛髪のためのドライヤー ❢
ドライヤーで顔も頭皮もエイジングケアなんて、ちょっとないんでおすすめです(^.^)/

スポンサードリンク

スポンサードリンク